CookBook

intra-mart WebPlatform の access.log に X-Forwarded-For を出力する方法。

投稿日:

この CookBook では、intra-mart WebPlatform の access.log に X-Forwarded-For を出力する方法について紹介しています。
フロントに Web サーバや LB が建っている場合、javax.servlet.ServletRequest#getRemoteAddr() がクライアントのIPアドレスを返却しない場合があります。(mod_rewrite(Apache) や ARR(IIS) を利用している場合)
この場合、X-Forwarded-For や、X-Real-IP などのヘッダーを用いて、接続元の情報を受け渡すことがあります。
このような場合でも、以下のような設定を追加することにより、特定のヘッダーを access.log に出力することができます。

/usr/local/imart/conf/http.xml

上記の例では、%{X-Forwarded-For}i を埋め込むことで、X-Forwarded-For ヘッダーの値を access.log に出力しています。
このように、http.xml を編集することで、access.log に接続元の情報を出力することができます。
是非ご活用ください。

-CookBook

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

IM-Workflowの色々なコンテンツ画面へ遷移するURL

このCookbookでは、IM-Workflowの色々なコンテンツ画面へ遷移するURLをご紹介いたします。 独自で作成した画面やViewCreator、BloomMakerなど、IM-Workflow …

no image

No.7 Excel 出力 → 他システム(別サーバ)連携

この記事は、EWS 2017で行われたLogicDesignerの講演内容に関する記事です。 こちらの例では、ファイルサーバ等他のサーバと連携し、別サーバ上のファイルを更新できます。 ロジックフローの …

no image

Docker Compose で Accel Platform 環境を構築する。

この CookBook では、Docker Compose を利用して Accel Platform 環境を構築する手順について紹介しています。 この CookBook では、以下の記事で作成した D …

no image

BISやFormaのテーブルにCSVファイルからのインポート・エクスポートを行うには

このCookbookでは、明細テーブルやグリッドテーブルとCSVファイルを連携する方法を紹介します。 この方法を活用することにより、明細テーブルやグリッドテーブルへの入力の手間を軽減できます。 完成イ …

no image

グリッドテーブルの列タイプ「カスタム」を利用した場合にマルチセレクトがトグルされないようにする方法

このCookBookでは、グリッドテーブルの列タイプ「カスタム」を利用した場合に、マルチセレクトがトグルされないようにする方法を説明します。 グリッドテーブルでは、行内で参照表示となっている部分をクリ …

RSSRSSRSSRSS