開発Blog

FormaDesigner「正方形/長方形」を使って帳票っぽい画面を作る♪

投稿日:

FormaDesignerのパッチ1が1/27にリリースされました。
そのパッチ1で追加された画面アイテム「正方形/長方形」を使って、帳票っぽい画面を作ってみました。

 

square_sample.png

 

上記画面は、以下の画面アイテムで構成されています。

  • 見出し1個
  • 正方形4個(背景色が灰色の長方形2個/背景色なしの長方形2個)
  • ラベル2個(名前/誕生日)
  • 文字列1個
  • 日付1個
  • ボタン1個

またパッチ1では、画面アイテムの重ね順(前面へ移動/背面へ移動 等)を制御できるようになりました。
これで後から配置した画面アイテムを背部に移動することができるようになりました。

ただ、上記のような画面を作るときに、画面アイテムを細かく移動してあげる必要があります。
現状マウスだけでは微妙な位置調整はできず、プロパティから移動してしまいました。。。

パッチ2では、画面アイテムをキーボードのカーソルキーで(1pxずつ)移動できるように改善いたします。

-開発Blog
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

IM-Workflowで承認時にも認証を行う方法

IM-Workflowでは、本当に本人が申請・承認しているかを証明するための仕組みとして、「認証確認(再認証)」を設定することができます。 この仕組みを利用すると、ワークフローの申請・承認を行うタイミ …

no image

IM-Workflow パラメータチューニング

IM-Workflowは、パッチにより様々なパラメータが追加されています。 特にパッチ4と先日リリースしたパッチ5での効果が大きいので、以下にご紹介致します。 XMLキャッシュ パッチ4からの機能です …

「高松商店」のデジタル化事例のご紹介

こんにちは。デジタルビジネス推進室の高松です。 今回は、高松商店のちょっとしたデジタル化についてご紹介させて頂きます。 (高松商店をご存知ない方は、こちらの記事をご覧ください!) 高松商店の近況 前回 …

no image

「印影機能」をさくっと試してみる

今日は IM-Workflow Ver.7.2 のパッチ6で追加された「印影機能」を動かしてみます。 「印影機能」は、以下の準備が必要です。 ワークフローパラメータで「印影の使用可否」を「使用する」に …

no image

ApplicationRuntimeのライセンス数制限の仕様について

  ※下記内容は、過去のintra-mart(Ver4.3以前)に関する内容です。最新のintra-martでは、異なる情報であることがありますので、ご注意ください。   intr …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS