CookBook

IM-FormaDesignerで作成したフォーム内でIME入力モードを制御する方法【IE・EDGE】

投稿日:

このCookbookでは、IM-FormaDesignerで作成したフォーム内の
画面アイテム「文字列」と画面アイテム「グリッドテーブル」のIME入力モードを制御する方法を紹介します。

入力モードを制御することにより誤入力と手間を減らし、ユーザビリティの高いフォームを作ることができます。

完成イメージ

各入力アイテムをクリックし、IME入力モードが制御されることを確認できます。

完成サンプル

以下の完成サンプルをダウンロードしてご活用ください。
なお、以下のサンプルはintra-mart Accel Platform 2017 Winterの環境を利用して作成したものです。
2017 Winterより前のバージョンでは正常に動作しない可能性があります。

IM-FormaDesigner インポート資材 : im_cookbook_115988_forma.zip

ローカル環境で表示させる場合は、以下のURLにアクセスしてください。
http://localhost:8080/imart/forma/normal/view/regist_application_view/im_cookbook_115988_ime_control
なおベースURLである以下の部分は、環境に合わせて適宜変更してください。
http://localhost:8080/imart

レシピ

  1. 各アイテムを配置する。
  2. 画面アイテム「文字列」のIME入力モードを制御するためのスクリプトを設定する。
  3. 画面アイテム「グリッドテーブル」のIME入力モードを制御するためのスクリプトを設定する。

1. 各アイテムを配置する。

IM-FormaDesignerでフォームを作成し、画面アイテム「文字列」、画面アイテム「スクリプト」、画面アイテム「グリッドテーブル」を配置してください。

2. 画面アイテム「文字列」のIME入力モードを制御するためのスクリプトを設定する。

画面アイテム「スクリプト」を使用することで、実行画面を開いた際にスクリプトを実行させることができます。

今回は一つの画面アイテム「スクリプト」に対し、まとめて複数の画面アイテム「文字列」のスクリプトコードを設定します。

以下のスクリプトコードを設定してください。
%フィールド識別ID%には、画面アイテム「文字列」のフィールド識別IDを記述します。

3. 画面アイテム「グリッドテーブル」のIME入力モードを制御するためのスクリプトを設定する。

画面アイテム「グリッドテーブル」は他の画面アイテムとは動作仕様が異るため、
列ごとのフォーカスインイベントで個別にスクリプトを登録する必要があります。

設定を行うには、アクション設定からテーブルイベントタブに移動します。
フォーカスインイベントを選択し、カスタムスクリプトを設定する画面を開きます。

以下のスクリプトコードを設定してください。
%フィールド識別ID%には、画面アイテム「グリッドテーブル」の列のフィールド識別IDを記述します。
ime-modeの指定は2.を参照してください。

いかがでしたでしょうか。IEまたはEdgeをご利用でしたら是非試してみてください。

-CookBook
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

BloomMakerとLogicDesignerでWorkflowコンテンツを作成する

このCookBookでは、BloomMakerとLogicDesignerを利用してWorkflowのコンテンツを作成する方法を紹介します。 2019 Winter(8.0.24)で、以下の機能をリリ …

no image

多要素認証(MFA)のバックアップコードを生成していないユーザに通知を送る方法

この CookBook では、多要素認証のバックアップコードを生成していないユーザに通知を送る方法について紹介しています。 多要素認証では Google Authenticator を用いて認証を行い …

no image

IM-FormaDesignerで作成したフォーム画面からIMBoxに投稿する方法

このCookBookでは、IM-BISを含む環境において、IM-FormaDesignerで作成したアプリからIMBoxに投稿する方法について紹介しています。 IM-LogicDesignerとの外部 …

no image

ViewCreatorのヘッダやフッタに配置するリンクのURLに計算結果を埋め込む方法

本記事では、ViewCreatorのヘッダやフッタにリンクを埋め込む際に、関数を利用する方法をご紹介します。 この方法を利用すると、パラメータ文字列に「今日日付」を受け渡すといったことが実現できます。 …

no image

IM-BIS アクション設定の「条件」の書き方

このCookbookでは、アクション設定の条件式の書き方を説明します。 この方法により入力値に応じてアクション設定の外部連携や入力モード変換などのイベントの実行をコントロールすることができます。 完成 …

RSSRSSRSSRSS