CookBook

「イベント」ボタン・「一覧へ戻る」ボタンを使用し任意の遷移先を設定する

投稿日:

このCookBookでは、IM-FormaDesignerの画面アイテム・ボタンを使用し、任意の画面に遷移する方法について紹介しています。
設定方法は下記の2パターンです。

「イベント」ボタンを使用する方法
「一覧に戻る」ボタン・「スクリプト」を使用する方法

レシピ(「イベント」ボタン使用)

  1. 「イベント」ボタンを配置する
  2. スクリプトを設定する

1. 「イベント」ボタンを配置する

ツールキットより「イベント」ボタンを選択、配置してください。
「フォーム編集画面」-「ツールキット」-「汎用アイテム」-「イベント」

2. スクリプトを設定する

「イベント」ボタンのスクリプトに以下のような設定を行うことで、任意の画面に遷移することができます。
ページ遷移のある画面の場合、1ページ目で行うことで期待される動作になります。

以下のコードは一例です。指定したい遷移先パスをdocument.imfr_back_form.actionの値に設定して下さい。

レシピ(「一覧に戻る」ボタン・「スクリプト」使用)

  1. 「一覧に戻る」ボタンと「スクリプト」を配置する
  2. スクリプトを設定する

1. 「一覧に戻る」ボタン・「スクリプト」を配置する

ツールキットより「一覧に戻る」ボタンと「スクリプト」を選択、配置してください。
「フォーム編集画面」-「ツールキット」-「ボタンアイテム」-「一覧に戻る」
「フォーム編集画面」-「ツールキット」-「汎用アイテム」-「イベント」

2. スクリプトを設定する

「一覧へ戻る」ボタンの遷移先は form内の要素であるimfr_callback_urlで保持しています。
その値をスクリプトアイテムを利用して書き換えます。

「スクリプト」に以下のような設定を行うことで、任意の画面に遷移することができます。

以上で、実行画面から「イベント」ボタンまたは「一覧へ戻る」ボタン押下で、任意の画面に遷移できるようになりました。

-CookBook
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Azure 上に iAP を構築する方法

  この CookBook では、Azure の Virtual Machines 機能を用いて、スタンドアローンで intra-mart Accel Platform を構築する方法につい …

no image

未完了案件・完了案件を全て削除する方法

このCookBookでは、LogicDesignerを利用してワークフローの未完了案件・完了案件を一括削除する方法を紹介します。 開発環境のお掃除に役立つTipsです。 削除した案件は復元することがで …

no image

Forma標準アプリとIM-LogicDesignerを利用してBISワークフローを一括申請する方法

このCookBookでは、Forma標準アプリとLogicDesignerを利用して、BISワークフローを一括申請する方法を説明します。 完成イメージ ① グリッドテーブルの各行を、それぞれ案件として …

no image

Payara 管理画面で行った設定を CUI で実施する方法

この CookBook では、Payara の Asadmin Recorder 機能について紹介しています。 Asadmin Recorder 機能についての詳細を知りたい方は Asadmin Re …

IM-BloomMaker グラフエレメントの使い方(円グラフ編)

この CookBook では、intra-mart Accel Platform 2019 Winter から利用可能になった IM-BloomMaker の円グラフの活用方法について紹介しています。 …

RSSRSSRSSRSS