CookBook

imuiListTableで複数選択した行データを取得する方法

投稿日:

このCookBookでは、imuiListTableで複数選択した行データを取得する方法を紹介します。

imuiListTableについての詳細はAPIドキュメントを参照してください。

完成イメージ

リストテーブルにユーザ名を表示し、選択したユーザ名に紐付くユーザコードを表示するサンプルです。


1. リストテーブルにユーザ名が表示されています。
2. 任意の行をクリックして選択状態にします。
3. selectをクリックします。
4. 選択したユーザのユーザコードがテキストボックス内に表示されます。

完成サンプル

以下の完成サンプルをダウンロードしてご活用ください。

e builderプロジェクト : im_cookbook_110550_listtable_multiselect.zip
immファイル : im_cookbook_110550_listtable_multiselect-1.0.0.imm

ローカル環境で表示させる場合は、以下のURLにアクセスしてください。
http://localhost:8080/imart/im_cookbook/110550/list
なおベースURLである以下の部分は、環境に合わせて適宜変更してください。
http://localhost:8080/imart

レシピ

  1. imuiListTableタグを作成する
  2. imuiListTableに表示するデータを用意する
  3. 選択した行データを取得するfunctionを作成する

1. imuiListTableタグを作成する

imuiListTableタグを使用し、リストテーブルを作成します。

src/main/jssp/src/im_cookbook_110550_listtable_multiselect/views/list.html

  • multiSelect属性
    リストテーブルの左端にチェックボックスを表示するための属性です。
    trueを指定してください。

  • key属性 (任意)
    取得するデータを特定するための属性です。
    データを取得したいカラムのcolタグにtrueを指定してください。
    今回のサンプルではユーザコードを取得するので、1番目のcolタグのkey属性にtrueを指定しています。

  • hidden属性 (任意)
    カラムを非表示にするための属性です。
    データを取得するカラムを画面に表示したくない場合はtrueを指定してください。

2. imuiListTableに表示するデータを用意する

imuiListTableタグのdata属性に指定するデータを定義します。

src/main/jssp/src/im_cookbook_110550_listtable_multiselect/views/list.js

3. 選択した行データを取得するfunctionを作成する

今回は、selectをクリックした際に呼び出されるfunction selectUserCd()の中で行データを取得します。

src/main/jssp/src/im_cookbook_110550_listtable_multiselect/views/list.html

リストテーブルに対してgetGridParam('selarrrow')を使用すると、行データの配列を取得できます。
selarrrowはjqGridのオプションです。
詳細は jqGrid Wiki を参照してください。

サンプルでは、動作確認のために取得した値をテキストボックスに表示しています。

-CookBook
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

IM-FormaDesignerで作成したフォーム内で、外部連携を利用して最も簡単に値を渡す方法(単一アイテム編)

このCookBookでは、IM-FormaDesignerで作成したフォーム画面の中で、アイテムからアイテムへ値を渡す方法について紹介します。 今回は例として、文字列と数値の値を同時にアイテムからアイ …

no image

imuiTreeでドラッグ&ドロップのバリデーションを実装する方法

このCookBookでは、imuiTree (ツリービュー) のドラッグ&ドロップバリデーションについて紹介しています。 intra-mart Accel Platform では、画面上にツリーを表示 …

no image

外部連携を利用して簡単な相関チェックを行う方法

このCookbookでは、外部連携を利用して簡単な相関チェックを行う方法を紹介します。 この方法を活用することにより、簡単な入力チェックであれば、Formaユーザプログラムの入力チェックを作成せずに外 …

no image

【ViewCreator】検索にヒットした件数を取得する関数の作り方。

このCookBookでは、ViewCreatorで検索にヒットした件数を取得する関数の作り方についてご紹介します。 ユーザ定義関数についての詳細は下記のドキュメントを参照してください。 ViewCre …

IM-LogicDesignerを利用して、IM-Workflow完了案件の確認対象者を削除する

このCookBookでは、IM-LogicDesignerを利用して、IM-Workflow完了案件の確認対象者を削除する方法について紹介しています。 完了案件でも、確認対象者が確認することはできます …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS