CookBook

デバッグサーバ起動時に出力されるコンソールの情報をファイル出力する方法

投稿日:

このCookBookでは、e Builder でデバッグサーバの利用時にコンソールに出力された内容を、別途指定したファイルに出力する方法について紹介しています。

完成イメージ

1. 指定したファイルに、デバッグサーバ起動時のコンソールの内容が出力されます。
2. デバッグサーバ起動時に発生した現象の解析や、弊社サポートからのログ提供依頼があった際などにお役立てください。
※デバッグサーバの再起動を行うとファイルが上書きされます。
必要なログの情報はファイルをリネームするなどして、バックアップを取るようにしてください。

レシピ

  1. デバッグサーバの設定
  2. コンソール情報を出力するファイルの指定
  3. 確認

1. デバッグサーバの設定

e Builderにデバッグサーバを登録します。
デバッグサーバの登録は「intra-mart e Builder for Accel Platform セットアップガイド」-「デバッグサーバの構築」を参照してください。

2. コンソール情報を出力するファイルの指定

  1. コンソールの情報を出力するデバッグサーバの起動構成設定画面を開いてください。
    im_cookbook_114391_01
  2. 開いたダイアログから「共通(Common)」タブを選択してください。
  3. 「共通」タブのページにある「標準入出力」項目の「ファイル」を選択し、出力先のファイルパスを入力してください。
    ※出力先のファイルパスで記入したフォルダが存在しない場合は、ファイルが出力されません。
    im_cookbook_114391_02
  4. 「OK」ボタンを押下し、デバッグサーバの起動構成設定画面にダーティマーク(*)がついている場合、設定を保存してください。

3. 確認

  1. 「サーバー」ビューでデバッグサーバを起動してください。
  2. 起動後、「2. コンソール情報を出力するファイルの指定」の3. で指定したファイルパスにファイルが作成、もしくは更新されていることを確認してください。
  3. ファイルを開き、フォルダ内にコンソール内のログが出力されていることを確認してください。

-CookBook
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

WebServer へのリクエスト情報から動的に BaseURL を決定する方法(IIS 編)

ここでは、WebServer(IIS)へのリクエスト情報から BaseURL を動的に決定する方法を BaseUrlProvider のサンプル実装、IIS との連携例と共に紹介します。 製品標準の設 …

IM-LogicDesignerを利用して、申請日が一定期間経過した特定フローの完了案件をアーカイブする

このCookBookでは、LogicDesignerを利用して、申請日が一定期間経過した特定フローの完了案件をアーカイブする方法について紹介しています。 完成イメージ 1. サンプルのロジックフローを …

標準の画面アイテムを利用して「先頭へ戻る」ボタンを実現する

このCookBookでは、標準の画面アイテムを利用して「先頭へ戻る」ボタンを実現する方法について紹介しています。 本稿では、表示する項目が多く縦長い画面で下へスクロールすると右下に「先頭へ戻る」ボタン …

no image

スクリプト開発でのCSRF対策(formタグ編)

Cross Site Request Forgery(CSRF)とは、閲覧者に不正にHTTPリクエストを送信させ、攻撃者の意図した処理を実行させる攻撃手法です。 このCookBookでは、スクリプト開 …

no image

No.5 外部サイトの定期監視

この記事は、EWS 2017で行われたLogicDesignerの講演内容に関する記事です。 こちらの例では、LogicDesignerからIM-FormaDesigner / IM-BIS / IM …

RSSRSSRSSRSS