デジビBlog

「高松商店」のデジタル化事例のご紹介~その2~

投稿日:2018-08-07 更新日:

こんにちは。デジタルビジネス推進室の高松です。

高松商店のデジタル化について、前回の続きでご紹介させていただきます。

アイスボタンを作りました

高松商店では、アイスも100円でお買い求め頂けます。

しかし、最近の猛暑のおかげで補充が追いつきません。。
冷凍庫一杯のアイスも4日で空っぽになります。


余談ですが、イントラマートではチョコモナカジャンボが大人気です。(本当に余談)

私がオフィスにいる時はこまめに様子を見れるのですが、今は社外常駐してるため、気を抜くとすぐ空になっています。
また、以前の記事でご紹介した在庫カメラも、冷凍庫の中まではわかりません。。

そこで作ったのが、「アイスダッシュボタン」です。
amazonで売っているあれですね。

ボタンを押すと、以下のようにIMBoxにメッセージが飛ぶようになっています。


単純な仕組みですが、欠品防止には効果絶大です!

ちなみに構成はこんな感じです。


数行のLambdaコードと、IM-LogicDesignerのフローで実現しています。

簡単に作れるので、アイデア次第で、色々なところに応用できそうですね。

クラウドソーシング的な運営支援システム

「品だし誰がやるの??」

私の社外常駐が決まり、一番の課題でした。
高松商店はいわゆる片手間ビジネスですが、それでもたまにメンテナンスしないと維持できません。

「クラウドソーシング」とか言うと少し大げさですが、高松商店の運営をタスク化し、小額のお礼で手伝ってもらう仕組みを運用しています。

高松商店の「タスク」は大きく分けて3つあります。
①商品の品出し
②商品の搬入
③集金

全部やっても30分も掛からないため、お昼休みやスキマ時間でご支援を頂くようにしています。

この日々のタスクの管理で活用しているのが、「IM-Spreadsheet」です!

このように毎日のタスク内容を記載しておき、ご支援頂ける方に予めお名前を入れてもらう仕組みです。

お礼を支払ったかどうかの管理も、スプレッドシート上でチェックしています。

IM-Spreadsheetを使うと、このような管理ツールがとても簡単に作れるのがいいですね。
ちなみに、この管理シートを作るのに掛かった時間はわずか30分です。最高のEUCツールですね。

常駐が始まってから3ヶ月経ちますが、
この運営支援システムのおかげで、高松商店は営業を継続できています。

なんとなくまとめ

今回ご紹介させて頂いた「ボタン」も「スプレッドシート」も、技術的には単純なものですが、工夫をすることで、簡単な仕組みで大きな効果を得ることができました。

きっとこの考え方は、業務のデジタル化を考える上でも重要な要素なのだと思います。

皆さんの業務改革の、ちょっとしたヒントにでもなれば幸いです!

-デジビBlog

執筆者:


  1. […] 前回ご紹介したIoTボタンについて、「作り方を教えてほしい」という話を頂いたので、ご紹介します。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

EWS2019_DX_level3_level4

【EWS2019】DX展示 – レベル3・4 –

こんにちは、デジビの堀内です。 前回に引き続き、DX展示ブースのintra-mart流の業務プロセス自動化研究について紹介します。 レベル1とレベル2に比べて今回の研究テーマは複雑で、理解しづらい部分 …

iACスケジュール候補検索拡張

こんにちは。デジタルビジネス推進室(デジビ)の生田です。 今回は研究開発で社内検証している機能を一つご紹介します。 社内の忙しい人達のスケジュール調整を支援する機能です。

dezibiz-raspberry-pi-4-resin2

ラズパイ4でIMを動かしてみた!【Resin起動編】

こんにちは、デジビの堀内です。 今回は新しく発売されたラズパイ4でイントラマートを動かしてみる、という実験について紹介します。 前回はラズパイ4のセットアップを行い、SSDで起動をするところまでやりま …

digibiz-ews2019-dx07-autodrive

【EWS2019】プロセス自動運転体験コーナー

こんにちは、デジビの堀内です。 今年のDX展示では、前回紹介したパネル展示「intra-mart流の業務プロセス自動化研究」だけでなく、intra-martが掲げる「業務プロセス自動化」の近未来イメー …

intra-mart BIORAブース – サーモセンサーとAI音声チャット –

こんにちは。デジタルビジネス推進室の関根です。 今回はサーモセンサーとAI音声チャットについて記載致します。

RSSRSSRSSRSS