CookBook

Oracle Cloud に iAP を構築する方法

投稿日:

この CookBook では、Oracle Cloud に iAP を構築する方法について紹介しています。
Oracle Cloud では 2019/5/8 より東京リージョンが利用可能になりました。
これを記念して東京リージョンに iAP を構築するまでに必要となる手順を簡単に説明します。

レシピ

  1. Oracle Cloud のアカウントを作成します。
  2. 画面右上からリージョンを ap-tokyo-1 に変更します。
  3. 左ペインのメニューから [コンピュート] - [インスタンス] - [インスタンスの作成] を選択します。
  4. OS を変更する場合 [イメージ・ソースの変更] より変更します(この CookBook では CentOS 6.10 にします)
  5. [仮想マシン] をクリックして、インスタンスサイズを設定します(この CookBook では VM.Standard2.1 にします)
  6. sshキーを設定します。PuTTY などを利用して、SSH キーを生成します。その後、ssh-rsa から始まる文字列(puttygen の場合、画面上のテキストエリアに表示されています)を、[SSHキー] に貼り付けます。
  7. [作成] をクリックします。
  8. [プロビジョニング中...]となるため、5 分ほど待ちます。
  9. [実行中]となったら、パブリックIPアドレスの箇所をメモします(このインスタンスの IP になります)
  10. 続いて、セキュリティリストを設定していきます。Oracle Cloud では 22 ポートが全 IP に公開されており、これからインストールする Resin が利用する 8080 ポートは非公開になっています。なので、8080 ポートも公開します。仮想クラウド・ネットワーク横のリンクをクリックします。
  11. [パブリック・サブネットqskz:AP-TOKYO-1-AD-1] が表示されている箇所のリンクをクリックします。
  12. [Default Security List for vcn20190529085919] が表示されている箇所のリンクをクリックします。
  13. [イングレス・ルールの追加] をクリックし、図のように設定します。
  14. ssh 接続します
  15. SELinux/firewall を無効化します。
  16. Resin をセットアップします。
  17. iAP をセットアップします。

1. Oracle Cloud のアカウントを作成します。

https://myservices.us.oraclecloud.com/mycloud/signup
よりアカウントを作成します。
クレジットカード番号が手元にあれば 5 分で作成が可能です。

2. 画面右上からリージョンを ap-tokyo-1 に変更します。

おそらく最初から ap-tokyo-1 になっていると思いますが、なっていない場合変更します。

3. 左ペインのメニューから [コンピュート] - [インスタンス] - [インスタンスの作成] を選択します。

VMインスタンスを作成します。

4. OS を変更する場合 [イメージ・ソースの変更] より変更します(この CookBook では CentOS 6.10 にします)

利用したい OS をここで選択してください。
この CookBook では CentOS 6.10 にします。

5. [仮想マシン] をクリックして、インスタンスサイズを設定します(この CookBook では VM.Standard2.1 にします)

利用したいサイズを慎重に決定してください。

6. sshキーを設定します。PuTTY などを利用して、SSH キーを生成します。その後、ssh-rsa から始まる文字列(puttygen の場合、画面上のテキストエリアに表示されています)を、[SSHキー] に貼り付けます。

秘密鍵も忘れずに生成し、手元に保管してください。
以降では、oracle.pem を作成したとします。

7. [作成] をクリックします。

8. [プロビジョニング中...]となるため、5 分ほど待ちます。

9. [実行中]となったら、パブリックIPアドレスの箇所をメモします(このインスタンスの IP になります)

10. 続いて、セキュリティリストを設定していきます。Oracle Cloud では 22 ポートが全 IP に公開されており、これからインストールする Resin が利用する 8080 ポートは非公開になっています。なので、8080 ポートも公開します。仮想クラウド・ネットワーク横のリンクをクリックします。

ssh の接続を自社のみにしたい、といった場合、CIDR を 123.456.789.012/32 などと指定してください(123.456.789.012 からのみアクセス可能にする場合)。
同様に、8080 ポートの接続も制限したい場合、CIDR を適切に設定してください。

11. [パブリック・サブネットqskz:AP-TOKYO-1-AD-1] が表示されている箇所のリンクをクリックします。

12. [Default Security List for vcn20190529085919] が表示されている箇所のリンクをクリックします。

13. [イングレス・ルールの追加] をクリックし、図のように設定します。

14. ssh 接続します

ssh -i oracle.pem -p 22 opc@123.456.789.012 として、ssh 接続が可能です。
ユーザは opc です。
123.456.789.012 の部分は、メモしてあるインスタンスの IP に置き換えてください。
root が必要な場合、opc でログイン後に sudo su としてください。

15. SELinux/firewall を無効化します。

デフォルトでファイアーウォールが有効になっており、Resin の 8080 に外から接続できないため、ここでは簡易的に次のようにして無効化します。

16. Resin をセットアップします。

Product File Download より Resin をダウンロードし、以下を参考にしてセットアップします。
intra-mart Accel Platform セットアップガイド - Resin (Linux版)のインストール

17. iAP をセットアップします。

後は、以下の手順に従って war をデプロイ後、テナントセットアップを行ってください。
intra-mart Accel Platform セットアップガイド

以上です。
簡単ではありますが、Oracle Cloud を利用される際に、参考になれば幸いです。

-CookBook

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

intra-martを初めて使う開発者が、まずは e Builder で「Hello world!」する方法

e Builder は、intra-mart Accel Platform で動作するアプリケーションを開発するための開発支援ツールです。 このレッスンでは、intra-martを初めて使う開発者が …

no image

IM-BloomMaker 「リッチテーブル」エレメントのサンプル集

この CookBook では、intra-mart Accel Platform 2020 Spring から利用可能になった IM-BloomMaker のリッチテーブルエレメントの活用方法について …

no image

No.9 音声認識からスケジュール登録

この記事は、EWS 2017で行われたLogicDesignerの講演内容に関する記事です。 こちらの例では、LogicDesignerと音声認識(Web Speech API)の仕組みを利用して、音 …

no image

後処理プログラムで画面アイテム「ファイルアップロード」にバリデーションを実行する方法

このCookbookでは、画面アイテム「ファイルアップロード」に添付されたファイルをバリデーションする方法を紹介します。 後処理プログラムを使用してバリデーションを実行することで、画面に表示するエラー …

no image

NEologd の辞書を使って全文検索を新語に対応させる方法

この CookBook では、Solr で利用している形態素解析エンジンである kuromoji に NEologd を取り入れビルドを行い、 既存の kuromoji の実装と差し替えることで、NE …

RSSRSSRSSRSS