CookBook

バージョンアップを認めずパッチのみを許可する module.xml の依存関係の指定方法の書き方

投稿日:

この CookBook では、module.xml の依存関係の書き方について紹介しています。
記事のタイトルにあるように、モジュールを特定のバージョンのパッチまでに依存する方法についてご紹介します。

例えば、jp.co.intra_mart.im_tenant をバージョン 8.0.5(パッチ含む) から 8.0.10(パッチ含む)まで依存させ、8.0.11 以降には依存しないようにするには、module.xml に以下のように記載します。

上記の書き方で、8.0.5 から 8.0.10PATCH-999 までのバージョンに依存します。
弊社から提供するパッチ番号が 999 を超えることはありませんので、上記の書き方で 8.0.10 のすべてのパッチに依存することができます。

下記に具体例を示します。

im_tenant のバージョン 依存可/不可
8.0.4 不可
8.0.4-PATCH_001 不可
8.0.4-PATCH_002 不可
8.0.5
8.0.5-PATCH_001
8.0.6
8.0.10
8.0.10-PATCH_001
8.0.10-PATCH_010
8.0.11 不可
8.0.11-PATCH_001 不可

e Builder で上記の形式の依存関係を追加する際には、下図のように「module.xml」タブのテキストエディタより dependency タグを追加してください。

このように、バージョンアップを含まず特定のバージョンまでのパッチバージョンに依存関係を設定することができます。
是非ご活用ください。

-CookBook

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スプレッドシートでシートの保護を利用して、ノード毎に入力セルを制御する

このCookBookでは、スプレッドシートでシートの保護を利用して、ノード毎に入力セルを制御する方法について紹介しています。 Excelでは、シートの保護を利用して、特定のセルのみ入力できるように制御 …

結合処理で「多数決」承認機能を実現する

このCookBookでは、「多数決」承認機能を実現する方法について紹介しています。 完成イメージ 以下の完成サンプルをダウンロードしてご活用ください。 im_logicdesigner-data-14 …

no image

スクリプト開発モデルで作成した1つのページソースを複数の画面で利用する

このCookBookでは、任意のスクリプト開発モデルプログラムをコールして部分ページソース挿入を行う方法を紹介します。 部分ページソース挿入は<imart type=”include”>タ …

no image

IM-BloomMaker Bulmaエレメントに使用するアイコンの探し方

このCookBookでは、 intra-mart Accel Platform 2020 Summer から利用可能になったコンテンツ種別「Bulma」で使用できるアイコンについて説明いたします。 I …

no image

No.5 外部サイトの定期監視

この記事は、EWS 2017で行われたLogicDesignerの講演内容に関する記事です。 こちらの例では、LogicDesignerからIM-FormaDesigner / IM-BIS / IM …