CookBook

バージョンアップを認めずパッチのみを許可する module.xml の依存関係の指定方法の書き方

投稿日:

この CookBook では、module.xml の依存関係の書き方について紹介しています。
記事のタイトルにあるように、モジュールを特定のバージョンのパッチまでに依存する方法についてご紹介します。

例えば、jp.co.intra_mart.im_tenant をバージョン 8.0.5(パッチ含む) から 8.0.10(パッチ含む)まで依存させ、8.0.11 以降には依存しないようにするには、module.xml に以下のように記載します。

上記の書き方で、8.0.5 から 8.0.10PATCH-999 までのバージョンに依存します。
弊社から提供するパッチ番号が 999 を超えることはありませんので、上記の書き方で 8.0.10 のすべてのパッチに依存することができます。

下記に具体例を示します。

im_tenant のバージョン 依存可/不可
8.0.4 不可
8.0.4-PATCH_001 不可
8.0.4-PATCH_002 不可
8.0.5
8.0.5-PATCH_001
8.0.6
8.0.10
8.0.10-PATCH_001
8.0.10-PATCH_010
8.0.11 不可
8.0.11-PATCH_001 不可

e Builder で上記の形式の依存関係を追加する際には、下図のように「module.xml」タブのテキストエディタより dependency タグを追加してください。

このように、バージョンアップを含まず特定のバージョンまでのパッチバージョンに依存関係を設定することができます。
是非ご活用ください。

-CookBook

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

【ViewCreator】検索にヒットした件数を取得する関数の作り方。

このCookBookでは、ViewCreatorで検索にヒットした件数を取得する関数の作り方についてご紹介します。 ユーザ定義関数についての詳細は下記のドキュメントを参照してください。 ViewCre …

「イベント」ボタン・「一覧へ戻る」ボタンを使用し任意の遷移先を設定する

このCookBookでは、IM-FormaDesignerの画面アイテム・ボタンを使用し、任意の画面に遷移する方法について紹介しています。 設定方法は下記の2パターンです。 「イベント」ボタンを使用す …

no image

スマートフォン版スケジュール画面から添付ファイルをダウンロードする方法

このCookBookでは、「intra-mart Accel Collaboration」のスケジュール機能において、スマートフォン版の画面から添付ファイルをダウンロードできるようにする方法について紹 …

IM-BloomMaker Bulma タイルの利用方法

この CookBook では、 2020 Summer でリリースした Bulma の「タイル」エレメントの利用方法について説明していきます。 「タイル」エレメントは自由にグリッドレイアウトを構築する …

no image

WebServer へのリクエスト情報から動的に BaseURL を決定する方法(Apache 編)

ここでは、WebServer(Apache)へのリクエスト情報から BaseURL を動的に決定する方法を BaseUrlProvider のサンプル実装、Apache との連携例と共に紹介します。 …

RSSRSSRSSRSS