開発Blog

ApplicationRuntimeのライセンス数制限の仕様について

投稿日:

 


※下記内容は、過去のintra-mart(Ver4.3以前)に関する内容です。
最新のintra-martでは、異なる情報であることがありますので、ご注意ください。


 

intra-martベースモジュール/フレームワークのApplicationRuntimeのライセンス数制限の仕 様について、改めて仕様をお伝えします。

ライセンスIDで Appliction Runtime の台数を制限できます。
制限は、IPアドレスをチェックする事によって行っています。
したがって、1つのハードウェアに複数のプロセスを立ち上げていた場合でも、それは1台とカウントします。

制限数は、「システム全体で何台あるか?」というカウントになります。
1度起動して ServerManager に接続してしまうと、それはシステムに参加したことになるので、カウントの対象となります。

制限いっぱいいっぱいの状態で、新しいハードウェアで Application Runtime を動かそうと思い、現在稼動中のいずれかの Application Runtime を停止させたとしても、新しい Application Runtime は動作しません。
それは、停止した Application Runtime がシステムへの参加権を持っているからです。

システムに参加しているIPアドレスのリストは、各サーバのメモリ中に保存されています。
したがって、すべてのサーバを停止する事で、現在の状態をクリアする事ができます。
逆に言うと、構成を変更する場合、全てのサーバを一度停止した後、改めて起動することになります。

#例:
#  Application Runtime を稼動していたハードAを廃棄して、
#  新たに Application Runtime を稼動するハードXを
#  新設する場合・・・など。

以上

-開発Blog
-

執筆者:

関連記事

no image

Apache Solr & IM-ContentsSearch

こんにちは、開発本部の大西です。 先日開催された、Open intra-mart勉強会で弊社コンサルティングチームの清さんが発表した Apache SolrとIM-ContentsSearchの資料を …

no image

intra-mart Advent Calendar 2013 第20日:iPadでデフォルトでPC画面表示にする方法

この記事は、intra-mart Advent Calendar 2013 第20日の記事です。 本日、Accel Platform 2013 Winter(Felicia)をリリースさせていただきま …

no image

intra-martの WebServer機能について

※下記内容は、過去のintra-mart(Ver4.3以前)に関する内容です。最新のintra-martでは、異なる情報であることがありますので、ご注意ください。 ベースモジュールver2.X以前では …

no image

IM-Workflowで承認時にも認証を行う方法

IM-Workflowでは、本当に本人が申請・承認しているかを証明するための仕組みとして、「認証確認(再認証)」を設定することができます。 この仕組みを利用すると、ワークフローの申請・承認を行うタイミ …

no image

iWP7.2.4で追加されたファイルダウンロード用API

iWP7.2.4において、SAStrutsフレームワークで利用できるファイルダウンロード用のAPIを追加しました。 イメージとしてはスクリプト開発モデルの Module.dowonload. …

RSSRSSRSSRSS