CookBook

Forma標準アプリとIM-LogicDesignerを利用してBISワークフローを一括申請する方法

投稿日:2016-12-07 更新日:

このCookBookでは、Forma標準アプリとLogicDesignerを利用して、BISワークフローを一括申請する方法を説明します。

完成イメージ


① グリッドテーブルの各行を、それぞれ案件として申請します。入力方法は、CSVファイルをインポート、もしくは、グリッドテーブルへの直接入力になります。
② 「Apply」ボタン押下時に、IM-LogicDesignerでIM-BISの申請処理を実施し、申請結果を返します。

cookbook_119456_1

完成サンプル

以下の完成サンプルをダウンロードしてご活用ください。

サンプルは以下の環境で動作を確認できます。

  • intra-mart Accel Platform(Advanced) 2016 Summer(8.0.14), IM-BIS 2016 Summer(8.0.11)以降のバージョンであること
  • テナント環境セットアップで、サンプルデータがインポート済みであること

レシピ

  1. 一括申請先のBISワークフローを作成する。
  2. ロジックフローを作成する。
  3. データソース定義を作成する。
  4. 一括申請画面を作成する。
  5. 作成したFormaアプリから情報を入力し、「Apply」ボタンをクリックする。

設定項目の詳細は、添付のサンプルを参照してください。

1. 一括申請先のBISワークフローを作成する。

一括申請先のBISワークフローを作成します。
一括申請先のワークフローでは、一括申請のために特別な設定はありません。

2. ロジックフローを作成する。

ロジックフローを作成します。
グリッドテーブルの各行を入力として、申請結果として取得される案件番号を出力として、設定します。

グリッドテーブルの各行をそれぞれ申請内容とするために、繰り返しタスクでIM-BISの申請タスクを実行します。

cookbook_119456_2

① 申請画面の入力内容の準備をします。

IM-BIS 申請タスクでは、申請画面での入力内容は以下の型で設定する必要があります。


formaItemInfo : object[]
├─ fieldId : string
└─ inputValue : any

上記の配列を作成するため、①では配列にpushする情報を作成します。

cookbook_119456_3

② IM-BIS 申請タスクを設定します。

①で作成した変数を、関数pushで配列に格納します。
配列に格納した値を、formaItemInfoにマッピングします。

cookbook_119456_4

注意事項

  • ①では、配列にpushする変数名は、配列の変数名(fieldId、inputValue)と同じである必要があります。
  • ②で、①で作成した変数を配列に格納しますが、この処理はIM-BIS 申請タスク内に記述する必要があります。
    object 型は、string, integer を混在して扱うことはできません。別タスクにて配列の作成を行い、一度マッピングを完了してしまうと、any型ではなく別の型に変換されてしまいます。そのため、IM-BIS 申請タスク内で作成し、any型にマッピングする必要があります。

3. データソース定義を作成する。

2.で作成したロジックフローに対するデータソース定義を作成します。

4. 一括申請画面を作成する。

グリッドテーブルに対し、アクション設定の外部連携で、3.で作成したデータソース定義を設定します。

5. 作成したFormaアプリから情報を入力し、「Apply」ボタンをクリックする

BISワークフローが申請されました。

-CookBook
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Forma標準アプリとIM-LogicDesignerを利用してBISワークフローの一括承認画面を作成する

このCookBookでは、Forma標準アプリとLogicDesignerを利用して、BISワークフローの一括承認画面を作成する方法を紹介します。 完成イメージ ① 承認を実施するフローとノードを設定 …

no image

ViewCreatorのヘッダやフッタに配置するリンクのURLに計算結果を埋め込む方法

本記事では、ViewCreatorのヘッダやフッタにリンクを埋め込む際に、関数を利用する方法をご紹介します。 この方法を利用すると、パラメータ文字列に「今日日付」を受け渡すといったことが実現できます。 …

no image

IM-FormaDesignerで複数のセレクトボックスを連動させて利用する方法

このCookbookでは、セレクトボックスの選択結果によって、他のセレクトボックスの選択肢を絞り込む方法を説明します。 この方法は、IM-FormaDesignerのみ導入環境での方法です。 IM-B …

no image

スクリプト開発で登録フォームを作成する

このCookBookでは、スクリプト開発で登録フォームを作成する際に役立つ Tips を紹介します。 第1回:スクリプト開発で登録フォームを作成する 第2回:フォームに入力した内容をデータベースに登録 …

IM-BloomMaker でリモートワークの報告メールを送信するアプリを作ってみた

はじめに IM-BloomMaker と IM-LogicDesigner で「リモートワークの報告メールを送信するアプリ」を作成したので、公開します。 新型コロナウィルスによる緊急事態宣言を受けて、 …