デジビBlog

intra-martのログを使用したプロセスマイニング

投稿日:

こんにちは。 デジタルビジネス推進室(デジビ)の関根です。
今話題のプロセスマイニングについて、
intra-martのログから簡易的にプロセスマイニングを行う手法を
紹介いたします。

プロセスマイニングとは??

プロセスマイニングとは
ユーザの行動ログから、業務の実態を数値やグラフで可視化、分析し
業務の効率化を図る手法のことです。
将来的には、
IM-BPMへ連携することにより、業務プロセスをロボット(AI、RPA)に実行させる
次は何を行うべきかサジェストをさせる(プロセス推定)
など、プロセスの自動化へと繋げるためのスタート地点となると考えております。

本記事でのゴール

今回はtransitionログを使用して、
intra-martのユーザのアクセスログを可視化したいと思います。
※transitionログは画面遷移ログなので、
プロセスマイニングの定義からすると大幅に足りていない結果となりますが、
プロセスマイニングの取っ掛かりとして考えて頂ければと思います。

intra-martのログを使ったプロセスマイニング

ログを整形

まずは、デジビブログではお馴染みになりつつあるKNIME
intra-martのログを整形します。

transitionログを指定、実行で整形済みのCSVが出力されます。

CSVをツールへの取り込む

今回はDiscoというプロセスマイニングツールを使用します。
KNIMEで作成したCSVをDiscoに取り込みます。

取り込む際、以下のように設定していきます。

Case:セッションID
Activity:画面名
Resource:ユーザコード
Timestamp:ログ出力時間

Discoで可視化

trantisionログを使用することで、画面遷移図のようなフローが出てきます。

このままですと、全アクティビティが表示されますので、
ノイズリダクションという技術を用いて主要プロセスだけの抽出します。

主要な機能として、IMBOXスケジュールIMメールが見えてきました!

また、Discoではプロセスの動きをアニメーションで見ることができます。

すごい勢いでIMBOXが利用されていますね…!
※弊社の社内システムのログを一部取り込んだ結果になります。

まとめ

今回はtransitionログを使用することで
どの時間帯にどの画面に対してアクセスが集中しているかを確認することができました。
例えば、性能試験を行う際の画面毎の負荷をどのようにかけていくかのヒントとして使えそうですね。

しかし、これだけですと画面遷移だけですので、「プロセスマイニング」としては大きな結果を得ることは難しいです。
intra-mart以外のログとの組み合わせや、トランザクションデータと組み合わせ
業務毎にフィルタリングを行う等によって、
業務のプロセス化およびユーザの行動を分析することが可能となってくると考えております。

次回の予告

次回は、IM-WorkflowやIM-BPMのトランザクションデータを
Discoに取り込んで可視化する手法を記事にしたいと思います。

-デジビBlog

執筆者:


  1. […] intra-martのログを使用したプロセスマイニング […]

  2. […] 前回はintra-martのログを使用したプロセスマイニングを行うことで どの時間帯、どの画面に対してアクセスが集中しているか(画面遷移)を確認することができました。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

iACスケジュール候補検索拡張

こんにちは。デジタルビジネス推進室(デジビ)の生田です。 今回は研究開発で社内検証している機能を一つご紹介します。 社内の忙しい人達のスケジュール調整を支援する機能です。

dezibiz-raspberry-pi-4-im2

ラズパイ4でIMを動かしてみた!【IM起動編】

こんにちは、デジビの堀内です。 今回は新しく発売されたラズパイ4でイントラマートを動かしてみる、という実験について紹介します。 前回はラズパイ4上でresinを立ち上げるところまで行いました。 ラズパ …

「高松商店」のデジタル化事例のご紹介

こんにちは。デジタルビジネス推進室の高松です。 今回は、高松商店のちょっとしたデジタル化についてご紹介させて頂きます。 (高松商店をご存知ない方は、こちらの記事をご覧ください!) 高松商店の近況 前回 …

低周波音の測定と可視化

初めまして。デジビ林と申します。 最近、他部署から新しい職場(デジビ)に引っ越してきました。 デジビフロアに入室したときに第一印象、何か音がする場所だなと思いました。 先輩達は気にならない様子でした。 …

【EWS】今年もやります【DX展示】

こんにちは。デジタルビジネス推進室の関根です。 今年もEWSの季節がやってまいりました! → EWS2019特設サイト ← 今年のテーマは RPAのその先へ データとAIで働き方は変わる! intra …

RSSRSSRSSRSS