CookBook

IMBox に投稿種別を追加する方法(iframe)

投稿日:

この CookBook では、IMBox に投稿種別を追加する方法について紹介しています。
以下のドキュメントを参照することで、IMBox に投稿種別を追加することができます。
IMBox プログラミングガイド - メッセージ種別追加プログラム

この CookBook では、入力された URL を iframe で表示する投稿種別を追加します。

完成イメージ


1. 投稿種別に「メッセージ(iframe)」を選択します。
2. メッセージを入力します。
3. 投稿します。

完成サンプル

以下の完成サンプルをダウンロードしてご活用ください。

e builder プロジェクト : im_cookbook_152112.zip
imm ファイル : im_cookbook_152112-1.0.0.imm

ローカル環境で表示させる場合は、以下のURLにアクセスしてください。
http://localhost:8080/imart/imbox
なおベースURLである以下の部分は、環境に合わせて適宜変更してください。
http://localhost:8080/imart

レシピ

  1. imbox-message-config を作成します。
  2. 投稿処理を作成します。
  3. タイムライン表示画面を作成します。

1. imbox-message-config を作成します。

src/main/conf/imbox-message-config/imbox-message-config_im_cookbook_152112.xml

行数 説明
12 メッセージ種別名称を設定します。
13 投稿欄表示用のファイルパスを設定します。
14 タイムライン表示用のファイルパスを設定します。

2. 投稿処理を作成します。

src/main/jssp/src/im_cookbook_152112/message_type/views/type_iframe.js

src/main/jssp/src/im_cookbook_152112/message_type/views/type_iframe.html

行数 説明
19 iframe の URL を入力用コントロールです。
22 本文入力用のコントロールです。
37-38 URL と本文を取得し、アトリビュートとして設定します。

3. タイムライン表示画面を作成します。

src/im_cookbook_152112/message_type/views/iframe_timeline.js

行数 説明
8 送信されたメッセージを取得します。
11 送信された URL を取得します。
17-19 iframe 要素の ID, iframe を最大化して表示するリンク要素の ID, iframe を最大化して表示するダイアログ要素の ID を生成します。
src/im_cookbook_152112/message_type/views/iframe_timeline.html

行数 説明
14 iframe を表示します。
15 最大化リンクを表示します。クリックすると、iframe を画面の最大サイズのダイアログ内に表示します。
16 最大化リンククリック時に表示するダイアログです。
21 iframe の読み込み完了時に、最大化リンクを表示する処理です。
24 最大化リンククリック時に、ダイアログを表示する処理です。

まとめ

この CookBook では、iframe を表示できるメッセージ種別を追加する方法を紹介しました。
是非ご活用ください。

-CookBook

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

IM-BloomMaker フォーム部品(Bulma)を使用したバリデーション処理の作成

このCookBookでは、intra-mart Accel Platform 2020 Summer から利用可能になった コンテンツ種別「Bulma」の「フォーム部品(Bulma)」を使用したバリデ …

no image

Formaのスクリプトから処理対象者を制御するには

このCookBookでは、スクリプトを利用してIM-Workflowの動的ノード(動的承認、縦配置、横配置)の処理対象者を制御する方法をご紹介します。 スクリプトから動的処理対象者設定機能を利用するこ …

no image

No.5 外部サイトの定期監視

この記事は、EWS 2017で行われたLogicDesignerの講演内容に関する記事です。 こちらの例では、LogicDesignerからIM-FormaDesigner / IM-BIS / IM …

Formaでスクリプトアイテムを使い、ボタン・見出し等の色やサイズを変更する方法

このCookBookでは、Formaでスクリプトアイテムを使い、デザインを変更する方法をご紹介します。 サンプルでは、「ボタンアイテム」の背景色の変更・「見出し」の背景色の変更・「ラジオボタン」のボタ …

ワークフローの参照者を動的に設定する

このCookbookでは、IM-Workflow 2018 Springから新たに追加された 処理対象者プラグイン「ロジックフロー(ユーザ)」 の設定方法を紹介いたします。 この機能を利用すると、申請 …

RSSRSSRSSRSS