CookBook

画面アイテム「グリッドテーブル」で全行クリアする方法

投稿日:

このCookBookでは、IM-BISの画面アイテムであるグリッドテーブルで、入力データを全行クリアする方法について紹介します。
「グリッドテーブル」は、jqGridを利用しており、入力されたデータをすべてクリアする場合、jqGridのスクリプトclearGridData()を使うことで実現可能です。

前提条件

  • バージョン2018Summer以降の環境
  • IM-BISが環境に含まれています

完成イメージ

レシピ

  1. 「グリッドテーブル」を配置する
  2. スクリプトを記述した汎用アイテム「ボタン(イベント)」を配置する

「グリッドテーブル」を配置する

ツールキットの入力アイテムよりグリッドテーブルを選択、配置します。
プロパティ画面を開き、テーブル識別IDを設定してください。
この記事では、デフォルトのgt1というテーブル識別IDの利用を前提としてご紹介します。

スクリプトを記述した汎用アイテム「ボタン(イベント)」を配置する

ツールキットの汎用アイテムよりボタン(イベント)を選択、配置します。
プロパティ画面を開き、スクリプトタブを選択し以下を記述します。

フォームを更新したら完成です。
完成イメージのように値を入力し、ボタン(イベント)を押下することでグリッドテーブル全行がクリアされます。

-CookBook
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

前回のログイン時刻を表示するポートレットの作成方法

このクックブックでは、前回のログイン時刻を表示するポートレットの作成方法をご紹介します。 具体的には、以下の3つの情報を表示するポートレットを作成します。 前回のログイン時刻 前回ログイン時のIPアド …

no image

スクリプト開発でのCSRF対策(formタグ編)

Cross Site Request Forgery(CSRF)とは、閲覧者に不正にHTTPリクエストを送信させ、攻撃者の意図した処理を実行させる攻撃手法です。 このCookBookでは、スクリプト開 …

no image

グリッドテーブルのイメージからワークフローの案件内容を表示するには

このCookbookでは、グリッドテーブルの「イメージ」から申請済みの案件の詳細画面を呼び出す方法を紹介します。 この方法を利用すると別の案件を参照しながら新しく申請を行うことができます。 BISで作 …

no image

スクリプト開発で利用できる close 関数のご紹介

この CookBook では、スクリプト開発で利用できる close 関数について紹介します。 スクリプト開発では作成した js ファイルの中に init と言う名前の関数を定義すると思いますが、この …

no image

テナント環境セットアップでテナント固有の属性を登録する。

この CookBook では以下の方法を紹介します。 テナント環境セットアップでテナント固有の属性を登録する方法。 システム管理者のテナント管理画面で、テナント固有の属性を編集する方法。 今回は「外部 …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS