CookBook

request.log を Kibana で可視化する方法

投稿日:2017-08-16 更新日:

この CookBook では、request.log を Kibana で可視化する方法について紹介しています。
方法は色々ありますが、この CookBook では Logstashlogstash-logback-encoder を組み合わせて Elasticsearch へのログの投入を行います。

レシピ

  1. De_dot filter plugin | Logstash のインストール
  2. logstash.conf を作成
  3. WEB-INF/conf/log/im_logger_request_logstash.xml を配置
  4. logstash-logback-encoder-x.xx.jar を配置

1. De_dot filter plugin | Logstash のインストール

MDC のキー名に含まれるドット(.)をエスケープするための De_dot filter plugin をインストールします。
下記コマンドでインストールします。

2. logstash.conf を作成

行数 説明
1-6 LogstashTcpSocketAppender の出力を受け取ります。
7-10 Elasticsearchでは「.」が特別な意味を持つため、MDC のキーに含まれる「.」を「_」に変更します。
11-16 受け取った JSON を Elasticsearch に取り込みます。
13 送信先となる Elasticsearch のアドレスを指定します。

logstash の設定の詳細については Configuring Logstash を参照してください。
De_dot filter plugin の設定の詳細については De_dot filter plugin を参照してください。

下記コマンドで Logstash を起動します。

3. WEB-INF/conf/log/im_logger_request_logstash.xml を配置

行数 説明
4-7 TCP を用いてログを JSON 出力します。
5 送信先となる Logstash のアドレスを指定します。ポート番号は logstash.conf の input の tcp port に設定した値を指定します。
9-12 リクエストログに上記の設定を適用します。

指定可能なオプションの詳細についてはLogback JSON encoderを参照してください。

4. logstash-logback-encoder-x.xx.jar を配置

Logstash Logback Encoder より logstash-logback-encoder-x.xx.jar をダウンロードします。
ダウンロードした jar ファイルを、WEB-INF/lib に配置します。

Accel Platform を起動し、アクセスすることで、ログが Elasticsearch に投入されます。
Kibana からインデックス名「request-*」で登録することで、データを表示することができます。

-CookBook

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

availability_check を利用した死活監視方法のご紹介

この CookBook では、availability_check を利用した死活監視方法について紹介しています。 availability_check を利用するには「Resinデータソース設定」モ …

no image

IM-BloomMaker 「リッチテーブル」エレメントのサンプル集

この CookBook では、intra-mart Accel Platform 2020 Spring から利用可能になった IM-BloomMaker のリッチテーブルエレメントの活用方法について …

スケジュールにログインしている本人しか表示されない場合の対応方法

このCookBookでは「intra-mart Accel Collaboration」スケジュール機能を利用する前の注意点について紹介しています。 お客様で「intra-mart Accel Col …

スプレッドシートのバインディングデータを別途テーブルに出力する方法

スプレッドシートのJsonデータとバインディングデータは、Formaヘッダーテーブルにバイナリカラムで格納されます。 Formaヘッダーテーブルに格納されたスプレッドシートデータは、登録データ情報管理 …

no image

テナント環境セットアップ時にテーブルが作成されるよう設定する

e Builderを利用して作成したアプリケーションにおいて、テナント環境セットアップ時に自動でテーブルが作成されるように設定する手順を紹介します。 今回は例として、CookBook:フォームに入力し …

RSSRSSRSSRSS