デジビBlog

「高松商店」のデジタル化事例のご紹介~その2~

投稿日:2018-08-07 更新日:

こんにちは。デジタルビジネス推進室の高松です。

高松商店のデジタル化について、前回の続きでご紹介させていただきます。

アイスボタンを作りました

高松商店では、アイスも100円でお買い求め頂けます。

しかし、最近の猛暑のおかげで補充が追いつきません。。
冷凍庫一杯のアイスも4日で空っぽになります。


余談ですが、イントラマートではチョコモナカジャンボが大人気です。(本当に余談)

私がオフィスにいる時はこまめに様子を見れるのですが、今は社外常駐してるため、気を抜くとすぐ空になっています。
また、以前の記事でご紹介した在庫カメラも、冷凍庫の中まではわかりません。。

そこで作ったのが、「アイスダッシュボタン」です。
amazonで売っているあれですね。

ボタンを押すと、以下のようにIMBoxにメッセージが飛ぶようになっています。


単純な仕組みですが、欠品防止には効果絶大です!

ちなみに構成はこんな感じです。


数行のLambdaコードと、IM-LogicDesignerのフローで実現しています。

簡単に作れるので、アイデア次第で、色々なところに応用できそうですね。

クラウドソーシング的な運営支援システム

「品だし誰がやるの??」

私の社外常駐が決まり、一番の課題でした。
高松商店はいわゆる片手間ビジネスですが、それでもたまにメンテナンスしないと維持できません。

「クラウドソーシング」とか言うと少し大げさですが、高松商店の運営をタスク化し、小額のお礼で手伝ってもらう仕組みを運用しています。

高松商店の「タスク」は大きく分けて3つあります。
①商品の品出し
②商品の搬入
③集金

全部やっても30分も掛からないため、お昼休みやスキマ時間でご支援を頂くようにしています。

この日々のタスクの管理で活用しているのが、「IM-Spreadsheet」です!

このように毎日のタスク内容を記載しておき、ご支援頂ける方に予めお名前を入れてもらう仕組みです。

お礼を支払ったかどうかの管理も、スプレッドシート上でチェックしています。

IM-Spreadsheetを使うと、このような管理ツールがとても簡単に作れるのがいいですね。
ちなみに、この管理シートを作るのに掛かった時間はわずか30分です。最高のEUCツールですね。

常駐が始まってから3ヶ月経ちますが、
この運営支援システムのおかげで、高松商店は営業を継続できています。

なんとなくまとめ

今回ご紹介させて頂いた「ボタン」も「スプレッドシート」も、技術的には単純なものですが、工夫をすることで、簡単な仕組みで大きな効果を得ることができました。

きっとこの考え方は、業務のデジタル化を考える上でも重要な要素なのだと思います。

皆さんの業務改革の、ちょっとしたヒントにでもなれば幸いです!

-デジビBlog

執筆者:


  1. […] 前回ご紹介したIoTボタンについて、「作り方を教えてほしい」という話を頂いたので、ご紹介します。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アイスボタンの作り方

こんにちは。デジタルビジネス推進室の高松です。 前回ご紹介したIoTボタンについて、「作り方を教えてほしい」という話を頂いたので、ご紹介します。 構成について 始めに、アイスボタンの構成を記載しておき …

intra-mart BIORAブース – ルンバによるお土産配達 –

こんにちは。デジタルビジネス推進室の関根です。 EWS2018からもう一か月経つのですね…。時間が経つのが早いです。 今回はルンバによるお土産配達について記載致します。

intra-mart BIORAブース – OCRとIoT(LED) –

こんにちは。デジタルビジネス推進室の関根です。 今回より、intra-mart BIORAブースの技術寄りな話を書こうと思います。 まず第一回目は、OCRとIoT(LED)です! 受付の流れ OCRと …

社員が運営するオフィスコンビニのご紹介

こんにちは。技術コンサルの高松と申します。 最近、矢野さんのトイレの空き状況の見える化システムが公開されましたね。 「自分もおもろい社内ネタを出したい!」と思ったので、アップします。 あ、IT要素ゼロ …

スマートスピーカとiAC連携

こんにちは。 デジタルビジネス推進室(デジビ)の関根です。 今回はintra-martとスマートスピーカの連携をご紹介します。 背景 intra-mart Accel Collaborationには「 …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS