開発Blog

Formaボタンアイテムのクリック時に任意の処理を追加するには

投稿日:2015-10-14 更新日:

今回のブログ記事では、ボタンアイテムのクリック時に呼び出されるアイテム固有の処理(データの登録・画面遷移など)の前に、入力値の加工など独自の業務処理をスクリプトとして実行する方法を紹介します。

 

目次

  1. 汎用アイテム「ボタン(イベント)」の利用
  2. ボタンアイテムのアイテム固有の処理

 

1. 汎用アイテム「ボタン(イベント)」の利用

汎用アイテム「ボタン(イベント)」は任意のスクリプトをクリックイベントにマッピングできるので、
ボタンアイテムのアイテム固有の処理をスクリプトとして記述すれば、ボタンアイテムとして利用することが可能です。

そのため、汎用アイテム「ボタン(イベント)」に独自の業務処理、アイテム固有の処理の順でスクリプトを記述することで、
アイテム固有の処理前に任意のスクリプトを実行することができます。

 

例えば、申請・登録処理の前に任意のスクリプトを実行するには、「ボタン(イベント)」のスクリプト欄に以下のように記述します。

 

regist.png

2. ボタンアイテムのアイテム固有の処理

各ボタンアイテムのアイテム固有の処理は、それぞれ以下のAPIにてスクリプトから呼び出すことが可能です。

 

テーブルアイテムから値を取得するAPI

アイテム名 API 説明
ボタン(申請・登録) sendRegistData() 申請・登録処理を呼び出します。
ボタン(一時保存) sendPreserveData(inputCheckFlag) 一時保存処理を呼び出します。
inputCheckFlagが'0'の場合は、数値チェックなどシステムエラーを発生させないための最低限の入力チェックのみが実行されます。
ボタン(次へ) sendNextForm() フォーム遷移設定で指定されている次のフォームへの遷移処理を呼び出します。
子画面遷移については、対象外となります。
ボタン(戻る) sendBackForm() フォーム遷移設定で指定されている一つ前のフォームへの遷移処理を呼び出します。
子画面遷移については、対象外となります。
ボタン(一覧へ戻る) sendBack() 一覧画面への遷移処理を呼び出します。

-開発Blog
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

IM-Workflowで承認時にも認証を行う方法

IM-Workflowでは、本当に本人が申請・承認しているかを証明するための仕組みとして、「認証確認(再認証)」を設定することができます。 この仕組みを利用すると、ワークフローの申請・承認を行うタイミ …

no image

AccelPlatform向け業務スケルトンのリリース予定について

現状、AccelPlatfrom版のeBuilderで対応できていなくて、おまたせしております、AccelPlatform向け業務スケルトンについて、以下のようにリリースを予定しております。 おまたせ …

no image

Formaでのスクリプト開発生産性向上

先日開催されました技術者交流会にて、クライアントサイドスクリプトを利用したFormaDesignerの画面開発が難しいという声を多くいただきました。 そこで、今回のブログ記事では、交流会の場で挙がった …

no image

org.apache.poi_v3_8.* にpkg変更した「POI 3.8」を公開

2012-03-26に公開された Apache POI Version 3.8 について、パッケージ名を「org.apache.poi.」から「org.apache.poi_v3_8.」に変更してパッ …

no image

FormaDesigner「正方形/長方形」を使って帳票っぽい画面を作る♪

FormaDesignerのパッチ1が1/27にリリースされました。 そのパッチ1で追加された画面アイテム「正方形/長方形」を使って、帳票っぽい画面を作ってみました。     上記 …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS