デジビBlog

デジビダッシュボード(仮)のご紹介

投稿日:

こんにちは。 デジタルビジネス推進室(デジビ)の関根です。

今回は研究開発で社内検証している機能を一つご紹介します。

intra-martのポータル画面をBIツールのように使用する機能となります。

デジビダッシュボード

IM-LogicDesignerをETLツールとして
intra-martの様々な機能から登録されるデータや、ログデータを集計し、
ダッシュボード表示するためのデータとして整形します。

整形したデータをポートレットで受け取り、グラフを表示します。
また、グラフとグラフのリンク情報も受け渡すことで
ドリルダウンを行うことも可能となっております。

表示できるグラフの種類

1.Highchartsグラフ
intra-martに同梱されているHighchartsのバージョンで表現できるグラフが表示可能です。
Highchartsデモはこちら(※)
※Highchartsのデモサイトとintra-martで使用できるHighchartsでバージョンと異なる可能性があります。
2.リストテーブル
jqGridを使用したリストテーブルが表示可能です。

この機能を使うことで…?!

例えば、IM-Workflowのデータを使うことで以下のようなグラフが作れます。
・今滞留しているノードはどこか、誰の承認待ち状態となっているか
※標準滞留時間を超えているノード・ユーザの場合、赤色で表示されます。

・差戻しが多いノードはどれなのか、誰が(誰に)差し戻しを行っているか

・現時点での申請件数はどの程度か
※月毎表示と現時点の状況が確認できます。

例えば、IM-BPMのデータを使うことで以下のようなグラフが作れます。
・SLA(Service Level Agreement)基準に対して、現状どこまでタスクを行ったか

・BPMのタスクとして、完了・着手・未着手がどの程度あるか

・日毎のタスク量 × ユーザ毎の作業時間の積上げ。
☆未来日については機械学習で予測を行い、予測タスク量を薄い色、予測作業時間を点線で表現しております。

最後に

今回はintra-martのデータを使用しましたが
他のシステムから取得したデータを、IM-LogicDesignerで読み込ませることで
intra-mart以外のデータを取り込むことも可能です。
様々なシステムに蓄積された情報をまとめ、ダッシュボード表示することで
業務の状況を可視化できます。

-デジビBlog

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

bioraロゴ

UiPath Forward Ⅲ Japanに出展いたしました

こんにちは、デジビの七島です。 EWS2019のイベントレポートに引き続き、今回もイベントレポートのご紹介です。 2019年10月30日(水)に開催されたUiPath Forward Ⅲ Japanに …

intra-martのトランザクションデータを使用したプロセスマイニング

こんにちは。 デジタルビジネス推進室(デジビ)の関根です。 前回はintra-martのログを使用したプロセスマイニングを行うことで どの時間帯、どの画面に対してアクセスが集中しているか(画面遷移)を …

「高松商店」IoT化事例のご紹介

こんにちは、デジタルビジネス事業推進室の高松です。 「デジタルビジネス事業推進室」では、IoTやAI、RPAといった新しい要素技術を活用したビジネス化の検証をしています。 今回は、弊社のちょっと変わっ …

【業務効率化】AIによるパワポ資料作成支援

こんにちは、デジビの関根です。 パワーポイントで資料を作る際に どんな画像を差し込むか悩むことってありませんか? 過去に作った資料から画像を持ってきたり、 いらすとや様のようなフリー素材集から画像をい …

【EWS】「業務自動化」に向けたステップアップ【DX展示】

こんにちは。 デジタルビジネス推進室(デジビ)の関根です。 今回は、今年のDX展示内容について、すこ~しだけご紹介します。 intra-mart流の業務プロセス自動化研究ステップ 現在デジタルビジネス …