CookBook

画面アイテム「グリッドテーブル」で全行クリアする方法

投稿日:

このCookBookでは、IM-BISの画面アイテムであるグリッドテーブルで、入力データを全行クリアする方法について紹介します。
「グリッドテーブル」は、jqGridを利用しており、入力されたデータをすべてクリアする場合、jqGridのスクリプトclearGridData()を使うことで実現可能です。

前提条件

  • バージョン2018Summer以降の環境
  • IM-BISが環境に含まれています

完成イメージ

レシピ

  1. 「グリッドテーブル」を配置する
  2. スクリプトを記述した汎用アイテム「ボタン(イベント)」を配置する

「グリッドテーブル」を配置する

ツールキットの入力アイテムよりグリッドテーブルを選択、配置します。
プロパティ画面を開き、テーブル識別IDを設定してください。
この記事では、デフォルトのgt1というテーブル識別IDの利用を前提としてご紹介します。

スクリプトを記述した汎用アイテム「ボタン(イベント)」を配置する

ツールキットの汎用アイテムよりボタン(イベント)を選択、配置します。
プロパティ画面を開き、スクリプトタブを選択し以下を記述します。

フォームを更新したら完成です。
完成イメージのように値を入力し、ボタン(イベント)を押下することでグリッドテーブル全行がクリアされます。

-CookBook
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Milkode のご紹介

この CookBook では、Milkode について紹介しています。 intra-mart 開発本部ではソースコード検索エンジンとして Milkode を利用しています。 導入 導入は Instal …

no image

No.8 Excel からの一括ユーザ一括登録

この記事は、EWS 2017で行われたLogicDesignerの講演内容に関する記事です。 こちらの例では、LogicDesignerを利用して、入社や組織変更等の発生時に有用なExcelファイルの …

no image

OAuth2.0 の アクセストークンを Google から取得する方法

このクックブックでは、OAuth2.0 の アクセストークンを Google から取得する方法を説明します。 intra-mart Accel Platformでは、OAuth2.0 の アクセストー …

no image

BISやFormaのテーブルにCSVファイルからのインポート・エクスポートを行うには

このCookbookでは、明細テーブルやグリッドテーブルとCSVファイルを連携する方法を紹介します。 この方法を活用することにより、明細テーブルやグリッドテーブルへの入力の手間を軽減できます。 完成イ …

標準の画面アイテムを利用して「先頭へ戻る」ボタンを実現する

このCookBookでは、標準の画面アイテムを利用して「先頭へ戻る」ボタンを実現する方法について紹介しています。 本稿では、表示する項目が多く縦長い画面で下へスクロールすると右下に「先頭へ戻る」ボタン …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS