CookBook

IM-FormaDesignerの複数行アイテムの入力可能な行数を制限する方法

投稿日:

このCookBookでは、IM-FormaDesignerの複数行アイテムの入力可能な行数を制限する方法について紹介しています。

完成サンプル

  • スクリプト適用前
    • 指定した行数以上に改行できます。
  • スクリプト適用後
    • 指定した行数以上に改行できなくなります。

レシピ

  1. 「初期表示イベント」を追加する
  2. 「カスタムスクリプト」を設定する

1. 「初期表示イベント」を追加する

初期表示イベントから、「追加」を選択して、アクション「カスタムスクリプト」を選択してください。

「フォーム編集画面」-「アクション設定」-「初期表示イベント」-「追加」-「カスタムスクリプト」

2. スクリプトを設定する

「編集」アイコンをクリックして、スクリプトを作成します。
「スクリプト」に以下のような設定を行うことで、特定アイテムの行数を制限できるようになります。
以下のコードは一例です。##アイテムID##を制限したいアイテムのIDに置換して、制限行数をMAX_ROWSの値に設定してください。

以上で、IM-FormaDesignerの複数行アイテムの入力可能な行数を制限できるようになりました。

-CookBook
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

FormaDesignerのユーザプログラム入力チェックをロジックフローで作成する方法

このCookBookでは、FormaDesignerのユーザプログラム入力チェックをロジックフローで作成する方法をご紹介します。 サンプルでは、スプレッドシート・グリッドテーブル・明細テーブルを使用し …

no image

IM-BloomMaker ページネーションの利用方法

この CookBook では、2020 summer でリリースした コンテンツ種別「Bulma」 の 「ページネーション」エレメントについて紹介しています。 「ページネーション」エレメントとは、表示 …

no image

IM-Workflowの一覧を業務別に使い分けるには

この記事では、”もっと効率的に” IM-Workflowを利用した業務ができるように、一覧画面に表示するフローや案件を絞り込んで表示するための手順をご紹介します。 「フローグループ」機能を利用し、一覧 …

no image

intra-martを初めて使う開発者が、まずは e Builder で「Hello world!」する方法

e Builder は、intra-mart Accel Platform で動作するアプリケーションを開発するための開発支援ツールです。 このレッスンでは、intra-martを初めて使う開発者が …

no image

availability_check を利用した死活監視方法のご紹介

この CookBook では、availability_check を利用した死活監視方法について紹介しています。 availability_check を利用するには「Resinデータソース設定」モ …

RSSRSSRSSRSS