CookBook

Accel-Mart Plus on AWSにて複数のベースURLを利用する方法

投稿日:

製品標準の設定では、テナント一つにつき、一つの BaseURL のみが設定可能ですが、BaseUrlProvider インタフェースを実装することで、複数の BaseURL を持たせることができます。
BaseUrlProvider は intra-mart Accel Platform 2014 Summer (Honoka) から導入されたインタフェースです。
したがって、2014 Summer (Honoka) 以降で使用可能です。


ここではAccel-Mart Plus on AWSにおいて、インターネット接続およびプライベート接続を実施する構成(下記図例)の際に、それぞれへBaseURLを持たせる方法を記載します。
※ ALB = Application Load Balancer
※ 標準構成ではALBは1つです。下図構成にするためには別途ALBを追加で契約する必要があります。詳しくは弊社営業まで問い合わせください。

その他 ベースURL に関する注意事項は iAPへアクセスするURLが複数ある場合のベースURLの設定方法 の 注意事項 をご覧ください。

BaseUrlProvider の実装

Accel-Mart Plus on AWS において、クライアントがアクセスしたURLによって異なるベースURLを返却する BaseUrlProvide を実装します。
その際は下記2点にご注意ください。
・OS上に直接資材を配置するためにはOSログインオプションが必要となります。
・最終的にはimmとしてモジュール化し、お客様のjugglingプロジェクトへ配置後にデプロイをお願いします。

1. 以下の内容のファイルを WEB-INF/classes/com/example/SampleBaseUrlProvider.java として保存します。

2. 以下の内容のファイルを WEB-INF/classes/META-INF/services/jp.co.intra_mart.foundation.platform.BaseUrlProvider として保存します。

動作確認

以下が確認できます。

  1. https://inter-net.accel-mart.com/imart/home にアクセス
    BaseURL が https://inter-net.accel-mart.com/imart/ となっていること
  2. https://vpn.accel-mart.com/ にアクセス
    BaseURL が https://vpn.accel-mart.com/imart/ となっていること

-CookBook

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

request.log を Kibana で可視化する方法

この CookBook では、request.log を Kibana で可視化する方法について紹介しています。 方法は色々ありますが、この CookBook では Logstash と logsta …

no image

IM-BloomMaker でウィザード形式の設定画面の作り方

この CookBook では、IM-BloomMaker を使用して、ウィザード形式で設定を進めていくような画面を作成する方法を紹介します。 完成イメージ 完成サンプル 以下の完成サンプルをダウンロー …

no image

PostgreSQL の Docker を作成する。

この CookBook では、PostgreSQL 検証用の Docker の作成手順について紹介しています。 レシピ ベースイメージの作成 PostgreSQL の Docker イメージを作成しま …

IM-BISの処理画面でIMBoxのチャットを利用してコミュニケーションする方法

このCookBookでは、IM-BISの処理画面でIMBoxのチャットを利用してコミュニケーションする方法を紹介しています。 本稿では、案件単位にIMBoxのダイレクトメッセージ(以降DM)を作成し、 …

no image

画面操作方法によって画面アイテムの入力チェックを切り替える方法

このCookBookでは、IM-FormaDesignerの入力チェックプログラムで、画面の操作方法に応じた入力チェックを設定する方法を紹介します。 この方法は、以下の製品で作成したアプリケーションや …