CookBook

スクリプト開発でのストアドプロシージャの実行方法

投稿日:

intra-mart Accel Platform 2017 Winter(8.0.18) より SharedDatabase, TenantDatabaseexecuteCallable API が追加されました。

IM-Juggling のモジュール構成より、モジュール「データベースアクセスモジュール(スクリプト開発向け)」のバージョン「8.0.13」を含む以降のバージョンを選択することで利用できます。

以下の API リストにサンプルコードを掲載していますのでご確認ください。
TenantDatabaseオブジェクト executeCallable

-CookBook

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

No.7 Excel 出力 → 他システム(別サーバ)連携

この記事は、EWS 2017で行われたLogicDesignerの講演内容に関する記事です。 こちらの例では、ファイルサーバ等他のサーバと連携し、別サーバ上のファイルを更新できます。 ロジックフローの …

no image

スマートフォン版スケジュール画面から添付ファイルをダウンロードする方法

このCookBookでは、「intra-mart Accel Collaboration」のスケジュール機能において、スマートフォン版の画面から添付ファイルをダウンロードできるようにする方法について紹 …

ワークフローの参照者を動的に設定する

このCookbookでは、IM-Workflow 2018 Springから新たに追加された 処理対象者プラグイン「ロジックフロー(ユーザ)」 の設定方法を紹介いたします。 この機能を利用すると、申請 …

IM-LogicDesignerを利用して、IM-Workflowの未処理案件の処理対象者を再展開する

このCookBookでは、IM-LogicDesignerを利用して、IM-Workflowの未処理案件の処理対象者を再展開する方法について紹介しています。 人事異動を重ねることで、未処理案件の中には …

no image

IM-BloomMaker スプレッドシートのシート全体を DB に保存する

この CookBook では intra-mart Accel Platform 2020 Winter から利用可能になったスプレッドシートで、シート全体を DB に保存する方法を紹介します。 スプ …