CookBook

No.1 メールに添付されているExcelファイル読み込み → ワークフロー申請

投稿日:

この記事は、EWS 2017で行われたLogicDesignerの講演内容に関する記事です。

こちらの例では、メールサーバと連携し、メールの添付ファイルの内容から自動的にワークフローを申請できます。
ジョブスケジューラ機能からロジックフローを実行することで、定期的な業務処理に活用できます。

前提条件

このサンプルの利用には以下の前提条件があります。

サンプル

以下のサンプルをダウンロードしてご利用ください。

サンプルに含まれる定義情報は以下の表のとおりです。

種類 定義名 補足説明
ユーザ定義(Excel入力) 見積依頼読み込み (Excel) 入力したExcelファイルの読み込み方法を定義したユーザ定義です。
ユーザ定義(JavaScript) 見積作成フローのFormaデータ作成 入力したExcelファイルのデータを申請書の項目に変換するユーザ定義です。
ロジックフロー メールサーバの設定 読込先のメールサーバの設定を管理するためのロジックフローです。
ロジックフロー メールに添付されたExcelから申請 メールからワークフローの申請を実行する処理を実装したロジックフローです。

サンプルに含まれる定義情報は以下の表のとおりです。

種類 定義名 補足説明
BIS定義 見積依頼Excelから申請 関連するFormaアプリケーション定義やIM-Workflowのフロー定義等の情報も含まれます。

サンプルは、intra-mart Accel Platform(Advanced) 2017 Summer(8.0.17), IM-BIS 2017 Summer(8.0.14)で動作確認を行っています。

実行時の事前準備

  1. ロジックフロー「メールサーバの設定」に設定済みのメールサーバの情報を登録してください。
  2. ロジックフロー「メールに添付されたExcelから申請」でメールの参照先フォルダを指定してください。
  3. 上の手順で設定したメールフォルダに「印虎_見積依頼.xlsx」が添付されたメールを受信してください。
    「印虎_見積依頼.xlsx」は以下のリンク先からダウンロードしたZipファイルに含まれています。
    [estimation_request.zip]

実行方法

  1. ロジックフロー「メールに添付されたExcelから申請」を実行してください。
    動作確認であれば、ジョブスケジューラではなくデバッグ実行が簡単です。
  2. 青柳辰巳でログイン後、未処理一覧を表示すると、申請された案件が表示されることを確認できます。

-CookBook
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Formaの実行画面でセッションを維持するには

このCookbookでは、IM-FormaDesignerの実行画面でセッションを維持する方法を記載します。 この方法を利用すると、通常は時間制限によりタイムアウトしてしまうログインセッションを、自動 …

no image

外部連携を利用して簡単な相関チェックを行う方法

このCookbookでは、外部連携を利用して簡単な相関チェックを行う方法を紹介します。 この方法を活用することにより、簡単な入力チェックであれば、Formaユーザプログラムの入力チェックを作成せずに外 …

no image

No.8 Excel からの一括ユーザ一括登録

この記事は、EWS 2017で行われたLogicDesignerの講演内容に関する記事です。 こちらの例では、LogicDesignerを利用して、入社や組織変更等の発生時に有用なExcelファイルの …

画面アイテム「スプレッドシート」の特定セルをIM-ContentsSearchの検索対象にする方法

画面アイテム「スプレッドシート」の特定セルをIM-ContentsSearchの検索対象にする方法について紹介します。 本CookBookでは、スプレッドシート上の個人情報や、外部に公開したくない内容 …

Formaでスクリプトアイテムを使い、ボタン・見出し等の色やサイズを変更する方法

このCookBookでは、Formaでスクリプトアイテムを使い、デザインを変更する方法をご紹介します。 サンプルでは、「ボタンアイテム」の背景色の変更・「見出し」の背景色の変更・「ラジオボタン」のボタ …

RSSRSSRSSRSS