CookBook

バージョンアップを認めずパッチのみを許可する module.xml の依存関係の指定方法の書き方

投稿日:

この CookBook では、module.xml の依存関係の書き方について紹介しています。
記事のタイトルにあるように、モジュールを特定のバージョンのパッチまでに依存する方法についてご紹介します。

例えば、jp.co.intra_mart.im_tenant をバージョン 8.0.5(パッチ含む) から 8.0.10(パッチ含む)まで依存させ、8.0.11 以降には依存しないようにするには、module.xml に以下のように記載します。

上記の書き方で、8.0.5 から 8.0.10PATCH-999 までのバージョンに依存します。
弊社から提供するパッチ番号が 999 を超えることはありませんので、上記の書き方で 8.0.10 のすべてのパッチに依存することができます。

下記に具体例を示します。

im_tenant のバージョン 依存可/不可
8.0.4 不可
8.0.4-PATCH_001 不可
8.0.4-PATCH_002 不可
8.0.5
8.0.5-PATCH_001
8.0.6
8.0.10
8.0.10-PATCH_001
8.0.10-PATCH_010
8.0.11 不可
8.0.11-PATCH_001 不可

e Builder で上記の形式の依存関係を追加する際には、下図のように「module.xml」タブのテキストエディタより dependency タグを追加してください。

このように、バージョンアップを含まず特定のバージョンまでのパッチバージョンに依存関係を設定することができます。
是非ご活用ください。

-CookBook

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

IM-BloomMaker スプレッドシートの入力内容を DB に保存する

この CookBook では intra-mart Accel Platform 2020 Winter から利用可能になったスプレッドシートで、セルに入力した値を DB に保存する方法を紹介します。 …

スプレッドシートでForma入力チェックユーザプログラムを利用して入力チェックを実行する方法

このCookBookでは、スプレッドシートでForma入力チェックユーザプログラムを利用して入力チェックを実行する方法について紹介しています。 Formaの入力チェックプログラムでは以下の2つのチェッ …

IM-Wiki

Wiki機能の活用例

このCookbookでは、intra-mart Accel Platform 2018 Springから利用可能なWiki機能(IM-Wiki)の活用例について紹介します。 今回の記事では実際にWik …

no image

imuiListTableでセルに配置したアイコンから別画面に遷移する方法

このCookBookでは、imuiListTableでセルに配置したアイコンから別画面に遷移する方法について紹介しています。 imuiListTableについての詳細はAPIドキュメントを参照してくだ …

FormaDesignerのユーザプログラム入力チェックをロジックフローで作成する方法

このCookBookでは、FormaDesignerのユーザプログラム入力チェックをロジックフローで作成する方法をご紹介します。 サンプルでは、スプレッドシート・グリッドテーブル・明細テーブルを使用し …

RSSRSSRSSRSS