CookBook

Azure 上に iAP を構築する方法

投稿日:

 

この CookBook では、Azure の Virtual Machines 機能を用いて、スタンドアローンで intra-mart Accel Platform を構築する方法について紹介しています。

レシピ

  1. Azure 上に仮想マシンを作成します。
  2. Azure 上で DNS ラベル名を設定します。
  3. Azure 上でポートの開放を設定します。
  4. Azure 上に作成した仮想マシンのポートを開放します。
  5. Azure 上に作成した仮想マシンに iAP をインストールします。
  6. Azure 上の iAP にアクセスします。

1. Azure 上に仮想マシンを作成します。

以下を参考に仮想マシンをAzure上に作成します。
Azure ポータルで Windows 仮想マシンを作成する

仮想マシン名、OSユーザ名、パスワード、リソース等はすべて任意に設定してください。
OS はこの CookBook ではWindows Server 2012 R2 Datacenter を利用します。

2. Azure 上で DNS ラベル名を設定します。

本手順は必須ではありませんが、作成した仮想マシンに DNS ラベル名を登録しておくと、IPアドレスではなく名前にてサーバーにアクセスできるようになるため便利です。

以下を参考に仮想マシンに DNS ラベル名を設定します。
Azure ポータルでの完全修飾ドメイン名の作成

3. Azure 上でポートの開放を設定します。

  1. Network security groups を開きます。
    cookbook113651_nsg_1_en
  2. ステップ 1 で作成したセキュリティ グループを選択します。
    cookbook113651_nsg_2_en
  3. Inbound security rules を選択します。
    cookbook113651_nsg_3_en
  4. 添付のように設定します。
    cookbook113651_nsg_4_en

ここで重要なのは、「TCP」の「8080」ポートを「許可」することです。
他は任意で構いません。

4. Azure 上に作成した仮想マシンのポートを開放します。

ここからは Azure ポータル上の操作ではなく、作成した仮想マシンにリモートデスクトップでログインしてからの作業となります。

  1. Control Panel を開きます。
  2. Windows Firewall を開きます。
  3. Advanced Settings を開きます。
  4. Inbound Rules を右クリックし、New Rule を選択します。
    cookbook113651_wfw_1
  5. Rule Type を Port に設定します。
  6. Protocol and Ports を TCP の 8080 に設定します。
  7. Action を Allow the connection に設定します。
  8. Profile の設定では、Domain, Private, Public をチェックします。
  9. Name は任意に設定してください。

5. Azure 上に作成した仮想マシンに iAP をインストールします。

以下のセットアップガイドに従ってインストールを行ってください。

intra-mart Accel Platform セットアップガイド

6. Azure 上の iAP にアクセスします。

画像の赤枠部分に表示されている DNS 名を確認します。

cookbook113651_dns_1_en

DNS 名が例えば my_dns_label.japaneast.cloudapp.azure.com であった場合、http://my_dns_label.japaneast.cloudapp.azure.com:8080 でサーバーにアクセスすることができます。

-CookBook
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

BloomMakerで動的承認ノードを利用したWorkflowコンテンツを作成する

このCookBookでは、BloomMakerで、動的承認ノードを利用したWorkflowのコンテンツを作成する方法を紹介します。 本稿では、BloomMakerとLogicDesignerでWork …

IM-LogicDesignerを利用して、IM-Workflow完了案件の確認対象者を削除する

このCookBookでは、IM-LogicDesignerを利用して、IM-Workflow完了案件の確認対象者を削除する方法について紹介しています。 完了案件でも、確認対象者が確認することはできます …

no image

ViewCreatorでカレントの組織コードや会社コードを取得する動的パラメータの作り方

このCookBookでは、カレントの組織コードや会社コードを取得するViewCreatorの動的パラメータの作成方法についてご紹介します。 動的パラメータについての詳細は下記のドキュメントを参照してく …

no image

Resin の Docker を作成する。

この CookBook では、Resin の Docker の作成手順について紹介しています。 レシピ ベースイメージの作成 Resin の Docker イメージを作成します 実行します 1. ベー …

IM-BloomMaker 繰り返しエレメントでの変数の使い方

このCookBookでは、IM-BloomMakerの繰り返しエレメントと変数の使い方について紹介しています。 サンプルでは、1・2・3次元配列の変数を使用して繰り返しエレメントを表示します。 完成イ …

RSSRSSRSSRSS