CookBook

グリッドテーブルの列タイプ「カスタム」を利用した場合にマルチセレクトがトグルされないようにする方法

投稿日:

このCookBookでは、グリッドテーブルの列タイプ「カスタム」を利用した場合に、マルチセレクトがトグルされないようにする方法を説明します。

グリッドテーブルでは、行内で参照表示となっている部分をクリックすると、マルチセレクトがトグルされる仕様となっています。
その場合、列タイプ「カスタム」は参照表示となるため、ボタン等を配置した場合に、クリックするとマルチセレクトがトグルします。

ここでは、マルチセレクトがトグルされないようにする方法を説明します。

レシピ

  1. 画面アイテム「グリッドテーブル」を配置する
  2. 列タイプ「カスタム」のプロパティを設定する

1. 画面アイテム「グリッドテーブル」を配置する

フォーム編集画面で画面アイテム「グリッドテーブル」を配置します。

2. 列タイプ「カスタム」のプロパティを設定する

event.stopPropagation()で、イベントの伝播をとめることで、トグルを回避することができます。

以下は、画像を表示し、その画像をクリックした場合に、トグルしないようにするサンプルとなります。

-CookBook
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

スクリプト開発で利用できる close 関数のご紹介

この CookBook では、スクリプト開発で利用できる close 関数について紹介します。 スクリプト開発では作成した js ファイルの中に init と言う名前の関数を定義すると思いますが、この …

no image

FormaのスクリプトからAjax処理を呼び出す

このCookBookでは、Formaのスクリプトからサーバサイドロジックを呼び出し、Ajax処理を実現する方法をご紹介します。 IM-LogicDesignerを利用し、サーバサイドロジックとその呼び …

IM-BISの処理画面でIMBoxのチャットを利用してコミュニケーションする方法

このCookBookでは、IM-BISの処理画面でIMBoxのチャットを利用してコミュニケーションする方法を紹介しています。 本稿では、案件単位にIMBoxのダイレクトメッセージ(以降DM)を作成し、 …

no image

スクリプト開発でのCSRF対策(formタグ編)

Cross Site Request Forgery(CSRF)とは、閲覧者に不正にHTTPリクエストを送信させ、攻撃者の意図した処理を実行させる攻撃手法です。 このCookBookでは、スクリプト開 …

no image

IM-FormaDesignerで作成したフォーム画面からIMBoxに投稿する方法

このCookBookでは、IM-BISを含む環境において、IM-FormaDesignerで作成したアプリからIMBoxに投稿する方法について紹介しています。 IM-LogicDesignerとの外部 …

RSSRSSRSSRSS