CookBook

No.1 メールに添付されているExcelファイル読み込み → ワークフロー申請

投稿日:

この記事は、EWS 2017で行われたLogicDesignerの講演内容に関する記事です。

こちらの例では、メールサーバと連携し、メールの添付ファイルの内容から自動的にワークフローを申請できます。
ジョブスケジューラ機能からロジックフローを実行することで、定期的な業務処理に活用できます。

前提条件

このサンプルの利用には以下の前提条件があります。

サンプル

以下のサンプルをダウンロードしてご利用ください。

サンプルに含まれる定義情報は以下の表のとおりです。

種類 定義名 補足説明
ユーザ定義(Excel入力) 見積依頼読み込み (Excel) 入力したExcelファイルの読み込み方法を定義したユーザ定義です。
ユーザ定義(JavaScript) 見積作成フローのFormaデータ作成 入力したExcelファイルのデータを申請書の項目に変換するユーザ定義です。
ロジックフロー メールサーバの設定 読込先のメールサーバの設定を管理するためのロジックフローです。
ロジックフロー メールに添付されたExcelから申請 メールからワークフローの申請を実行する処理を実装したロジックフローです。

サンプルに含まれる定義情報は以下の表のとおりです。

種類 定義名 補足説明
BIS定義 見積依頼Excelから申請 関連するFormaアプリケーション定義やIM-Workflowのフロー定義等の情報も含まれます。

サンプルは、intra-mart Accel Platform(Advanced) 2017 Summer(8.0.17), IM-BIS 2017 Summer(8.0.14)で動作確認を行っています。

実行時の事前準備

  1. ロジックフロー「メールサーバの設定」に設定済みのメールサーバの情報を登録してください。
  2. ロジックフロー「メールに添付されたExcelから申請」でメールの参照先フォルダを指定してください。
  3. 上の手順で設定したメールフォルダに「印虎_見積依頼.xlsx」が添付されたメールを受信してください。
    「印虎_見積依頼.xlsx」は以下のリンク先からダウンロードしたZipファイルに含まれています。
    [estimation_request.zip]

実行方法

  1. ロジックフロー「メールに添付されたExcelから申請」を実行してください。
    動作確認であれば、ジョブスケジューラではなくデバッグ実行が簡単です。
  2. 青柳辰巳でログイン後、未処理一覧を表示すると、申請された案件が表示されることを確認できます。

-CookBook
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ViewCreatorでカレントの組織コードや会社コードを取得する動的パラメータの作り方

このCookBookでは、カレントの組織コードや会社コードを取得するViewCreatorの動的パラメータの作成方法についてご紹介します。 動的パラメータについての詳細は下記のドキュメントを参照してく …

no image

IM-BloomMaker サイドメニューの使い方

このCookBookでは、2020 Summer から利用可能になったサイドメニューエレメントの使い方について紹介しています。 エレメントの概要 サイドメニューエレメントは、「intra-mart A …

no image

スクリプト開発モデルで作成した1つのページソースを複数の画面で利用する

このCookBookでは、任意のスクリプト開発モデルプログラムをコールして部分ページソース挿入を行う方法を紹介します。 部分ページソース挿入は<imart type=”include”>タ …

no image

IM-LogicDesigner「繰り返し」「分岐」EL式の定義例

このCookBookでは、IM-LogicDesignerの「条件分岐」「繰り返し」制御要素の条件で利用するEL式について定義例を紹介しています。 ここでは主に「 IM-LogicDesigner上で …

no image

imuiValidateでhiddenの隠し要素をバリデーションする方法

このCookBookでは、imuiValidateでhiddenの隠し要素をバリデーションする方法について紹介しています。 今回は閉じられたimuiGadgetBar 内の入力項目に対して、クライアン …

RSSRSSRSSRSS