デジビBlog

低周波音の測定と可視化

投稿日:2019-07-18 更新日:

初めまして。デジビ林と申します。

最近、他部署から新しい職場(デジビ)に引っ越してきました。

デジビフロアに入室したときに第一印象、何か音がする場所だなと思いました。

先輩達は気にならない様子でした。(鈍感なのかな・・・)
どうやら一部の人(低周波?に敏感な人、繊細な人)にしか聞こえていないようです。。

そこにデジビのリーダが現れステキな言葉をかけて頂きました。
「よし、データで証明してみよう!デジビってそういう部署だよね!」

データ分析は好きだったのでやることにしました。

測定機器

まずはデータを収集するために測定機器を作りました。

耳に聞こえにくい音を測定するには「精密」音量計測器が必要で、
レンタル+分析(可視化)で10万円することを考慮、、
自前でセンサーの感度を確認しながら作ることにしました。

写真は大きく見えますがかなり小型軽量化しています。

証明

そして測定内容を持って先輩達に見て頂きました。

人間がうるさいと感じるのは60dBからと定義されているようですが、やはり超えていました。
先輩達をギャフンと言わせました!

そこにデジビのリーダが現れステキな言葉をかけて頂きました。
「よし、総務に相談してみよう!ビル管も動いてくれるかもしれないね!」

音の原因調査

結果、ビルの管理会社に調査に来ていただけることになりました。

調査は実際に天井裏を開けて行う大規模なものになりました。
原因は空調から居室に流れてくる風量が多すぎることで
振動が発生していたという結論に至りました。

対策として風量を調整して頂けることになりました。
副作用として夏は暑くなるかも?とのことでした。。

そこにデジビのリーダが現れステキな言葉をかけて頂きました。
「よーし、温度と不快指数もデータ化してみよう!」

温度と不快指数

真夏に入る前に完成しました!
おしゃれな可視化画面にして部屋の中央に設置、いつでも監視できるようにしました。

influxDB、Grafana、python (SciPi)による準リアルタイムFFT解析など、
見えないところでいろいろ工夫しています。

IM-LogicDesignerを使ったアラート機能も備えています。

将来的には、安価な冷房機器と連動させてみたいなと思っています。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

-デジビBlog

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

intra-mart BIORAブース – サーモセンサーとAI音声チャット –

こんにちは。デジタルビジネス推進室の関根です。 今回はサーモセンサーとAI音声チャットについて記載致します。

社員が運営するオフィスコンビニのご紹介

こんにちは。技術コンサルの高松と申します。 最近、矢野さんのトイレの空き状況の見える化システムが公開されましたね。 「自分もおもろい社内ネタを出したい!」と思ったので、アップします。 あ、IT要素ゼロ …

Python活用

こんにちは。デジビ生田です。 最近、PoCを進める中でJava以外の言語、例えばPythonを利用する機会も増えてきました。 今回はPythonについて Python、個人的に利用する理由は以下です。 …

intra-martのログを使用したプロセスマイニング

こんにちは。 デジタルビジネス推進室(デジビ)の関根です。 今話題のプロセスマイニングについて、 intra-martのログから簡易的にプロセスマイニングを行う手法を 紹介いたします。 プロセスマイニ …

digibiz-ews2019-dx07-autodrive

【EWS2019】プロセス自動運転体験コーナー

こんにちは、デジビの堀内です。 今年のDX展示では、前回紹介したパネル展示「intra-mart流の業務プロセス自動化研究」だけでなく、intra-martが掲げる「業務プロセス自動化」の近未来イメー …