CookBook

IM-Workflowの一覧を業務別に使い分けるには

投稿日:2015-06-17 更新日:

この記事では、"もっと効率的に" IM-Workflowを利用した業務ができるように、一覧画面に表示するフローや案件を絞り込んで表示するための手順をご紹介します。

「フローグループ」機能を利用し、一覧に表示する対象のフローを設定すると、以下のように業務単位に申請一覧や未処理一覧を使い分けることができるようになります。

before_after.png

設定の手順

一覧画面を使い分けるための設定は、以下の手順です。

  1. ワークフローパラメータの設定
  2. フローグループの作成
  3. 一覧画面に設定するためのパラメータの確認
  4. メニューへの業務別申請一覧・未処理一覧の登録

1. ワークフローパラメータの設定

最初に、ワークフローパラメータの設定を変更し、一覧画面でフローグループを利用できるようにしましょう。
設定する項目は、「申請一覧画面のフローグループ検索条件表示」と「未処理一覧画面のフローグループ検索条件表示」で、以下のように設定してください。

  • 申請一覧画面のフローグループ検索条件表示

  • 未処理一覧画面のフローグループ検索条件表示

imw_parameter.png

ワークフローパラメータについては、「intra-mart Accel Platform / IM-Workflow 管理者操作ガイド」-「ワークフローパラメータを設定する」をご参照ください。

 

2. フローグループの作成

続いて、フローグループを作成し、フローをグループに分類しましょう。
また、後の手順で必要になるため、「フローグループID」を記録しておいてください。

flow_group.png

フローグループについては、「intra-mart Accel Platform / IM-Workflow 管理者操作ガイド」-「フローグループ定義を登録・設定する」をご参照ください。

3. 一覧画面に設定するためのパラメータの確認

フローグループ単位の一覧をメニューに登録するために必要なパラメータを確認します。

パラメータ変換元文字列の作成

    下記のフォーマットで、パラメータ変換用の文字列を生成します。

  • 申請一覧(IM-Workflow/IM-BIS)の場合

  • 未処理一覧(IM-Workflow/IM-BIS)の場合

パラメータの変換(URLエンコーディング)

Webブラウザの開発者ツール等を利用し、以下のコードを実行すると必要なパラメータを確認することができます。

実行結果の文字列は、後のメニュー登録の際に必要になりますので、記録しておいてください。

  • 実行結果の例

url_encoding.png

4. メニューへの業務別申請一覧・未処理一覧の登録

業務別の一覧画面をメニューから利用するための設定を行いましょう。

メニューアイテムへのURLと引数を以下のように設定し、メニューを登録してください。

メニュー登録の操作については、「intra-mart Accel Platform / テナント管理者操作ガイド-「メニューを設定するをご参照ください。

  • 申請一覧(IM-Workflowの場合)
    • URL
      • im_workflow/user/apply/apply_list
    • 引数
      • キー:imwCallOriginalParams
      • 値:先の手順で確認したURLエンコードの結果
  • 申請一覧(IM-BIS/ワークフローの場合)
    • URL
      • bis/user/workflow/apply/apply_list_wf
    • 引数
      • キー:imwCallOriginalParams
      • 値:先の手順で確認したURLエンコードの結果
  • 処理開始一覧(IM-BIS/BISフローの場合)
    • URL
      • bis/user/businessflow/apply/apply_list_bf
    • 引数
      • キー:imwCallOriginalParams
      • 値:先の手順で確認したURLエンコードの結果
  • 未処理一覧(IM-Workflowの場合)
    • URL
      • im_workflow/user/process/process_list
    • 引数
      • キー:imwCallOriginalParams
      • 値:先の手順で確認したURLエンコードの結果
  • 未処理一覧(IM-BIS/ワークフローの場合)
    • URL
      • bis/user/workflow/process/process_list_wf
    • 引数
      • キー:imwCallOriginalParams
      • 値:先の手順で確認したURLエンコードの結果
  • 未処理一覧(IM-BIS/BISフローの場合)
    • URL
      • bis/user/businessflow/process/process_list_bf
    • 引数
      • キー:imwCallOriginalParams
      • 値:先の手順で確認したURLエンコードの結果

menu.png

ここまでで設定完了です。

登録したメニューから一覧画面を表示すると、以下のように特定のフローに関する案件だけが最初から表示されるようになります。

result.png

【注意事項】

各一覧のソース、及びパラメータは、今後のセキュリティ対応等で変更される可能性があります。
互換性は保証できません。

-CookBook
-

執筆者:


  1. IM利用者 より:

    お世話になります。
    非常に参考になりました。

    1点質問があるのですが、
    第2階層以降のフローグループも初期選択された状態で表示する事は可能でしょうか?

    色々試してみたのですが、うまくいかず「できない」と判断しているのですが、
    もし可能ならばご教授頂ければ幸いです。

    • imdeveloper より:

      コメントいただきまして、ありがとうございます。

      第2階層以降のフローグループを指定する場合は、カンマ区切りで指定できます。

      例 ) {“applyListParams”:{“flowGroupId” : “sample,sample2,sample3”}}

      ただし、上位階層の全てのフローグループを順番通りに指定する必要があります。
      ご確認くださいませ。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

IM-FormaDesignerで作成したフォーム内で、外部連携を利用して最も簡単に値を渡す方法(単一アイテム編)

このCookBookでは、IM-FormaDesignerで作成したフォーム画面の中で、アイテムからアイテムへ値を渡す方法について紹介します。 今回は例として、文字列と数値の値を同時にアイテムからアイ …

no image

No.9 音声認識からスケジュール登録

この記事は、EWS 2017で行われたLogicDesignerの講演内容に関する記事です。 こちらの例では、LogicDesignerと音声認識(Web Speech API)の仕組みを利用して、音 …

no image

No.5 外部サイトの定期監視

この記事は、EWS 2017で行われたLogicDesignerの講演内容に関する記事です。 こちらの例では、LogicDesignerからIM-FormaDesigner / IM-BIS / IM …

no image

IM-Notice Broker の設定方法

この CookBook では、分散環境での IM-Notice (デスクトップ版)の設定方法について紹介しています。 分散環境の構成として、以下のような 2 台構を考えます。 マシン IPアドレス A …

IM-BloomMaker グラフエレメントの使い方(円グラフ編)

この CookBook では、intra-mart Accel Platform 2019 Winter から利用可能になった IM-BloomMaker の円グラフの活用方法について紹介しています。 …