CookBook

intra-mart WebPlatform をサイレントインストールする方法

投稿日:2018-10-03 更新日:

この CookBook では、intra-mart WebPlatform をサイレントインストールする方法について紹介しています。
インストーラのサイレント・モードについては以下のセットアップに記載されています。本 CookBook と併せて参照してください。
intra-mart WebPlatform Ver.7.2 - 3.2.5 インストーラのサイレント・モードについて

インストーラを起動する際に以下のように-s 設定ファイル名を指定することで、
java –jar ./setup.jar -s 設定ファイル名
セットアップ時に入力したオプションやインストール先などの情報を設定ファイルに出力することができます。
出力した設定ファイルを以下のように-f 設定ファイル名と指定することで、その設定を用いながらサイレントインストールを行うことができます。
java –jar ./setup.jar -f 設定ファイル名

インストーラのサイレント・モードは Ver.5.1 ~ Ver.7.2 で利用可能です。

レシピ

  1. -s オプションを指定して通常セットアップを行う
  2. -f オプションを指定してインストーラを起動する

1. -s オプションを指定して通常セットアップを行う

以下のコマンドを実行します。
java -jar ./setup.jar -s config.txt -con

実行すると、インストーラにいくつか設定を聞かれますので、環境に合わせてに設定します。

セットアップを行うと、config.txt というファイルが作成されます。
ファイルの中身は、以下のようになっており、セットアップ中に入力した設定内容が保存されています。

2. -f オプションを指定してインストーラを起動する

以下のように、作成した config.txt を読み込ませることでセットアップを実行します。
java -jar ./setup.jar -f config.txt

ここでは、以下のように入力し、セットアップを行います。

-f オプションを指定したことで、インストーラに設定項目を聞かれることなく、サイレントインストールを行うことができます。

このように、-s, -f オプションを利用することでサイレントインストールを行うことができます。
複数の環境へのセットアップを効率的に行いたい場合、Docker イメージを作成する場合等で効果を発揮します。

是非ご活用ください。

-CookBook

執筆者:


  1. […] サイレントインストールについては intra-mart WebPlatform をサイレントインストールする方法を参照してください。 さらに、以下のように data-source.xml, http.xml […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スプレッドシートのバインディングデータを別途テーブルに出力する方法

スプレッドシートのJsonデータとバインディングデータは、Formaヘッダーテーブルにバイナリカラムで格納されます。 Formaヘッダーテーブルに格納されたスプレッドシートデータは、登録データ情報管理 …

no image

グリッドテーブルのイメージからワークフローの案件内容を表示するには

このCookbookでは、グリッドテーブルの「イメージ」から申請済みの案件の詳細画面を呼び出す方法を紹介します。 この方法を利用すると別の案件を参照しながら新しく申請を行うことができます。 BISで作 …

no image

承認ノードの画面アイテムに任意の初期値を設定する方法

このCookBookでは、BISワークフローにおいて、承認ノードの画面アイテムに任意の初期値を設定する方法を紹介します。 画面アイテムに任意の初期値を設定する方法としては、画面アイテムプロパティである …

結合処理で「多数決」承認機能を実現する

このCookBookでは、「多数決」承認機能を実現する方法について紹介しています。 完成イメージ 以下の完成サンプルをダウンロードしてご活用ください。 im_logicdesigner-data-14 …

no image

OAuth2.0 の アクセストークンを Google から取得する方法

このクックブックでは、OAuth2.0 の アクセストークンを Google から取得する方法を説明します。 intra-mart Accel Platformでは、OAuth2.0 の アクセストー …

RSSRSSRSSRSS