開発Blog

Forma関数で条件式を書く

投稿日:2012-03-27 更新日:

IM-FormaDesignerの画面アイテム「関数」を利用して式を記述できますが、まもなくリリース予定のパッチ2よりAND演算・OR演算の論理演算関数や比較演算子を使えるようになります。
これにより「条件式」を記述できるようになります。

たとえば、以下の使用例のような式を記述できるようになり、より高度なことができるようになります♪

使用例1

フィールド識別子 item1 と item2 の値の大きい方をとる場合。

使用例2

以下のようにフィールド識別子 points の値に応じて、評価値を出力する場合。

条件 評価値
数値ではない X
40未満 D
40以上60未満 C
60以上80未満 B
80以上100未満 A
100以上 S

ちょっとわかりづらい例ですみません。。。

参考:論理演算のための関数

  • if (条件式,値1,値2)
  • and (式1,式2,...)
  • or (式1,式2,...)
  • not (式)
  • isNumber (値)

参考:比較演算子

  • =  等しい
  • <>  等しくない
  • >  より大きい
  • >=  以上
  • <  より小さい
  • <=  以下

-開発Blog
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

intra-mart Advent Calendar 2013 第9日:Resin Adminのご紹介

この記事は、intra-mart Advent Calendar 2013 第9日の記事です。 Accel Platformからの標準のWebアプリケーションサーバであるResin 4.0は、運用面の …

no image

ISPの小技

今回は、ISPのスケジュール機能の小技に関して紹介します。 以外に知られていない機能で、Ver7.0、7.1で、スケジュールのコピー機能があります。 マウス操作だけでスケジュールのコピーができますので …

no image

1pxへのこだわり♪

IM-FormaDesignerでは、Webブラウザ上でアプリを作ることができます。 まもなくリリース予定のパッチ2では、フォーム・デザイナに関して以下の3つの改善と修正を行います。 要件 [1679 …

no image

セッション管理モジュールのご紹介

この記事では、2017 Springでリリースされたセッション管理モジュールをご紹介させていただきます。 また、2014 Spring から 2016 Winterまでのバージョンでセッション管理モジ …

no image

ApplicationRuntimeのライセンス数制限の仕様について

  ※下記内容は、過去のintra-mart(Ver4.3以前)に関する内容です。最新のintra-martでは、異なる情報であることがありますので、ご注意ください。   intr …

RSSRSSRSSRSS