CookBook

Lombok のご紹介

投稿日:2017-10-17 更新日:

この CookBook では、Lombok について紹介しています。
intra-mart 開発本部では Lombok を利用しています。
Lombok を簡単に説明すると、「アノテーションを書くだけで setter や getter, toString などのメソッドを自動生成してくれるツール」です。

導入

  1. Project Lombok から、lombok.jar をダウンロードします。
  2. eclipse の場合 eclipse.ini, eBuilder の場合 eBuilder.ini ファイルに以下を追加します。
    -javaagent:lombok.jar
  3. eclipse.ini または eBuilder.ini があるディレクトリに、ダウンロードした lombok.jar ファイルを配置します。

lombok.jar は開発環境にのみ必要であり、実行環境には必要ありません。

利用例

行数 説明
5 Lombok の @Data アノテーションを設定します。

以下のように、各 private フィールドの getter, setter, toString, equals, hashCode が自動で生成されています。

@Data アノテーションについての詳細はこちらをご覧ください。

このように、lombok を使うことでわずらわしい実装を行わなくて済むようになります。
また、eclipse などのツールからソースコードを生成するのと比べて、フィールドが増えた際に実装の修正を忘れてしまうといった不注意を防ぐ事もできます。

Lombok には @Data 以外にも豊富な機能があります。
詳細はこちらをご覧ください。

この CookBook では、Lombok についてご紹介しました。
是非ご活用ください。

-CookBook

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Formaでスクリプトアイテムを使い、ボタン・見出し等の色やサイズを変更する方法

このCookBookでは、Formaでスクリプトアイテムを使い、デザインを変更する方法をご紹介します。 サンプルでは、「ボタンアイテム」の背景色の変更・「見出し」の背景色の変更・「ラジオボタン」のボタ …

no image

外部連携の後処理で任意のエラーメッセージを表示する

このCookbookでは、外部連携の後処理で任意のエラーメッセージを表示する方法を紹介します。 この方法を活用することにより、外部連携の後処理ででエラーが発生した場合、利用者に内容を通知することができ …

no image

Formaの実行画面でセッションを維持するには

このCookbookでは、IM-FormaDesignerの実行画面でセッションを維持する方法を記載します。 この方法を利用すると、通常は時間制限によりタイムアウトしてしまうログインセッションを、自動 …

no image

IM-LogicDesignerで、ファイルアップロードに添付されたファイルの内容を、画面上に表示させる方法

このCookBookでは、IM-LogicDesignerで、ファイルアップロードに添付されたファイルの内容を、画面上に表示させる方法を紹介します。 完成イメージ 完成サンプル 以下の完成サンプルをダ …

no image

IM-LogicDesignerのIM-ContentsSearch コンテンツ登録タスク利用例

このCookBookでは、IM-LogicDesignerのIM-ContentsSearch コンテンツ登録タスクの利用例を紹介します。 IM-BISで作成したワークフローの案件終了処理で、画面項目 …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS