CookBook

Forma標準アプリとIM-LogicDesignerを利用してBISワークフローを一括申請する方法

投稿日:2016-12-07 更新日:

このCookBookでは、Forma標準アプリとLogicDesignerを利用して、BISワークフローを一括申請する方法を説明します。

完成イメージ


① グリッドテーブルの各行を、それぞれ案件として申請します。入力方法は、CSVファイルをインポート、もしくは、グリッドテーブルへの直接入力になります。
② 「Apply」ボタン押下時に、IM-LogicDesignerでIM-BISの申請処理を実施し、申請結果を返します。

cookbook_119456_1

完成サンプル

以下の完成サンプルをダウンロードしてご活用ください。

サンプルは以下の環境で動作を確認できます。

  • intra-mart Accel Platform(Advanced) 2016 Summer(8.0.14), IM-BIS 2016 Summer(8.0.11)以降のバージョンであること
  • テナント環境セットアップで、サンプルデータがインポート済みであること

レシピ

  1. 一括申請先のBISワークフローを作成する。
  2. ロジックフローを作成する。
  3. データソース定義を作成する。
  4. 一括申請画面を作成する。
  5. 作成したFormaアプリから情報を入力し、「Apply」ボタンをクリックする。

設定項目の詳細は、添付のサンプルを参照してください。

1. 一括申請先のBISワークフローを作成する。

一括申請先のBISワークフローを作成します。
一括申請先のワークフローでは、一括申請のために特別な設定はありません。

2. ロジックフローを作成する。

ロジックフローを作成します。
グリッドテーブルの各行を入力として、申請結果として取得される案件番号を出力として、設定します。

グリッドテーブルの各行をそれぞれ申請内容とするために、繰り返しタスクでIM-BISの申請タスクを実行します。

cookbook_119456_2

① 申請画面の入力内容の準備をします。

IM-BIS 申請タスクでは、申請画面での入力内容は以下の型で設定する必要があります。


formaItemInfo : object[]
├─ fieldId : string
└─ inputValue : any

上記の配列を作成するため、①では配列にpushする情報を作成します。

cookbook_119456_3

② IM-BIS 申請タスクを設定します。

①で作成した変数を、関数pushで配列に格納します。
配列に格納した値を、formaItemInfoにマッピングします。

cookbook_119456_4

注意事項

  • ①では、配列にpushする変数名は、配列の変数名(fieldId、inputValue)と同じである必要があります。
  • ②で、①で作成した変数を配列に格納しますが、この処理はIM-BIS 申請タスク内に記述する必要があります。
    object 型は、string, integer を混在して扱うことはできません。別タスクにて配列の作成を行い、一度マッピングを完了してしまうと、any型ではなく別の型に変換されてしまいます。そのため、IM-BIS 申請タスク内で作成し、any型にマッピングする必要があります。

3. データソース定義を作成する。

2.で作成したロジックフローに対するデータソース定義を作成します。

4. 一括申請画面を作成する。

グリッドテーブルに対し、アクション設定の外部連携で、3.で作成したデータソース定義を設定します。

5. 作成したFormaアプリから情報を入力し、「Apply」ボタンをクリックする

BISワークフローが申請されました。

-CookBook
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

グリッドテーブルのイメージからワークフローの案件内容を表示するには

このCookbookでは、グリッドテーブルの「イメージ」から申請済みの案件の詳細画面を呼び出す方法を紹介します。 この方法を利用すると別の案件を参照しながら新しく申請を行うことができます。 BISで作 …

no image

BISやFormaのテーブルにCSVファイルからのインポート・エクスポートを行うには

このCookbookでは、明細テーブルやグリッドテーブルとCSVファイルを連携する方法を紹介します。 この方法を活用することにより、明細テーブルやグリッドテーブルへの入力の手間を軽減できます。 完成イ …

no image

差戻し先ノードの処理対象者を再展開するフローを作成する方法

このCookBookでは、差戻し先ノードの処理対象者を再展開するフローを作成する方法について紹介しています。 IM-Workflowの仕様として、差戻し先ノードではそのノードを以前に処理した人のみが再 …

IM-LogicDesignerを利用して、IM-Workflow完了案件の確認対象者を削除する

このCookBookでは、IM-LogicDesignerを利用して、IM-Workflow完了案件の確認対象者を削除する方法について紹介しています。 完了案件でも、確認対象者が確認することはできます …

IM-Wiki

Wiki機能の活用例

このCookbookでは、intra-mart Accel Platform 2018 Springから利用可能なWiki機能(IM-Wiki)の活用例について紹介します。 今回の記事では実際にWik …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS