CookBook

Resin の Docker を作成する。

投稿日:2018-06-28 更新日:

この CookBook では、Resin の Docker の作成手順について紹介しています。

レシピ

  1. ベースイメージの作成
  2. Resin の Docker イメージを作成します
  3. 実行します

1. ベースイメージの作成

CentOS 6.9 を使用します。

Dockerfile

ロケールを ja_JP, タイムゾーンを Asia/Tokyo に変更し、root/password で ssh 接続ができるように設定します。

mycentos:6.9 というタグでビルドします。

2. Resin の Docker イメージを作成します

先ほど作成したベースイメージを利用します。
jdk-8u172-linux-x64.tar.gz を事前にダウンロードしておきます。

Dockerfile

細かいセットアップはシェルスクリプトに逃がし、Dockerfile からはそれを実行するようにします。
これにより、Dockerfile をシンプルにでき、かつイメージ容量の削減にもつながります。

setup_jdk.sh

Resin のセットアップスクリプトです。

setup_resin.sh

以下の変更を加えています。

docker run 時に実行するスクリプトです。

run.sh

sshd と Resin を起動しています。

myresin というタグでビルドします。

3. 実行します

root/password で ssh 接続ができるようになっています。
あくまで検証用の Docker としてこのように設定しているため、セキュリティにはご注意ください。

このように、Docker イメージ化するだけで、検証用の Resin をすぐに準備できます。
是非ご活用ください。

-CookBook

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

物理マシン 1 台で Resin のクラスタリング環境を構築する

この CookBook では、物理マシン 1 台で Resin のクラスタリング環境を構築する手順について紹介しています。 Resin のクラスタリングを構築するには通常複数台のマシンが必要ですが、D …

no image

スクリプト開発モデルで作成した1つのページソースを複数の画面で利用する

このCookBookでは、任意のスクリプト開発モデルプログラムをコールして部分ページソース挿入を行う方法を紹介します。 部分ページソース挿入は<imart type=”include”>タ …

no image

OAuth2.0 の アクセストークンを Box から取得する方法

このクックブックでは、OAuth2.0 の アクセストークンを Box から取得する方法を説明します。 intra-mart Accel Platformでは、OAuth2.0 の アクセストークンを …

標準の画面アイテムを利用して「先頭へ戻る」ボタンを実現する

このCookBookでは、標準の画面アイテムを利用して「先頭へ戻る」ボタンを実現する方法について紹介しています。 本稿では、表示する項目が多く縦長い画面で下へスクロールすると右下に「先頭へ戻る」ボタン …

no image

CookBookからダウンロードしてきたプロジェクトのインポート方法

このCookBookでは、他のCookBookからダウンロードしてきたe Builderのモジュール・プロジェクトのインポートについて紹介しています。 プロジェクトをインポートし、プロジェクトの設定を …

RSSRSSRSSRSS