CookBook

Oracle Cloud に iAP を構築する方法

投稿日:

この CookBook では、Oracle Cloud に iAP を構築する方法について紹介しています。
Oracle Cloud では 2019/5/8 より東京リージョンが利用可能になりました。
これを記念して東京リージョンに iAP を構築するまでに必要となる手順を簡単に説明します。

レシピ

  1. Oracle Cloud のアカウントを作成します。
  2. 画面右上からリージョンを ap-tokyo-1 に変更します。
  3. 左ペインのメニューから [コンピュート] - [インスタンス] - [インスタンスの作成] を選択します。
  4. OS を変更する場合 [イメージ・ソースの変更] より変更します(この CookBook では CentOS 6.10 にします)
  5. [仮想マシン] をクリックして、インスタンスサイズを設定します(この CookBook では VM.Standard2.1 にします)
  6. sshキーを設定します。PuTTY などを利用して、SSH キーを生成します。その後、ssh-rsa から始まる文字列(puttygen の場合、画面上のテキストエリアに表示されています)を、[SSHキー] に貼り付けます。
  7. [作成] をクリックします。
  8. [プロビジョニング中...]となるため、5 分ほど待ちます。
  9. [実行中]となったら、パブリックIPアドレスの箇所をメモします(このインスタンスの IP になります)
  10. 続いて、セキュリティリストを設定していきます。Oracle Cloud では 22 ポートが全 IP に公開されており、これからインストールする Resin が利用する 8080 ポートは非公開になっています。なので、8080 ポートも公開します。仮想クラウド・ネットワーク横のリンクをクリックします。
  11. [パブリック・サブネットqskz:AP-TOKYO-1-AD-1] が表示されている箇所のリンクをクリックします。
  12. [Default Security List for vcn20190529085919] が表示されている箇所のリンクをクリックします。
  13. [イングレス・ルールの追加] をクリックし、図のように設定します。
  14. ssh 接続します
  15. SELinux/firewall を無効化します。
  16. Resin をセットアップします。
  17. iAP をセットアップします。

1. Oracle Cloud のアカウントを作成します。

https://myservices.us.oraclecloud.com/mycloud/signup
よりアカウントを作成します。
クレジットカード番号が手元にあれば 5 分で作成が可能です。

2. 画面右上からリージョンを ap-tokyo-1 に変更します。

おそらく最初から ap-tokyo-1 になっていると思いますが、なっていない場合変更します。

3. 左ペインのメニューから [コンピュート] - [インスタンス] - [インスタンスの作成] を選択します。

VMインスタンスを作成します。

4. OS を変更する場合 [イメージ・ソースの変更] より変更します(この CookBook では CentOS 6.10 にします)

利用したい OS をここで選択してください。
この CookBook では CentOS 6.10 にします。

5. [仮想マシン] をクリックして、インスタンスサイズを設定します(この CookBook では VM.Standard2.1 にします)

利用したいサイズを慎重に決定してください。

6. sshキーを設定します。PuTTY などを利用して、SSH キーを生成します。その後、ssh-rsa から始まる文字列(puttygen の場合、画面上のテキストエリアに表示されています)を、[SSHキー] に貼り付けます。

秘密鍵も忘れずに生成し、手元に保管してください。
以降では、oracle.pem を作成したとします。

7. [作成] をクリックします。

8. [プロビジョニング中...]となるため、5 分ほど待ちます。

9. [実行中]となったら、パブリックIPアドレスの箇所をメモします(このインスタンスの IP になります)

10. 続いて、セキュリティリストを設定していきます。Oracle Cloud では 22 ポートが全 IP に公開されており、これからインストールする Resin が利用する 8080 ポートは非公開になっています。なので、8080 ポートも公開します。仮想クラウド・ネットワーク横のリンクをクリックします。

ssh の接続を自社のみにしたい、といった場合、CIDR を 123.456.789.012/32 などと指定してください(123.456.789.012 からのみアクセス可能にする場合)。
同様に、8080 ポートの接続も制限したい場合、CIDR を適切に設定してください。

11. [パブリック・サブネットqskz:AP-TOKYO-1-AD-1] が表示されている箇所のリンクをクリックします。

12. [Default Security List for vcn20190529085919] が表示されている箇所のリンクをクリックします。

13. [イングレス・ルールの追加] をクリックし、図のように設定します。

14. ssh 接続します

ssh -i oracle.pem -p 22 opc@123.456.789.012 として、ssh 接続が可能です。
ユーザは opc です。
123.456.789.012 の部分は、メモしてあるインスタンスの IP に置き換えてください。
root が必要な場合、opc でログイン後に sudo su としてください。

15. SELinux/firewall を無効化します。

デフォルトでファイアーウォールが有効になっており、Resin の 8080 に外から接続できないため、ここでは簡易的に次のようにして無効化します。

16. Resin をセットアップします。

Product File Download より Resin をダウンロードし、以下を参考にしてセットアップします。
intra-mart Accel Platform セットアップガイド - Resin (Linux版)のインストール

17. iAP をセットアップします。

後は、以下の手順に従って war をデプロイ後、テナントセットアップを行ってください。
intra-mart Accel Platform セットアップガイド

以上です。
簡単ではありますが、Oracle Cloud を利用される際に、参考になれば幸いです。

-CookBook

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

案件一覧「My検索条件」の活用例

このCookbookでは、intra-mart Accel Platform 2019 Springから利用可能な、案件一覧画面にある「My検索条件」機能を活用し、任意の条件別にブックマークを作成する …

no image

設計書出力に任意のシートを追加する方法

このCookBookでは、BIS設計書出力機能で出力できるIM-Workflowフロー設計書およびBISフロー設計書に任意のシートを出力する方法について紹介しています。 完成イメージ 1. IM-BI …

REST API 経由でジョブネットを起動する方法

この CookBook では、REST API とを経由してジョブネットを実行する方法について紹介しています。 完成サンプル 以下の完成サンプルをダウンロードしてご活用ください。 LogicDesig …

no image

ラジオボタンの値やフォーカスによってアイテムの色を変更するには

このCookbookでは、カスタムスクリプトによるフィールドスタイルの変更方法を説明します。 アクション設定とカスタムスクリプトの組み合わせにより、入力値やフォーカスイベントに合わせてアイテムのスタイ …

IM-BloomMaker で作成した画面で、入力項目の値によってエレメントの表示・非表示を切り替える方法

このCookBookでは、IM-BloomMakerで入力系エレメントの入力値によってエレメントの表示/非表示を切り替える方法について紹介しています。 実際にサンプル画面を作成しながら解説を行います。 …

RSSRSSRSSRSS