CookBook

No.1 メールに添付されているExcelファイル読み込み → ワークフロー申請

投稿日:

この記事は、EWS 2017で行われたLogicDesignerの講演内容に関する記事です。

こちらの例では、メールサーバと連携し、メールの添付ファイルの内容から自動的にワークフローを申請できます。
ジョブスケジューラ機能からロジックフローを実行することで、定期的な業務処理に活用できます。

前提条件

このサンプルの利用には以下の前提条件があります。

サンプル

以下のサンプルをダウンロードしてご利用ください。

サンプルに含まれる定義情報は以下の表のとおりです。

種類 定義名 補足説明
ユーザ定義(Excel入力) 見積依頼読み込み (Excel) 入力したExcelファイルの読み込み方法を定義したユーザ定義です。
ユーザ定義(JavaScript) 見積作成フローのFormaデータ作成 入力したExcelファイルのデータを申請書の項目に変換するユーザ定義です。
ロジックフロー メールサーバの設定 読込先のメールサーバの設定を管理するためのロジックフローです。
ロジックフロー メールに添付されたExcelから申請 メールからワークフローの申請を実行する処理を実装したロジックフローです。

サンプルに含まれる定義情報は以下の表のとおりです。

種類 定義名 補足説明
BIS定義 見積依頼Excelから申請 関連するFormaアプリケーション定義やIM-Workflowのフロー定義等の情報も含まれます。

サンプルは、intra-mart Accel Platform(Advanced) 2017 Summer(8.0.17), IM-BIS 2017 Summer(8.0.14)で動作確認を行っています。

実行時の事前準備

  1. ロジックフロー「メールサーバの設定」に設定済みのメールサーバの情報を登録してください。
  2. ロジックフロー「メールに添付されたExcelから申請」でメールの参照先フォルダを指定してください。
  3. 上の手順で設定したメールフォルダに「印虎_見積依頼.xlsx」が添付されたメールを受信してください。
    「印虎_見積依頼.xlsx」は以下のリンク先からダウンロードしたZipファイルに含まれています。
    [estimation_request.zip]

実行方法

  1. ロジックフロー「メールに添付されたExcelから申請」を実行してください。
    動作確認であれば、ジョブスケジューラではなくデバッグ実行が簡単です。
  2. 青柳辰巳でログイン後、未処理一覧を表示すると、申請された案件が表示されることを確認できます。

-CookBook
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

差戻し先ノードの処理対象者を再展開するフローを作成する方法

このCookBookでは、差戻し先ノードの処理対象者を再展開するフローを作成する方法について紹介しています。 IM-Workflowの仕様として、差戻し先ノードではそのノードを以前に処理した人のみが再 …

no image

ノード毎に入力モード(表示モード)変換を切り替える方法

このCookBookでは、BISワークフローにおいて、ノード毎に各アイテムの入力(表示)モードを切り替える方法を紹介します。 ノード毎に別画面を作成する方法もありますが、本稿ではアクション設定を利用し …

no image

IM-FormaDesignerで作成したフォーム内でIME入力モードを制御する方法【IE・EDGE】

このCookbookでは、IM-FormaDesignerで作成したフォーム内の 画面アイテム「文字列」と画面アイテム「グリッドテーブル」のIME入力モードを制御する方法を紹介します。 入力モードを制 …

no image

スクリプト開発で利用できる close 関数のご紹介

この CookBook では、スクリプト開発で利用できる close 関数について紹介します。 スクリプト開発では作成した js ファイルの中に init と言う名前の関数を定義すると思いますが、この …

no image

画面にインジケータ(ロード中のアイコン)を表示する

任意の処理を行った際にインジケータを表示する方法をご紹介します。 インジケータは、アイコンを用いて任意の処理中であること(ロード中であること)を画面に表示します。 インジケータを利用することで、任意の …

RSSRSSRSSRSS