CookBook

ノード毎に入力モード(表示モード)変換を切り替える方法

投稿日:2017-01-30 更新日:

このCookBookでは、BISワークフローにおいて、ノード毎に各アイテムの入力(表示)モードを切り替える方法を紹介します。
ノード毎に別画面を作成する方法もありますが、本稿ではアクション設定を利用して入力(表示)モードを切り替える方法を記載します。

完成イメージ


① ノード「node01」:入力可、ノード「node02」:入力不可
② ノード「node01」:入力不可、ノード「node02」:入力可

im_cookbook_115971_1

完成サンプル

以下の完成サンプルをダウンロードしてご活用ください。

サンプルは以下の環境で動作を確認できます。

  • テナント環境セットアップで、サンプルデータがインポート済みであること

レシピ

  1. BISワークフローを作成する。
  2. アクションを設定する。
  3. 作成したBISワークフローにて、フローを実行する。

設定項目の詳細は、添付のサンプルを参照してください。

1. BISワークフローを作成する。

BISワークフローを作成します。

2. アクションを設定する。

form Designer 画面の「Action settings」-「Initial display event」を設定します。
「Conditions」に特定のnodeidを指定することで、イベントの発火を限定することができます。

im_cookbook_115971_2

詳細はサンプルを参照してください。
imwNodeId以外にも、条件として利用できるパラメータは存在します。
パラメータ値の詳細はCodeListを参照してください。

3. 作成したBISワークフローにて、フローを実行する。

BISワークフローの承認/処理画面を表示します。
ノード毎に入力モードが変更されることが確認できました。

-CookBook
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

IM-BloomMaker で作成した画面で、入力項目の値によってエレメントの表示・非表示を切り替える方法

このCookBookでは、IM-BloomMakerで入力系エレメントの入力値によってエレメントの表示/非表示を切り替える方法について紹介しています。 実際にサンプル画面を作成しながら解説を行います。 …

no image

画面にインジケータ(ロード中のアイコン)を表示する

任意の処理を行った際にインジケータを表示する方法をご紹介します。 インジケータは、アイコンを用いて任意の処理中であること(ロード中であること)を画面に表示します。 インジケータを利用することで、任意の …

no image

ワークスペース機能におけるイベントカレンダーの利用例

このCookBookでは「intra-mart Accel Collaboration」ワークスペース機能におけるイベントカレンダーの利用例について紹介しています。 intra-mart Accel …

no image

BloomMaker 入力規則エラーメッセージエレメントの使い方

このCookBookでは、Accel Platform 2021 Springで追加されたエレメント「入力規則エラーメッセージ」について紹介しています。 「入力規則エラーメッセージ」は、指定した変数に …

no image

Docker Swarm を利用して Resin のクラスタリングを構築する。

この CookBook では、Docker Swarm を利用して Resin のクラスタリングを構築する手順について紹介しています。 Docker Swarm を利用することで、複数マシンにまたがっ …