CookBook

IM-FormaDesignerの複数行アイテムの入力可能な行数を制限する方法

投稿日:

このCookBookでは、IM-FormaDesignerの複数行アイテムの入力可能な行数を制限する方法について紹介しています。

完成サンプル

  • スクリプト適用前
    • 指定した行数以上に改行できます。
  • スクリプト適用後
    • 指定した行数以上に改行できなくなります。

レシピ

  1. 「初期表示イベント」を追加する
  2. 「カスタムスクリプト」を設定する

1. 「初期表示イベント」を追加する

初期表示イベントから、「追加」を選択して、アクション「カスタムスクリプト」を選択してください。

「フォーム編集画面」-「アクション設定」-「初期表示イベント」-「追加」-「カスタムスクリプト」

2. スクリプトを設定する

「編集」アイコンをクリックして、スクリプトを作成します。
「スクリプト」に以下のような設定を行うことで、特定アイテムの行数を制限できるようになります。
以下のコードは一例です。##アイテムID##を制限したいアイテムのIDに置換して、制限行数をMAX_ROWSの値に設定してください。

以上で、IM-FormaDesignerの複数行アイテムの入力可能な行数を制限できるようになりました。

-CookBook
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【ViewCreator】LogicDesignerと連携してデータ参照の一覧を表示するデータ参照を作成する方法

ViewCreator において、標準の「データ参照一覧」画面では以下のような変更ができません。 「説明」を一覧に表示する。 「データ参照名」の(初期表示時の)列幅を変更する。 各データ参照の表示画面 …

FormaDesignerのユーザプログラム入力チェックをロジックフローで作成する方法

このCookBookでは、FormaDesignerのユーザプログラム入力チェックをロジックフローで作成する方法をご紹介します。 サンプルでは、スプレッドシート・グリッドテーブル・明細テーブルを使用し …

スプレッドシートのバインディングデータを別途テーブルに出力する方法

スプレッドシートのJsonデータとバインディングデータは、Formaヘッダーテーブルにバイナリカラムで格納されます。 Formaヘッダーテーブルに格納されたスプレッドシートデータは、登録データ情報管理 …

no image

No.5 外部サイトの定期監視

この記事は、EWS 2017で行われたLogicDesignerの講演内容に関する記事です。 こちらの例では、LogicDesignerからIM-FormaDesigner / IM-BIS / IM …

no image

IM-BloomMaker Modifier の使い方

このCookBookでは、2020 Summer から利用可能になった環境変数($env)に含まれる「modifier」について紹介しています。 modifier は、同じく 2020 Summer …

RSSRSSRSSRSS