CookBook

intra-mart WebPlatform の access.log に X-Forwarded-For を出力する方法。

投稿日:

この CookBook では、intra-mart WebPlatform の access.log に X-Forwarded-For を出力する方法について紹介しています。
フロントに Web サーバや LB が建っている場合、javax.servlet.ServletRequest#getRemoteAddr() がクライアントのIPアドレスを返却しない場合があります。(mod_rewrite(Apache) や ARR(IIS) を利用している場合)
この場合、X-Forwarded-For や、X-Real-IP などのヘッダーを用いて、接続元の情報を受け渡すことがあります。
このような場合でも、以下のような設定を追加することにより、特定のヘッダーを access.log に出力することができます。

/usr/local/imart/conf/http.xml

上記の例では、%{X-Forwarded-For}i を埋め込むことで、X-Forwarded-For ヘッダーの値を access.log に出力しています。
このように、http.xml を編集することで、access.log に接続元の情報を出力することができます。
是非ご活用ください。

-CookBook

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

IM-FormaDesignerで複数のセレクトボックスを連動させて利用する方法

このCookbookでは、セレクトボックスの選択結果によって、他のセレクトボックスの選択肢を絞り込む方法を説明します。 この方法は、IM-FormaDesignerのみ導入環境での方法です。 IM-B …

no image

intra-mart WebPlatform 7.2 の Docker を作成する

この CookBook では、intra-mart WebPlatform 7.2 の Docker の作成手順について紹介しています。 レシピ ベースイメージの作成 intra-mart WebPl …

no image

デバッグサーバ起動時に出力されるコンソールの情報をファイル出力する方法

このCookBookでは、e Builder でデバッグサーバの利用時にコンソールに出力された内容を、別途指定したファイルに出力する方法について紹介しています。 完成イメージ 1. 指定したファイルに …

IM-BISで作成したコンテンツ画面の内容をIM-PDF DesignerでPDFとして出力する方法

このCookBookでは、IM-BISで作成したコンテンツ画面の内容をIM-PDF DesignerでPDFとして出力する方法を紹介しています。 単票および表形式の帳票出力を行います。 完成イメージ …

no image

IM-FormaDesignerで作成したフォーム画面からIMBoxに投稿する方法

このCookBookでは、IM-BISを含む環境において、IM-FormaDesignerで作成したアプリからIMBoxに投稿する方法について紹介しています。 IM-LogicDesignerとの外部 …