CookBook

IM-BISの処理画面でIMBoxのチャットを利用してコミュニケーションする方法

投稿日:2018-07-31 更新日:

このCookBookでは、IM-BISの処理画面でIMBoxのチャットを利用してコミュニケーションする方法を紹介しています。
本稿では、案件単位にIMBoxのダイレクトメッセージ(以降DM)を作成し、DM上でやり取りをしながら承認処理をすることを想定しています。

それ以外でも、IMBoxのMessageの宛先を変更したり、案件単位ではなくフロー単位でMessageを作成したり、コミュニケーションの範囲を変更することで要件に沿った利用が考えられます。

完成イメージ


案件を開始する際にDMを投稿してDMスレッドの宛先に処理対象者を追加することで、処理対象者は処理画面を参照しながらIMBoxのチャットを利用してコミュニケーションすることができます。

  • 申請画面

  • 処理画面

完成サンプル

以下の完成サンプルをダウンロードしてご活用ください。
なお、以下のサンプルはintra-mart Accel Platform 2018 Summer以降の環境で動作します。

種類 定義名 補足説明
フロー定義 im_cookbook_136809_flow_sendDirectMessage ダイレクトメッセージを投稿するアクション処理のフロー定義です。
フロー定義 im_cookbook_136809_flow_addAddress ダイレクトメッセージスレッドの宛先にメンバーを追加する到達処理のフロー定義です。
ユーザ定義 im_cookbook_136809_user_addAddress ダイレクトメッセージスレッドの宛先にメンバーを追加するユーザ定義です。
フロー定義 im_cookbook_136809_flow_getDMThreadId 処理画面でダイレクトメッセージのスレッドIDを取得するデータソースのフロー定義です。
種類 定義名 補足説明
BIS定義 im_cookbook_136809_bis サンプルBIS定義です。
データソース定義 im_cookbook_136809_bis_datasource 処理画面でダイレクトメッセージのスレッドIDを取得するデータソースです。

レシピ

  1. 処理画面でIMBoxのチャットを利用する
  2. ロジックフローを作成する
  3. ロジックフローを利用する
  4. データソース定義を登録する
  5. BIS定義を登録する
  6. 処理画面でIMBoxのチャットを利用する

IMBoxのチャット表示設定をする

BIS定義の処理画面でIMBoxのチャットを利用するためのチャット表示設定を行います。
チャット表示設定ファイルを設定場所に配置します。
intra-mart Accel Platform 設定ファイルリファレンス - チャット表示設定

ロジックフローを作成する

ロジックフローを作成します。

  • im_cookbook_136809_flow_sendDirectMessage
    申請ノードのサクション処理のフロー定義です。
    申請画面で入力した案件名とコメントをメッセージにした案件のダイレクトメッセージを投稿します。
    投稿した案件のダイレクトメッセージスレッドのタスクIDをユーザデータ案件プロパティ情報に登録します。
    以下タスクを利用しています。

    • ダイレクトメッセージを投稿するタスク
    • ユーザデータ案件プロパティ情報を登録・更新するタスク
  • im_cookbook_136809_flow_addAddress
    承認ノードの到達処理のフロー定義です。
    案件のダイレクトメッセージスレッドの宛先に展開されている処理対象者を追加します。
    以下タスクを利用しています。

    • ユーザデータ案件プロパティ情報を取得するタスク
    • 処理対象者を取得するタスク
    • im_cookbook_136809_user_addAddress
      スレッドの宛先にメンバーを追加するユーザ定義(JavaScript)タスク
  • im_cookbook_136809_flow_getDMThreadId
    データソース定義のフロー定義です。
    案件のダイレクトメッセージスレッドのスレッドIDを取得します。
    以下タスクを利用しています。

    • ユーザデータ案件プロパティ情報を取得するタスク

ロジックフローを利用する

作成したロジックフローをワークフローのユーザプログラムとして利用するためのリソース設定を行います。
intra-mart Accel Platform IM-Workflow 管理者操作ガイド - ロジックフローを利用する

  • im_cookbook_136809_flow_sendDirectMessage
  • im_cookbook_136809_flow_addAddress

データソース定義を登録する

作成したロジックフローを処理画面の外部連携で利用するためのデータソース定義を登録します。
IM-BIS for Accel Platform システム管理者 操作ガイド - LogicDesigner

  • im_cookbook_136809_flow_getDMThreadId

BIS定義を登録する

ダイレクトメッセージのスレッドIDを保持するためのアイテムを配置した処理画面を作成します。
アクション設定の初期表示イベントを追加します。

  • ダイレクトメッセージのスレッドIDを取得する外部連携を追加します。
    IM-BIS for Accel Platform IM-BIS 仕様書 - 外部連携

  • アクション設定の初期表示イベントにIMBoxのチャットを表示するカスタムスクリプトを追加します。
    $.imbox.chat.startChat({threadId:ダイレクトメッセージのスレッドID});

処理画面でIMBoxのチャットを利用する

処理対象者は処理画面のIMBoxのチャットで申請時に投稿された案件のダイレクトメッセージを利用できます。

-CookBook
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

入力画面の後に入力内容の確認画面を設定する方法

このCookbookでは、入力画面からの登録時に入力内容の確認画面を設定する方法を説明します。 この方法は、以下の製品で作成したアプリケーションやフローで利用できます。 IM-FormaDesigne …

no image

特定フローの特定ノードで、処理中の案件に対し、任意の処理対象者を追加する方法

このCookBookでは、LogicDesignerを利用して、特定フローの特定ノードで、処理中の案件に対し、任意の処理対象者を追加する方法について紹介しています。 人事異動で担当者が追加となり、複数 …

画面アイテム「グリッドテーブル」で全行クリアする方法

このCookBookでは、IM-BISの画面アイテムであるグリッドテーブルで、入力データを全行クリアする方法について紹介します。 「グリッドテーブル」は、jqGridを利用しており、入力されたデータを …

no image

Forma標準アプリとIM-LogicDesignerを利用してBISワークフローを一括申請する方法

このCookBookでは、Forma標準アプリとLogicDesignerを利用して、BISワークフローを一括申請する方法を説明します。 完成イメージ ① グリッドテーブルの各行を、それぞれ案件として …

no image

ワークスペースとスケジュール機能との連携

このCookBookでは、「intra-mart Accel Collaboration」の機能の1つであるワークスペースと「intra-mart Accel Collaboration」のスケジュー …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS