CookBook

「イベント」ボタン・「一覧へ戻る」ボタンを使用し任意の遷移先を設定する

投稿日:

このCookBookでは、IM-FormaDesignerの画面アイテム・ボタンを使用し、任意の画面に遷移する方法について紹介しています。
設定方法は下記の2パターンです。

「イベント」ボタンを使用する方法
「一覧に戻る」ボタン・「スクリプト」を使用する方法

レシピ(「イベント」ボタン使用)

  1. 「イベント」ボタンを配置する
  2. スクリプトを設定する

1. 「イベント」ボタンを配置する

ツールキットより「イベント」ボタンを選択、配置してください。
「フォーム編集画面」-「ツールキット」-「汎用アイテム」-「イベント」

2. スクリプトを設定する

「イベント」ボタンのスクリプトに以下のような設定を行うことで、任意の画面に遷移することができます。
ページ遷移のある画面の場合、1ページ目で行うことで期待される動作になります。

以下のコードは一例です。指定したい遷移先パスをdocument.imfr_back_form.actionの値に設定して下さい。

レシピ(「一覧に戻る」ボタン・「スクリプト」使用)

  1. 「一覧に戻る」ボタンと「スクリプト」を配置する
  2. スクリプトを設定する

1. 「一覧に戻る」ボタン・「スクリプト」を配置する

ツールキットより「一覧に戻る」ボタンと「スクリプト」を選択、配置してください。
「フォーム編集画面」-「ツールキット」-「ボタンアイテム」-「一覧に戻る」
「フォーム編集画面」-「ツールキット」-「汎用アイテム」-「イベント」

2. スクリプトを設定する

「一覧へ戻る」ボタンの遷移先は form内の要素であるimfr_callback_urlで保持しています。
その値をスクリプトアイテムを利用して書き換えます。

「スクリプト」に以下のような設定を行うことで、任意の画面に遷移することができます。

以上で、実行画面から「イベント」ボタンまたは「一覧へ戻る」ボタン押下で、任意の画面に遷移できるようになりました。

-CookBook
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ノード毎に入力モード(表示モード)変換を切り替える方法

このCookBookでは、BISワークフローにおいて、ノード毎に各アイテムの入力(表示)モードを切り替える方法を紹介します。 ノード毎に別画面を作成する方法もありますが、本稿ではアクション設定を利用し …

no image

ViewCreatorとIM-FormaDesignerを利用して、既存テーブルのデータを表示する。

このCookBookでは、ViewCreatorとForma画面を利用して、既存テーブルのデータを表示する方法を説明します。 ViewCreatorでテーブルデータの一覧を表示し、IM-FormaDe …

no image

IM-FormaDesignerで複数のセレクトボックスを連動させて利用する方法

このCookbookでは、セレクトボックスの選択結果によって、他のセレクトボックスの選択肢を絞り込む方法を説明します。 この方法は、IM-FormaDesignerのみ導入環境での方法です。 IM-B …

no image

テナント環境セットアップ時にテーブルが作成されるよう設定する

e Builderを利用して作成したアプリケーションにおいて、テナント環境セットアップ時に自動でテーブルが作成されるように設定する手順を紹介します。 今回は例として、CookBook:フォームに入力し …

no image

外部連携の後処理で任意のエラーメッセージを表示する

このCookbookでは、外部連携の後処理で任意のエラーメッセージを表示する方法を紹介します。 この方法を活用することにより、外部連携の後処理ででエラーが発生した場合、利用者に内容を通知することができ …

RSSRSSRSSRSS