CookBook

intra-mart WebPlatform の access.log に X-Forwarded-For を出力する方法。

投稿日:

この CookBook では、intra-mart WebPlatform の access.log に X-Forwarded-For を出力する方法について紹介しています。
フロントに Web サーバや LB が建っている場合、javax.servlet.ServletRequest#getRemoteAddr() がクライアントのIPアドレスを返却しない場合があります。(mod_rewrite(Apache) や ARR(IIS) を利用している場合)
この場合、X-Forwarded-For や、X-Real-IP などのヘッダーを用いて、接続元の情報を受け渡すことがあります。
このような場合でも、以下のような設定を追加することにより、特定のヘッダーを access.log に出力することができます。

/usr/local/imart/conf/http.xml

上記の例では、%{X-Forwarded-For}i を埋め込むことで、X-Forwarded-For ヘッダーの値を access.log に出力しています。
このように、http.xml を編集することで、access.log に接続元の情報を出力することができます。
是非ご活用ください。

-CookBook

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Payara 5.184 を Google Kubernetes Engine(GKE) から利用する

この CookBook では、Payara を GKE 上で実行しクラスタリングを構築する手順について紹介しています。 Payara 5.184 で Kubernetes Cluster Mode が …

IM-BloomMaker のアクション「URL ○ にリクエストを送信する」の使い方

このCookBookでは、「URL ○ にリクエストを送信する」アクションを使ってサンプル画面を作成する方法を紹介します。 2019 Summer では「URL ○ にアクセスする」でしたが、 201 …

no image

Lombok のご紹介

この CookBook では、Lombok について紹介しています。 intra-mart 開発本部では Lombok を利用しています。 Lombok を簡単に説明すると、「アノテーションを書くだけ …

no image

No.1 メールに添付されているExcelファイル読み込み → ワークフロー申請

この記事は、EWS 2017で行われたLogicDesignerの講演内容に関する記事です。 こちらの例では、メールサーバと連携し、メールの添付ファイルの内容から自動的にワークフローを申請できます。 …

IM-BloomMaker カスタムスクリプトの使い方と$variableからの取得・代入の方法

このCookBookでは、IM-BloomMakerのアクションの一つであるカスタムスクリプトの使い方と$variable(変数)からの取得および代入の方法について紹介しています。 実際にサンプル画面 …

RSSRSSRSSRSS