CookBook

グリッドテーブルの列タイプ「カスタム」を利用した場合にマルチセレクトがトグルされないようにする方法

投稿日:

このCookBookでは、グリッドテーブルの列タイプ「カスタム」を利用した場合に、マルチセレクトがトグルされないようにする方法を説明します。

グリッドテーブルでは、行内で参照表示となっている部分をクリックすると、マルチセレクトがトグルされる仕様となっています。
その場合、列タイプ「カスタム」は参照表示となるため、ボタン等を配置した場合に、クリックするとマルチセレクトがトグルします。

ここでは、マルチセレクトがトグルされないようにする方法を説明します。

レシピ

  1. 画面アイテム「グリッドテーブル」を配置する
  2. 列タイプ「カスタム」のプロパティを設定する

1. 画面アイテム「グリッドテーブル」を配置する

フォーム編集画面で画面アイテム「グリッドテーブル」を配置します。

2. 列タイプ「カスタム」のプロパティを設定する

event.stopPropagation()で、イベントの伝播をとめることで、トグルを回避することができます。

以下は、画像を表示し、その画像をクリックした場合に、トグルしないようにするサンプルとなります。

-CookBook
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

承認ノードの画面アイテムに任意の初期値を設定する方法

このCookBookでは、BISワークフローにおいて、承認ノードの画面アイテムに任意の初期値を設定する方法を紹介します。 画面アイテムに任意の初期値を設定する方法としては、画面アイテムプロパティである …

no image

外部連携の後処理で任意のエラーメッセージを表示する

このCookbookでは、外部連携の後処理で任意のエラーメッセージを表示する方法を紹介します。 この方法を活用することにより、外部連携の後処理ででエラーが発生した場合、利用者に内容を通知することができ …

no image

ViewCreatorのヘッダやフッタに配置するリンクのURLに計算結果を埋め込む方法

本記事では、ViewCreatorのヘッダやフッタにリンクを埋め込む際に、関数を利用する方法をご紹介します。 この方法を利用すると、パラメータ文字列に「今日日付」を受け渡すといったことが実現できます。 …

no image

IM-FormaDesignerで作成したフォーム内で、外部連携を利用して最も簡単に値を渡す方法(単一アイテム編)

このCookBookでは、IM-FormaDesignerで作成したフォーム画面の中で、アイテムからアイテムへ値を渡す方法について紹介します。 今回は例として、文字列と数値の値を同時にアイテムからアイ …

no image

IM-FormaDesignerで作成したフォーム内で、外部連携を利用して最も簡単に値を渡す方法(テーブルアイテム編)

このCookBookでは、IM-FormaDesignerで作成したフォーム画面の中で、テーブルアイテムからテーブルアイテムへ値を渡す方法について紹介します。 今回は例として、グリッドテーブルを利用し …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS