開発Blog

最近のトラブル事例から - Oracle11でDATE型が正しく表示できない –

投稿日:2010-05-06 更新日:

毎年、4月になると、年度末で開発を終えたシステムが運用を開始して、さまざまなお問い合わせがくる季節で、今年も、例年と同じく、さまざまなご相談を弊社サポートサイトを中心に対応させていただきました。そこで、いくつかご紹介します。

■トラブル事象:
Oracle11.1を利用していて、ViewCreaterでDATE型のデータを表示すると正しく表示できない。

本件は、以下の原因で発生した問題です。

Oracle Database10gまでは、JDBCドライバがoracle.sql.DATEをjava.sql.Dateにマッピングしていましたが、Oracle Database 11.1では、新しいフラグmapDateToTimestampが導入され、デフォルトで、JDBCドライバがoracle.sql.DATEをjava.sql.Timestampにマッピングするようになった結果、DBからデータを取得した後、文字列型として値を返却しているため発生した問題です。

「参考資料」
http://otndnld.oracle.co.jp/document/products/oracle11g/111/doc_dvd/java.111/E05720-02/apxref.htm
のOracleオブジェクト型からSQL DATEデータ型へのマッピングを参考してください。

対策1:設定で、Oracle10g以前と同じ動きにする。

.JVMの起動パラメタとして次の値を設定する必要があります。

-Doracle.jdbc.mapDateToTimestamp=false
⇒oracle.sql.DATEをjava.sql.Dateにマッピングして10gと同じ動きをさせる。

対策2:intra-mart側でjava.sql.Timestamp型を日付型として認識させる。

imart.xmlのtimestamp-is-dateの設定値をtrueに変更する。
→java.sql.Timestamp型を文字列ではなく日付型として認識させる。

※Service Platform 設定ガイドの4.1.2.15 intra-mart/platform/service/application/database/data/timestamp-is-dateを参考してください。

※対策2はお客様の運用方針によってアプリケーションに影響を及ぼす可能性があるため、対策1の方法を推奨します。

既存のシステムでは、起きないトラブルですが、今後の新規導入時やVerUp時などで、以外とはまりやすい点だと思いますので、ご注意ください。

-開発Blog
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

intra-mart WebPlatform/AppFramework Ver7.2について その2

こんにちは、開発本部の大西です。 すみません、お待たせしました。 今回から、intra-mart WebPlatform/AppFramework Ver7.2での追加された機能紹介を行います。 まず …

no image

第4回Solr勉強会 資料公開しました

開発本部の清(せい)です。 11/19に開催された、第4回Solr勉強会の資料です。 Solrを利用したIM-ContentsSearchの製品紹介と、コンサルティンググループ所属時に導入したお客様の …

intra-mart Developer Site

Developer Siteのデザインを一部変更しました。

日頃より、intra-mart Developer Siteをご利用いただき、誠にありがとうございます。 ホームページのデザインを一部リニューアルをいたしました。 主な変更点は下記の通りです。 画面上 …

no image

トイレの空き状況の見える化システム

初めまして、開発本部の矢野と申します。 この記事では今までとはちょっと違い、intra-mart 社の普段の雰囲気を感じていただくために、製品の説明や紹介ではなく、私がつい最近取り組んだ日常的な仕事に …

no image

iAPへアクセスするURLが複数ある場合のベースURLの設定方法

ここでは、ベースURL をリクエスト情報を基に切り替えるための手順を BaseUrlProvider のサンプル実装、Webサーバとの連携例と共に紹介します。 製品標準の設定では、テナント一つにつき、 …

RSSRSSRSSRSS