開発Blog

IM-Workflow 処理対象者プラグイン でこんなことできます。

投稿日:

初めまして。こんにちは。開発本部の阿部です。
今回は、私が担当している IM-Workflow の機能について書きたいと思います。
プログラミングガイドにも載っている情報なんですが、ご存知でない方も多いかと思いますので、ここでご紹介したいと思います。

昔からよくあるユーザ様からの問合せの中で、

申請する条件によって承認者を自動的に決定したい。

というのがあります。
過去のワークフロー(BPWとか)だと、

1.その分の承認ルートを作る。

⇒ルートが複数になる事で管理者の負担が増える。

2.ルートは1つにするが、分岐を使って条件によってルートを選択する。

⇒複雑なルートとなりわかりにくい。

といった方法しかありませんでした。
IM-Workflow では、【処理対象者プラグイン】を利用する事で対応できます。
下記のような金額によって承認者を変更したい場合、

imwkf1.jpg

下記のように処理対象者としてプラグインを作成し、赤枠の設定をしておくと、

imwkf2.jpg

申請毎の金額に応じた、処理対象者が動的に決定されます。
プラグインの作成だけで対応できますので、 柔軟に対応できると思いますので、活用してみてください。

※詳細は「IM-Workflow Ver.7.2 プログラミングガイド」- 「7.2 処理対象者プラグインの作成」を参考ください。

-開発Blog
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

カラーパターンの追加

イントラマートには標準で青赤緑灰橙のページカラーパターンが用意されていますが、実はこれを追加することができます。 と、そこまでは皆さんご存知かもしれませんが、実際にカラーパターンを自作して追加されてい …

no image

intra-martベースモジュール ver4.X インストール・設定時のトラブルガイド

  ※下記内容は、過去のintra-mart(Ver4.3以前)に関する内容です。最新のintra-martでは、異なる情報であることがありますので、ご注意ください。   ベースモ …

no image

J2EEフレームワークに関するFAQ

※下記内容は、過去のintra-mart(Ver4.3以前)に関する内容です。最新のintra-martでは、異なる情報であることがありますので、ご注意ください。 J2EEフレームワークに関する技術的 …

no image

ワークフロー案件退避ツール

こんにちは、開発本部の大西です。 最近、ワークフローモジュールを利用しているユーザ様で、ワークフローの未処理案件一覧や起票済案件一覧の表示が遅くなったというご意見を多数を伺っております。 現行のワーク …

no image

intra-mart Advent Calendar 2013 第4日:ViewCreatorの表が色とりどりになってますよ!

この記事は、intra-mart Advent Calendar 2013 第4日の記事です。 昨日の記事で、ViewCreatorで、計算式を使って、データの値をいろいろと加工できることをご紹介しま …

RSSRSSRSSRSS