CookBook

availability_check を利用した死活監視方法のご紹介

投稿日:

この CookBook では、availability_check を利用した死活監視方法について紹介しています。
availability_check を利用するには「Resinデータソース設定」モジュールが必要です。
下記のように juggling 上で「Resinデータソース設定」モジュールをチェックして war を作成してください。
(Resin を利用している場合のみ、チェックしてください)

完成イメージ


http://localhost:8080/imart/availability_check/index.jsp にアクセスします。

availability_check 内の処理について

availability_check の中では以下のチェックをしています。

  1. 各種サービス(Server Manager, Task Service 等)の有効状態
  2. テナントデータベースへの接続確認
  3. システムデータベースへの接続確認
  4. パブリックストレージへの接続確認
  5. システムストレージへの接続確認
  6. セッションの無効化

すべてのチェックが問題無ければステータスコードとして 200 を返却します。
そうでない場合、ステータスコードとして 503 (Service Unavailable) を返却します。
ステータスコードをチェックすることで、Accel Platform の状態を簡単にチェックすることができます。

また、availability_check の後処理としてセッションを無効化しているため、死活監視を行う度にセッションが溜まり続けるといった問題を回避しています。

注意点

死活監視を行う間隔を短くしすぎる(例:1秒間隔)事はシステムに負荷をかける事になるため、ご注意ください。
availability_check ではなく /login への監視は、セッションが大量に作成されてしまうためおすすめしません。

まとめ

この CookBook では、availability_check を利用した死活監視方法を紹介しました。
お客様の用途にあわせて是非ご活用ください。

-CookBook

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

FormaDesignerのユーザプログラム入力チェックをロジックフローで作成する方法

このCookBookでは、FormaDesignerのユーザプログラム入力チェックをロジックフローで作成する方法をご紹介します。 サンプルでは、スプレッドシート・グリッドテーブル・明細テーブルを使用し …

no image

スクリプト開発でのCSRF対策(formタグ編)

Cross Site Request Forgery(CSRF)とは、閲覧者に不正にHTTPリクエストを送信させ、攻撃者の意図した処理を実行させる攻撃手法です。 このCookBookでは、スクリプト開 …

no image

CookBookからダウンロードしてきたプロジェクトのインポート方法

このCookBookでは、他のCookBookからダウンロードしてきたe Builderのモジュール・プロジェクトのインポートについて紹介しています。 プロジェクトをインポートし、プロジェクトの設定を …

REST API 経由でジョブネットを起動する方法

この CookBook では、REST API とを経由してジョブネットを実行する方法について紹介しています。 完成サンプル 以下の完成サンプルをダウンロードしてご活用ください。 LogicDesig …

no image

Formaのスクリプトから処理対象者を制御するには

このCookBookでは、スクリプトを利用してIM-Workflowの動的ノード(動的承認、縦配置、横配置)の処理対象者を制御する方法をご紹介します。 スクリプトから動的処理対象者設定機能を利用するこ …