CookBook

Lombok のご紹介

投稿日:2017-10-17 更新日:

この CookBook では、Lombok について紹介しています。
intra-mart 開発本部では Lombok を利用しています。
Lombok を簡単に説明すると、「アノテーションを書くだけで setter や getter, toString などのメソッドを自動生成してくれるツール」です。

導入

  1. Project Lombok から、lombok.jar をダウンロードします。
  2. eclipse の場合 eclipse.ini, eBuilder の場合 eBuilder.ini ファイルに以下を追加します。
    -javaagent:lombok.jar
  3. eclipse.ini または eBuilder.ini があるディレクトリに、ダウンロードした lombok.jar ファイルを配置します。

lombok.jar は開発環境にのみ必要であり、実行環境には必要ありません。

利用例

行数 説明
5 Lombok の @Data アノテーションを設定します。

以下のように、各 private フィールドの getter, setter, toString, equals, hashCode が自動で生成されています。

@Data アノテーションについての詳細はこちらをご覧ください。

このように、lombok を使うことでわずらわしい実装を行わなくて済むようになります。
また、eclipse などのツールからソースコードを生成するのと比べて、フィールドが増えた際に実装の修正を忘れてしまうといった不注意を防ぐ事もできます。

Lombok には @Data 以外にも豊富な機能があります。
詳細はこちらをご覧ください。

この CookBook では、Lombok についてご紹介しました。
是非ご活用ください。

-CookBook

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

IM-FormaDesignerで作成したフォーム内でIME入力モードを制御する方法【IE・EDGE】

このCookbookでは、IM-FormaDesignerで作成したフォーム内の 画面アイテム「文字列」と画面アイテム「グリッドテーブル」のIME入力モードを制御する方法を紹介します。 入力モードを制 …

no image

画面操作方法によって画面アイテムの入力チェックを切り替える方法

このCookBookでは、IM-FormaDesignerの入力チェックプログラムで、画面の操作方法に応じた入力チェックを設定する方法を紹介します。 この方法は、以下の製品で作成したアプリケーションや …

no image

ウォッチ機能のご紹介

このCookBookでは「intra-mart Accel Collaboration」に備わっているウォッチ機能のご紹介です。 各会社様でグループで仕事をする機会が多いと思います。 仕事を行う上で、 …

no image

Forma標準アプリとIM-LogicDesignerを利用してBISワークフローを一括申請する方法

このCookBookでは、Forma標準アプリとLogicDesignerを利用して、BISワークフローを一括申請する方法を説明します。 完成イメージ ① グリッドテーブルの各行を、それぞれ案件として …

no image

request.log を Kibana で可視化する方法

この CookBook では、request.log を Kibana で可視化する方法について紹介しています。 方法は色々ありますが、この CookBook では Logstash と logsta …