CookBook

ワークスペースとファイルライブラリ機能との連携

投稿日:

このCookBookでは、「intra-mart Accel Collaboration」の機能の1つであるワークスペースと「intra-mart Accel Collaboration」のファイルライブラリ機能との連携について紹介します。

「intra-mart Accel Collaboration」の機能の1つであるワークスペースでは、特定の集まりの中でIMBoxで議論したり情報をグループ内で共有したりすることができます。
ファイル共有アイテムを利用してワークスペース内にファイルを登録しておくことができますが、そのファイルをファイルライブラリの中にも登録することができます。
ワークスペースとファイルライブラリ機能との連携に関してご紹介いたします。

完成イメージ

ワークスペースのファイル共有アイテムに登録されているファイルをファイルライブラリにコピーできるようになります。

レシピ

  1. ワークスペース上に「ファイル共有」アイテムを設定します。
  2. ファイル共有アイテムにファイルを登録します。
  3. ファイルをファイルライブラリへコピーします。
  4. ファイルライブラリ画面からコピーされたファイルを確認します。

※画像は「intra-mart Accel Collaboration 2017 Summer」時点のものです。

1. ワークスペース上に「ファイル共有」アイテムを設定します。

2. ファイル共有アイテムにファイルを登録します。

3. ファイルをファイルライブラリへコピーします。

(1) 登録されたファイルの行のアイコンから「Copy to file library」を選択します。

(2) コピー先としてファイルライブラリのフォルダを選択します。

4. ファイルライブラリ画面からコピーされたファイルを確認します。

上記の通りにワークスペースはCollaboration内の機能と連携可能となります。
お客様の運用にあわせてご活用してみてはいかがでしょうか。

-CookBook
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スプレッドシートを実行画面でExcelファイルとしてエクスポートする方法

このCookBookでは、スプレッドシートを実行画面でExcelファイルとしてエクスポートする方法について紹介しています。 IM-FormaDesignerの実行画面から直接、画面アイテム「スプレッド …

IM-LogicDesignerを利用して、IM-Workflow完了案件の確認対象者を削除する

このCookBookでは、IM-LogicDesignerを利用して、IM-Workflow完了案件の確認対象者を削除する方法について紹介しています。 完了案件でも、確認対象者が確認することはできます …

no image

申請時の注意事項を添付ファイルとして配置する方法

このCookBookでは、申請時の注意事項を記載したファイルを、申請画面の添付ファイルとして配置する方法について紹介しています。 FormaDesignerの前処理プログラムで任意の添付ファイルを設定 …

BloomMakerでワークフロー処理モーダルを利用してWorkflowコンテンツを作成する

このCookBookでは、2020 Spring(8.0.25)でリリースした下記の機能を利用して、Workflowのコンテンツを作成する方法を紹介します。 IM-BloomMakerのアクションに、 …

スプレッドシートでForma入力チェックユーザプログラムを利用して入力チェックを実行する方法

このCookBookでは、スプレッドシートでForma入力チェックユーザプログラムを利用して入力チェックを実行する方法について紹介しています。 Formaの入力チェックプログラムでは以下の2つのチェッ …

RSSRSSRSSRSS