CookBook

availability_check を利用した死活監視方法のご紹介

投稿日:

この CookBook では、availability_check を利用した死活監視方法について紹介しています。
availability_check を利用するには「Resinデータソース設定」モジュールが必要です。
下記のように juggling 上で「Resinデータソース設定」モジュールをチェックして war を作成してください。
(Resin を利用している場合のみ、チェックしてください)

完成イメージ


http://localhost:8080/imart/availability_check/index.jsp にアクセスします。

availability_check 内の処理について

availability_check の中では以下のチェックをしています。

  1. 各種サービス(Server Manager, Task Service 等)の有効状態
  2. テナントデータベースへの接続確認
  3. システムデータベースへの接続確認
  4. パブリックストレージへの接続確認
  5. システムストレージへの接続確認
  6. セッションの無効化

すべてのチェックが問題無ければステータスコードとして 200 を返却します。
そうでない場合、ステータスコードとして 503 (Service Unavailable) を返却します。
ステータスコードをチェックすることで、Accel Platform の状態を簡単にチェックすることができます。

また、availability_check の後処理としてセッションを無効化しているため、死活監視を行う度にセッションが溜まり続けるといった問題を回避しています。

注意点

死活監視を行う間隔を短くしすぎる(例:1秒間隔)事はシステムに負荷をかける事になるため、ご注意ください。
availability_check ではなく /login への監視は、セッションが大量に作成されてしまうためおすすめしません。

まとめ

この CookBook では、availability_check を利用した死活監視方法を紹介しました。
お客様の用途にあわせて是非ご活用ください。

-CookBook

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

IM-BloomMaker 式表現で三項演算子が利用可能になりました。

このCookBookでは、Accel Platform 2020 Winter から利用可能になった式表現の三項演算子について紹介しています。 式表現については、ユーザ操作ガイドを参照してください。 …

no image

後処理プログラムで画面アイテム「ファイルアップロード」にバリデーションを実行する方法

このCookbookでは、画面アイテム「ファイルアップロード」に添付されたファイルをバリデーションする方法を紹介します。 後処理プログラムを使用してバリデーションを実行することで、画面に表示するエラー …

no image

デバッグサーバ起動時に出力されるコンソールの情報をファイル出力する方法

このCookBookでは、e Builder でデバッグサーバの利用時にコンソールに出力された内容を、別途指定したファイルに出力する方法について紹介しています。 完成イメージ 1. 指定したファイルに …

no image

intra-mart WebPlatform をサイレントインストールする方法

この CookBook では、intra-mart WebPlatform をサイレントインストールする方法について紹介しています。 インストーラのサイレント・モードについては以下のセットアップに記載 …

Formaでスクリプトアイテムを使い、ボタン・見出し等の色やサイズを変更する方法

このCookBookでは、Formaでスクリプトアイテムを使い、デザインを変更する方法をご紹介します。 サンプルでは、「ボタンアイテム」の背景色の変更・「見出し」の背景色の変更・「ラジオボタン」のボタ …

RSSRSSRSSRSS