CookBook

スプレッドシートでシートの保護を利用して、ノード毎に入力セルを制御する

投稿日:

このCookBookでは、スプレッドシートでシートの保護を利用して、ノード毎に入力セルを制御する方法について紹介しています。

Excelでは、シートの保護を利用して、特定のセルのみ入力できるように制御することができます。
ここではシートの保護機能を利用し、申請ノードと承認ノードでそれぞれ特定の項目のみ入力できるようにします。

完成イメージ


① 申請ノードでのみ入力できる
② 承認ノードでのみ入力できる

完成サンプル

以下の完成サンプルをダウンロードしてご活用ください。

サンプルは以下の環境で動作を確認できます。

  • intra-mart Accel Platform(Advanced) 2018 Winter(8.0.21), IM-BIS 2018 Winter(8.0.18)以降のバージョンであること
  • テナント環境セットアップで、サンプルデータがインポート済みであること

レシピ

  1. 申請画面を設定する。
  2. 承認画面を設定する。
  3. ワークフローを申請する。

設定項目の詳細は、添付のサンプルを参照してください。

1. 申請画面を設定する。

BISワークフローを作成します。
申請画面に画面アイテム「スプレッドシート」を配置し、①部分以外を保護したExcelをインポートします。
シートDB登録をOFF、バインディング値DB登録をONに設定します。
申請ノード、承認ノードでそれぞれ入力対象としたい①②部分をバインディング値として設定します。

シートDB登録をOFFにすることで、シート全体は保存されないため、ノード毎に設定した別のスプレッドシートを表示することができます。
また、バインディング値DB登録をONにすることで、特定のセルの入力値はノード間で持ちまわることができます。

2. 承認画面を設定する。

フロー編集画面で申請画面をコピーし、承認画面に貼り付けます。
承認画面の画面アイテム「スプレッドシート」に対して、②部分以外を保護したExcelをインポートします。

申請画面と同様に、シートDB登録をOFF、バインディング値DB登録をONに設定します。
また、申請ノード、承認ノードでそれぞれ入力対象としたい①②部分をバインディング値として設定します。
(申請画面をコピーした場合は設定済み)

ノード間で同じスプレッドシートIDのアイテムを配置することで、バインディング値はノード間で持ちまわることができます。
シートDB登録をONとした場合は、スプレッドシート全体が保存されるため、申請ノードで保存されたスプレッドシートがそのまま承認ノードで表示されます。
そのため、承認ノードで別スプレッドシートを設定しても、その内容は表示されません。

5. ワークフローを申請する。

申請ノードと承認ノードで、それぞれ入力可能なセルが異なっていることが確認できます。

-CookBook
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ライブラリのバージョン監視に応用可能なロジックフローの作り方

このCookBookでは、IM-LogicDesignerを利用して、指定したURLのHTMLから正規表現を利用して任意の文字列を取得する方法を紹介します。 JavaScript定義とREST定義を作 …

no image

Docker Swarm を利用して Payara のクラスタリングを構築する。

この CookBook では、Docker Swarm を利用して Payara のクラスタリングを構築する手順について紹介しています。 intra-mart Accel Platform のクラスタ …

no image

PostgreSQL の Docker を作成する。

この CookBook では、PostgreSQL 検証用の Docker の作成手順について紹介しています。 レシピ ベースイメージの作成 PostgreSQL の Docker イメージを作成しま …

no image

画面UI部品(imuiValidate)のバリデーションメッセージを任意の場所に表示する方法

このCookBookでは、画面UI部品のバリデーションメッセージを任意の場所に表示する方法について紹介しています。 intra-mart Accel Platform では、画面上に配置したUI部品の …

no image

BISやFormaのテーブルにCSVファイルからのインポート・エクスポートを行うには

このCookbookでは、明細テーブルやグリッドテーブルとCSVファイルを連携する方法を紹介します。 この方法を活用することにより、明細テーブルやグリッドテーブルへの入力の手間を軽減できます。 完成イ …

RSSRSSRSSRSS