CookBook

e Builder から Payara を起動する方法

投稿日:2018-08-09 更新日:

この CookBook では、e Builder から Payara を起動する方法について紹介しています。

レシピ

  1. External Tools を表示します。
  2. Program を追加します。
  3. Program を設定します。
  4. External Tools から設定した Program を起動します。

1. External Tools を表示します。

ツールバーの External Tools をクリックします。

2. Program を追加します。

Program 上で右クリックし、New を選択します。

3. Program を設定します。

項目 説明
Name 任意の名前を指定します。ここでは、start.bat を指定します
Location start.bat のパスを指定します
Working Directory start.bat が含まれるディレクトリのパスを指定します

Common タブを開き、Display in favorites menu で選択します。

4. External Tools から設定した Program を起動します。

External Tools より start.bat をクリックします。

Payara が起動し、ログがコンソールに出力されます。

まとめ

このように、External Tools を利用することで Payara を e Builder から起動することができます。
ご活用ください。

-CookBook

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

申請時の注意事項を添付ファイルとして配置する方法

このCookBookでは、申請時の注意事項を記載したファイルを、申請画面の添付ファイルとして配置する方法について紹介しています。 FormaDesignerの前処理プログラムで任意の添付ファイルを設定 …

no image

IMBox の「Like!」を別のキャプションにする方法

この Cookbook では、IMBox の「Like!」を別のキャプションにする方法を紹介します。 具体的には、「Like!」を「確認」に変更する方法を紹介します。 この Cookbook では、日 …

no image

Cassandra の Docker を作成する。

この CookBook では、Cassandra の Docker の作成手順について紹介しています。 レシピ ベースイメージの作成 Cassandra の Docker イメージを作成します 実行し …

no image

スクリプト開発した画面にバリデーション(入力チェック)を実装する

このCookBookでは、作成した画面項目に対してバリデーション(入力チェック)を設定する方法をご紹介します。 今回はスクリプト開発で登録フォームを作成するで作成した画面項目に対して、クライアントサイ …

no image

グリッドテーブルのイメージからワークフローの案件内容を表示するには

このCookbookでは、グリッドテーブルの「イメージ」から申請済みの案件の詳細画面を呼び出す方法を紹介します。 この方法を利用すると別の案件を参照しながら新しく申請を行うことができます。 BISで作 …

RSSRSSRSSRSS