CookBook

IFTTT と連携して LogcDesigner のフローを呼び出す方法

投稿日:

この CookBook では、IFTTT と連携して LogcDesigner のフローを呼び出す方法について紹介しています。
Twitter から「intra-mart」を含むつぶやきを検索し、IMBox にそのツイートを投稿します。(これは実際に intra-mart 社内システムで行われていたりします)

完成サンプル

以下の完成サンプルをダウンロードしてご活用ください。

LogicDesigner インポートファイル : im_cookbook_113664_logicdesigner-data.zip

レシピ

  1. IFTTT Applet を作成する。
  2. LogicDesigner フローを作成する。
  3. LogicDesigner ルーティングを作成する。

1. IFTTT Applet を作成する。

Make an Applet - IFTTT より Applet を作成していきます。
「+」アイコンをクリックします。

「Twitter」をクリックします。

「New tweet from search」をクリックします。

「Search for」に「intra-mart」と入力します。
これによりキーワード「intra-mart」で検索した結果を取得する事ができます。
「Create trigger」をクリックします。

「+」アイコンをクリックします。

「Webhooks」をクリックします。

「Make a web request」をクリックします。

以下のように入力し「Create action」をクリックします。
URL はご利用の環境に合わせて適宜変更してください。

パラメータ
URL https://dev.intra-mart.jp/imart/logic/api/im_cookbook_113664
Method POST
Content-Type application/x-www-form-urlencoded
Body companyCd=comp_sample_01&postUserCd=aoyagi&message={{UserName}} {{Text}} {{LinkToTweet}}

2. LogicDesigner フローを作成する。

「/logic/flow」より「Logic Flow Definition List」を開きます。
「Create new」をクリックします。

「Input and Output Settings」をクリックします。

以下のように入力し「OK」をクリックします。

名前
companyCd string
message string
postUserCd string

「Post to Company Box」タスクを追加し、「Start」と「End」を線でつなげます。

「Post to Company Box」タスクをダブルクリックし、以下のようにパラメータをマッピングし「OK」をクリックします。

「Save Newly」をクリックします。

以下のように入力し「OK」をクリックします。

3. LogicDesigner ルーティングを作成する。

「/logic/flow_route」より「Logic Flow Routing Definition List」を開きます。
「Create new」をクリックします。

下図のように入力し「Register」をクリックします。

「im_cookbook_113664」の「Authorization」アイコンをクリックします。

「Start the authorization setting」をクリックし、「POST im_cookbook_113664」と「Guest User」の交点をクリックして有効化します。
「End the authorization setting」をクリックし、認可設定を終了します。

このように、IFTTT と LogicDesigner を組み合わせて利用することで様々な事ができるようになります。
是非ご活用ください。

-CookBook

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

外部連携を利用して簡単な相関チェックを行う方法

このCookbookでは、外部連携を利用して簡単な相関チェックを行う方法を紹介します。 この方法を活用することにより、簡単な入力チェックであれば、Formaユーザプログラムの入力チェックを作成せずに外 …

no image

IM-BloomMaker エレメントを狙った位置に配置する方法

この CookBook ではエレメントを狙った位置に配置する方法について紹介します。エレメントを配置する方法として、エレメントをドラッグ&ドロップする方法がありますが、配置先のスペースが狭いとなかなか …

no image

バージョンアップを認めずパッチのみを許可する module.xml の依存関係の指定方法の書き方

この CookBook では、module.xml の依存関係の書き方について紹介しています。 記事のタイトルにあるように、モジュールを特定のバージョンのパッチまでに依存する方法についてご紹介します。 …

IM-BloomMakerでテーブルに行追加・行削除を行う方法

このCookBookでは、 IM-BloomMaker でテーブルに行追加・行削除を行う方法をご紹介します。カスタムスクリプトを利用して配列の変数を操作することで、行追加・行削除を実現します。 完成イ …

特定フローの特定ノードで、処理中の案件に対し、任意の処理対象者を追加する方法

このCookBookでは、LogicDesignerを利用して、特定フローの特定ノードで、処理中の案件に対し、任意の処理対象者を追加する方法について紹介しています。 人事異動で担当者が追加となり、複数 …