開発Blog

Webアプリケーションサーバ情報取得ツール intra-mart Server-eye

投稿日:

Server-eye とは?

Web application serverの情報を、ネットワークを介して手元のブラウザで見ることができます。
ブラウザの画面はHTML5およびAjax(JavaScript)で作成されているため、特別なプラグインを必要としません。また、本ソフトウェアは独立したWebアプリケーションとして動作します。したがって、他のWebアプリケーションの動作に影響を与えません。

servereye.png

Server-eyeができること

Server-eyeは、以下の機能を提供します。

  • Webコンテナの名称を表示
  • サーバの時計を表示
  • 現在のjava-VMで動作している全てのスレッドのスタックトレースを表示およびテキストファイルのダウンロード
  • 現在のjava-VMのシステムプロパティを表示およびテキストファイルのダウンロード
  • 現在のプロセスの環境変数を表示およびテキストファイルのダウンロード
  • 現在のjava-VMに関するメモリ使用状況(トータル・使用中・空き領域)を表示(値とグラフ)
  • 現在のjava-VMでGC(ガーベージコレクタ)を実行
インストールとアンインストールについて

Server-eyeは、warをデプロイするだけで利用可能です。設定ファイルの変更等は必要ありません。
Server-eyeはレジストリへの書き込みなどしていません。また、ログなどのファイル作成もしていません。ファイルを削除するだけでアンインストールできます。
詳細は、同梱のPDFファイルをご参照ください。

動作環境

  • java Servlet 2.4 に準拠した Web application server
  • HTML5 をサポートするブラウザ

以下の環境で動作確認済みです。

  • intra-mart WebPlatform version7.2 (Standard(Resin3.1.12))(※スタンドアロンのみ)
  • Resin/4.0.24
  • FireFox 9.0.1
  • FireFox 10.0.1
  • Microsoft Internet Explorer 8.0
  • Google Chrome 17.0

制限事項または既知の不具合

  • Microsoft InternetExplolerでは、グラフ表示が他のブラウザとは異なります。
  • ブラウザ製品によって、表示方法が異なります。あらかじめご了承ください。
  • Web application serverを停止したり、本ソフトウェアの Web アプリケーションが動作しない状況(デプロイ作業中等)でブラウザからアクセスした場合、正しく表示できません。その場合、もう一度リクエストして画面を再表示してください。
  • Server timeの表示時刻は遅延することがあります。

障害解析時に非常に便利なツールですので、ご活用ください。
詳細は、解説書をご覧ください。

なお、本ソフトウェアはオープンソースとして公開し、本ソフトウェアを利用した際の問題について、
(株)NTTデータイントラマートは一切の責任を負いません。また、本ソフトウェアのサポートは、本ブログ記事でのコメントやtwitter(@intramart_dev)ではお受けいたしますが、製品サポートサイトではお受けいたしませんので、ご了承ください。

ダウンロード:server-eye_1_0_1.zip

-開発Blog

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

iCEC2011 IM-Workflow

4/26に開催された「intra-mart Certified Evangelist Conference 2011(iCEC2011)」での講演資料を公開します。 IM-Workflow 04_IM …

no image

intra-mart WebPlatform/AppFramework Ver7.2について その4

おかげ様で、intra-mart WebPlatform/AppFramework Ver7.2を無事リリースさせて頂きました。 今回は、BPM関連の機能追加について、ご紹介いたします。 BPMでは、 …

no image

最近のトラブル事例から - Oracle11でDATE型が正しく表示できない –

毎年、4月になると、年度末で開発を終えたシステムが運用を開始して、さまざまなお問い合わせがくる季節で、今年も、例年と同じく、さまざまなご相談を弊社サポートサイトを中心に対応させていただきました。そこで …

no image

認可の閉塞機能を使いこなす

今回は認可の閉塞機能 (※1) についての紹介です。 2013 Summer から提供されていた認可リソースの閉塞機能ですが、2013 Winter で機能を追加して、アクション単 …

no image

IM-共通マスタ CSVスナップショットインポートのパフォーマンス検証

WebPlatform/AppFramework Ver.7.2 パッチ6の要件16570にて、IM-共通マスタからアプリケーション共通マスタへの同期処理のパフォーマンス改善を行い、下記効果を確認しま …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS