CookBook

スプレッドシートでシートの保護を利用して、ノード毎に入力セルを制御する

投稿日:

このCookBookでは、スプレッドシートでシートの保護を利用して、ノード毎に入力セルを制御する方法について紹介しています。

Excelでは、シートの保護を利用して、特定のセルのみ入力できるように制御することができます。
ここではシートの保護機能を利用し、申請ノードと承認ノードでそれぞれ特定の項目のみ入力できるようにします。

完成イメージ


① 申請ノードでのみ入力できる
② 承認ノードでのみ入力できる

完成サンプル

以下の完成サンプルをダウンロードしてご活用ください。

サンプルは以下の環境で動作を確認できます。

  • intra-mart Accel Platform(Advanced) 2018 Winter(8.0.21), IM-BIS 2018 Winter(8.0.18)以降のバージョンであること
  • テナント環境セットアップで、サンプルデータがインポート済みであること

レシピ

  1. 申請画面を設定する。
  2. 承認画面を設定する。
  3. ワークフローを申請する。

設定項目の詳細は、添付のサンプルを参照してください。

1. 申請画面を設定する。

BISワークフローを作成します。
申請画面に画面アイテム「スプレッドシート」を配置し、①部分以外を保護したExcelをインポートします。
シートDB登録をOFF、バインディング値DB登録をONに設定します。
申請ノード、承認ノードでそれぞれ入力対象としたい①②部分をバインディング値として設定します。

シートDB登録をOFFにすることで、シート全体は保存されないため、ノード毎に設定した別のスプレッドシートを表示することができます。
また、バインディング値DB登録をONにすることで、特定のセルの入力値はノード間で持ちまわることができます。

2. 承認画面を設定する。

フロー編集画面で申請画面をコピーし、承認画面に貼り付けます。
承認画面の画面アイテム「スプレッドシート」に対して、②部分以外を保護したExcelをインポートします。

申請画面と同様に、シートDB登録をOFF、バインディング値DB登録をONに設定します。
また、申請ノード、承認ノードでそれぞれ入力対象としたい①②部分をバインディング値として設定します。
(申請画面をコピーした場合は設定済み)

ノード間で同じスプレッドシートIDのアイテムを配置することで、バインディング値はノード間で持ちまわることができます。
シートDB登録をONとした場合は、スプレッドシート全体が保存されるため、申請ノードで保存されたスプレッドシートがそのまま承認ノードで表示されます。
そのため、承認ノードで別スプレッドシートを設定しても、その内容は表示されません。

5. ワークフローを申請する。

申請ノードと承認ノードで、それぞれ入力可能なセルが異なっていることが確認できます。

-CookBook
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

スクリプト開発した画面にバリデーション(入力チェック)を実装する

このCookBookでは、作成した画面項目に対してバリデーション(入力チェック)を設定する方法をご紹介します。 今回はスクリプト開発で登録フォームを作成するで作成した画面項目に対して、クライアントサイ …

no image

intra-martのアプリケーションをセットアップする

このCookBookでは、intra-mart Accel Collaborationをセットアップしてアプリケーションを使える状態にする方法を紹介します。レシピの最後では、実際にintra-mart …

no image

申請画面の入力データをExcelファイルにダウンロードする

このCookbookでは、IM-BIS 2017 Winterから新たに追加された「 外部連携のレスポンスとして、ファイルデータを受け取る 」機能を利用する方法を紹介いたします。 BISで作成した申請 …

no image

imuiValidateでhiddenの隠し要素をバリデーションする方法

このCookBookでは、imuiValidateでhiddenの隠し要素をバリデーションする方法について紹介しています。 今回は閉じられたimuiGadgetBar 内の入力項目に対して、クライアン …

no image

Forma標準アプリとIM-LogicDesignerを利用してBISワークフローを一括申請する方法

このCookBookでは、Forma標準アプリとLogicDesignerを利用して、BISワークフローを一括申請する方法を説明します。 完成イメージ ① グリッドテーブルの各行を、それぞれ案件として …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS