CookBook

FormaDesignerで作成したフォーム内でカーソル遷移を制御する方法

投稿日:

このCookbookでは、FormaDesignerで作成したフォーム内でカーソル遷移を制御する方法を紹介します。
Tabキーを使ったカーソル遷移を考慮し、ユーザビリティが高いフォームを作成しましょう。

完成イメージ


1. 「Add」をクリックしてください。画面遷移後、「Text1」にカーソルが当たります。
2. Tabキーを押してください。以下の順序でカーソルが遷移します。
 「Text1」→「Text2」→「Text3」→「Text4」→「Register」

完成サンプル

以下の完成サンプルをダウンロードしてご活用ください。

ローカル環境で表示させる場合は、以下のURLにアクセスしてください。
http://localhost:8080/imart/forma/normal/view/list_view/im_cookbook_125152_forma
なおベースURLである以下の部分は、環境に合わせて適宜変更してください。
http://localhost:8080/imart

レシピ

  1. 入力アイテムを配置する
  2. 画面アイテム「スクリプト」を配置する
  3. タブインデックスを設定する

1. 画面アイテムを配置する

FormaDesignerでフォームを作成し、入力アイテムやボタンアイテムを配置してください。

2. 画面アイテム「スクリプト」を配置する

画面アイテム「スクリプト」を使用することで、実行画面を開いた際に特定のフィールドにカーソルを当てることができます。

フォームに画面アイテム「スクリプト」を配置し、以下のスクリプトコードを設定してください。
%フィールド識別ID%には、実行画面表示時にカーソルを当てたいフィールドのフィールド識別IDを記述しましょう。

3. タブインデックスを設定する

レシピ1で配置した画面アイテムのフィールドにタブインデックスを設定しましょう。

「フィールド一覧」をクリックしてください。
「タブインデックス」の列に数値を入力することで、フィールドやボタンに対してタブインデックスを設定することができます。

詳細は以下のドキュメントを参照してください。
IM-FormaDesigner for Accel Platform IM-FormaDesigner デザイナヘルプ - 「フォーム・デザイナ」画面の各部の名称と機能

-CookBook

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スプレッドシートを実行画面でExcelファイルとしてエクスポートする方法

このCookBookでは、スプレッドシートを実行画面でExcelファイルとしてエクスポートする方法について紹介しています。 IM-FormaDesignerの実行画面から直接、画面アイテム「スプレッド …

no image

テナント環境セットアップ時にテーブルが作成されるよう設定する

e Builderを利用して作成したアプリケーションにおいて、テナント環境セットアップ時に自動でテーブルが作成されるように設定する手順を紹介します。 今回は例として、CookBook:フォームに入力し …

no image

画面にインジケータ(ロード中のアイコン)を表示する

任意の処理を行った際にインジケータを表示する方法をご紹介します。 インジケータは、アイコンを用いて任意の処理中であること(ロード中であること)を画面に表示します。 インジケータを利用することで、任意の …

no image

BISやFormaのテーブルにCSVファイルからのインポート・エクスポートを行うには

このCookbookでは、明細テーブルやグリッドテーブルとCSVファイルを連携する方法を紹介します。 この方法を活用することにより、明細テーブルやグリッドテーブルへの入力の手間を軽減できます。 完成イ …

no image

IM-LogicDesignerで、Redmineカスタムクエリのチケット一覧を取得する方法

このCookBookでは、IM-LogicDesignerを使用してRedmineのチケット (issues) 一覧を取得する方法を紹介します。 Redmineは、外部からチケット一覧を取得するための …

RSSRSSRSSRSS