開発Blog

IM-Workflow 処理対象者プラグイン でこんなことできます。

投稿日:

初めまして。こんにちは。開発本部の阿部です。
今回は、私が担当している IM-Workflow の機能について書きたいと思います。
プログラミングガイドにも載っている情報なんですが、ご存知でない方も多いかと思いますので、ここでご紹介したいと思います。

昔からよくあるユーザ様からの問合せの中で、

申請する条件によって承認者を自動的に決定したい。

というのがあります。
過去のワークフロー(BPWとか)だと、

1.その分の承認ルートを作る。

⇒ルートが複数になる事で管理者の負担が増える。

2.ルートは1つにするが、分岐を使って条件によってルートを選択する。

⇒複雑なルートとなりわかりにくい。

といった方法しかありませんでした。
IM-Workflow では、【処理対象者プラグイン】を利用する事で対応できます。
下記のような金額によって承認者を変更したい場合、

imwkf1.jpg

下記のように処理対象者としてプラグインを作成し、赤枠の設定をしておくと、

imwkf2.jpg

申請毎の金額に応じた、処理対象者が動的に決定されます。
プラグインの作成だけで対応できますので、 柔軟に対応できると思いますので、活用してみてください。

※詳細は「IM-Workflow Ver.7.2 プログラミングガイド」- 「7.2 処理対象者プラグインの作成」を参考ください。

-開発Blog
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

intra-martベースモジュール ver4.X インストール・設定時のトラブルガイド

  ※下記内容は、過去のintra-mart(Ver4.3以前)に関する内容です。最新のintra-martでは、異なる情報であることがありますので、ご注意ください。   ベースモ …

no image

社員が運営するコーヒーサービス

こんにちは、開発本部の久我と申します。 高松さんからのパスを受けて、今回は私が普段会社でやっている(というより、やらせていただいている)ことを少しだけご紹介してみたいと思います。 とは言っても、何か特 …

no image

ワークフロー関連APIのver4.3/ver5.0対比表

ワークフロー関連のAPIがver5.0になり一部変更されています。 以下の添付資料はver4.3とver5.0のAPIの変更リストです。 参考にしてください。 →workflowAPI 対比表(ZIP …

no image

Formaボタンアイテムのクリック時に任意の処理を追加するには

今回のブログ記事では、ボタンアイテムのクリック時に呼び出されるアイテム固有の処理(データの登録・画面遷移など)の前に、入力値の加工など独自の業務処理をスクリプトとして実行する方法を紹介します。 &nb …

no image

Webアプリケーションサーバ情報取得ツール intra-mart Server-eye

Server-eye とは? Web application serverの情報を、ネットワークを介して手元のブラウザで見ることができます。ブラウザの画面はHTML5およびAjax(JavaScrip …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS