CookBook

IM-FormaDesignerで作成したフォーム内でIME入力モードを制御する方法【IE・EDGE】

投稿日:

このCookbookでは、IM-FormaDesignerで作成したフォーム内の
画面アイテム「文字列」と画面アイテム「グリッドテーブル」のIME入力モードを制御する方法を紹介します。

入力モードを制御することにより誤入力と手間を減らし、ユーザビリティの高いフォームを作ることができます。

完成イメージ

各入力アイテムをクリックし、IME入力モードが制御されることを確認できます。

完成サンプル

以下の完成サンプルをダウンロードしてご活用ください。
なお、以下のサンプルはintra-mart Accel Platform 2017 Winterの環境を利用して作成したものです。
2017 Winterより前のバージョンでは正常に動作しない可能性があります。

IM-FormaDesigner インポート資材 : im_cookbook_115988_forma.zip

ローカル環境で表示させる場合は、以下のURLにアクセスしてください。
http://localhost:8080/imart/forma/normal/view/regist_application_view/im_cookbook_115988_ime_control
なおベースURLである以下の部分は、環境に合わせて適宜変更してください。
http://localhost:8080/imart

レシピ

  1. 各アイテムを配置する。
  2. 画面アイテム「文字列」のIME入力モードを制御するためのスクリプトを設定する。
  3. 画面アイテム「グリッドテーブル」のIME入力モードを制御するためのスクリプトを設定する。

1. 各アイテムを配置する。

IM-FormaDesignerでフォームを作成し、画面アイテム「文字列」、画面アイテム「スクリプト」、画面アイテム「グリッドテーブル」を配置してください。

2. 画面アイテム「文字列」のIME入力モードを制御するためのスクリプトを設定する。

画面アイテム「スクリプト」を使用することで、実行画面を開いた際にスクリプトを実行させることができます。

今回は一つの画面アイテム「スクリプト」に対し、まとめて複数の画面アイテム「文字列」のスクリプトコードを設定します。

以下のスクリプトコードを設定してください。
%フィールド識別ID%には、画面アイテム「文字列」のフィールド識別IDを記述します。

3. 画面アイテム「グリッドテーブル」のIME入力モードを制御するためのスクリプトを設定する。

画面アイテム「グリッドテーブル」は他の画面アイテムとは動作仕様が異るため、
列ごとのフォーカスインイベントで個別にスクリプトを登録する必要があります。

設定を行うには、アクション設定からテーブルイベントタブに移動します。
フォーカスインイベントを選択し、カスタムスクリプトを設定する画面を開きます。

以下のスクリプトコードを設定してください。
%フィールド識別ID%には、画面アイテム「グリッドテーブル」の列のフィールド識別IDを記述します。
ime-modeの指定は2.を参照してください。

いかがでしたでしょうか。IEまたはEdgeをご利用でしたら是非試してみてください。

-CookBook
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

外部連携の後処理で任意のエラーメッセージを表示する

このCookbookでは、外部連携の後処理で任意のエラーメッセージを表示する方法を紹介します。 この方法を活用することにより、外部連携の後処理ででエラーが発生した場合、利用者に内容を通知することができ …

IM-LogicDesignerを利用して、IM-Workflowの未処理案件の処理対象者を再展開する

このCookBookでは、IM-LogicDesignerを利用して、IM-Workflowの未処理案件の処理対象者を再展開する方法について紹介しています。 人事異動を重ねることで、未処理案件の中には …

no image

申請時の注意事項を添付ファイルとして配置する方法

このCookBookでは、申請時の注意事項を記載したファイルを、申請画面の添付ファイルとして配置する方法について紹介しています。 FormaDesignerの前処理プログラムで任意の添付ファイルを設定 …

no image

FormaのスクリプトからAjax処理を呼び出す

このCookBookでは、Formaのスクリプトからサーバサイドロジックを呼び出し、Ajax処理を実現する方法をご紹介します。 IM-LogicDesignerを利用し、サーバサイドロジックとその呼び …

スプレッドシートのバインディングデータを別途テーブルに出力する方法

スプレッドシートのJsonデータとバインディングデータは、Formaヘッダーテーブルにバイナリカラムで格納されます。 Formaヘッダーテーブルに格納されたスプレッドシートデータは、登録データ情報管理 …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS