CookBook

「イベント」ボタン・「一覧へ戻る」ボタンを使用し任意の遷移先を設定する

投稿日:

このCookBookでは、IM-FormaDesignerの画面アイテム・ボタンを使用し、任意の画面に遷移する方法について紹介しています。
設定方法は下記の2パターンです。

「イベント」ボタンを使用する方法
「一覧に戻る」ボタン・「スクリプト」を使用する方法

レシピ(「イベント」ボタン使用)

  1. 「イベント」ボタンを配置する
  2. スクリプトを設定する

1. 「イベント」ボタンを配置する

ツールキットより「イベント」ボタンを選択、配置してください。
「フォーム編集画面」-「ツールキット」-「汎用アイテム」-「イベント」

2. スクリプトを設定する

「イベント」ボタンのスクリプトに以下のような設定を行うことで、任意の画面に遷移することができます。
ページ遷移のある画面の場合、1ページ目で行うことで期待される動作になります。

以下のコードは一例です。指定したい遷移先パスをdocument.imfr_back_form.actionの値に設定して下さい。

レシピ(「一覧に戻る」ボタン・「スクリプト」使用)

  1. 「一覧に戻る」ボタンと「スクリプト」を配置する
  2. スクリプトを設定する

1. 「一覧に戻る」ボタン・「スクリプト」を配置する

ツールキットより「一覧に戻る」ボタンと「スクリプト」を選択、配置してください。
「フォーム編集画面」-「ツールキット」-「ボタンアイテム」-「一覧に戻る」
「フォーム編集画面」-「ツールキット」-「汎用アイテム」-「イベント」

2. スクリプトを設定する

「一覧へ戻る」ボタンの遷移先は form内の要素であるimfr_callback_urlで保持しています。
その値をスクリプトアイテムを利用して書き換えます。

「スクリプト」に以下のような設定を行うことで、任意の画面に遷移することができます。

以上で、実行画面から「イベント」ボタンまたは「一覧へ戻る」ボタン押下で、任意の画面に遷移できるようになりました。

-CookBook
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

スクリプト開発した画面にバリデーション(入力チェック)を実装する

このCookBookでは、作成した画面項目に対してバリデーション(入力チェック)を設定する方法をご紹介します。 今回はスクリプト開発で登録フォームを作成するで作成した画面項目に対して、クライアントサイ …

no image

Solr の Docker を作成する。

この CookBook では、Solr の Docker の作成手順について紹介しています。 レシピ ベースイメージの作成 Solr の Docker イメージを作成します 実行します 1. ベースイ …

IM-BloomMaker のアクション「複数選択組織検索ダイアログを表示する」の使い方

このCookBookでは、「複数選択組織検索ダイアログを表示する」アクションの使用方法について紹介します。 「複数選択組織検索ダイアログを表示する」アクションは、共通マスタから取得した組織情報をダイア …

no image

画面操作方法によって画面アイテムの入力チェックを切り替える方法

このCookBookでは、IM-FormaDesignerの入力チェックプログラムで、画面の操作方法に応じた入力チェックを設定する方法を紹介します。 この方法は、以下の製品で作成したアプリケーションや …

no image

No.1 メールに添付されているExcelファイル読み込み → ワークフロー申請

この記事は、EWS 2017で行われたLogicDesignerの講演内容に関する記事です。 こちらの例では、メールサーバと連携し、メールの添付ファイルの内容から自動的にワークフローを申請できます。 …

RSSRSSRSSRSS