開発Blog

intra-mart Advent Calendar 2013 第14日:IMBoxを抜いてAccel Platformをインストールする方法

投稿日:

この記事は、intra-mart Advent Calendar 2013 第14日の記事です。

別の記事を考えていたのですが、昨日だけで、この内容を3回も聞かれたので、意外と皆さんお困りだと思いますので、急遽、IMBoxを抜いた構成のAccel Platformをインストールする方法、つまり、Cassandaを用意しなくても動かせる方法をご紹介します。

Accel Platformでは、インストーラー兼構成管理ツールとして、IM-Jugglingを利用します。このIM-Jugglingで必要な機能だけ選択してwarファイルを作成できると各所でご説明しています。

しかし、実際、IMBoxを入れない構成のAccel Platformを作ろうと思っても、手順を間違うと、IMBoxが入ったwarファイルが作成され、起動時にIMBoxで利用するCassandraに接続できないエラーが延々と流れ、テナント環境セットアップでCassandraにデータが作成できないので、エラーになります。

じゃ、どうすりゃいいの?ということになるので、単刀直入に答えを書くと。

の赤線の部分、

  • IMBox
  • IMBoxスマートフォン
  • IMBoxポートレット
  • IM-ContentsSearch for IMBox
  • IM-FileExchange IMBox連携

を外しください。

なお、アプリケーションを追加している場合は、IM-ContentsSearchやIM-FileExchangeのようにIMBox連携しているモジュールの選択を外してください。

これで、保存して、warファイルを作成することで、IMBoxなし、Cassandra不要のAccel Platformが利用可能です。

でも、これって邪魔臭いですよね?なので、2013/12/20以降にIM-Jugglingを起動すると更新チェックがかかり、最新版に更新されると以下のように、モジュールを右クリックすると「このモジュールを利用している機能を全て非選択とします」という機能が追加されます。
IMBoxの場合も、IMBox本体を選択して、右クリックから「このモジュールを利用している機能を全て非選択とします」を選択することで、上記に記載したことを自動で処理するようになります。

この記事では、IMBoxが悪者のように書いていますが、IMBox自体、弊社内でもAccelPlatformの中でも、一番利用されているコミュニケーションツールで、非常に便利で有用な機能ですので、IMBoxありのAccel Platformで使ってもらえると非常に嬉しいです。

 

 

 

 

-開発Blog
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

intra-martで作成したアプリケーションに対するプログラムパスの張り方について

  ※下記内容は、過去のintra-mart(Ver4.3以前)に関する内容です。最新のintra-martでは、異なる情報であることがありますので、ご注意ください。   質問 : …

no image

intra-mart Advent Calendar 2013 第6日:実は、認可設定状況確認(/tenant/authz/view) というかあるんですよ!

この記事は、intra-mart Advent Calendar 2013 第6日の記事です。 あまり知られていないであろう機能を紹介する今年のAdvent Calendar、今回は、あまり知られてい …

no image

intra-mart Advent Calendar 2013 第7日:個人設定メニューの順番を変更する方法(右上のヤーツ)

この記事は、intra-mart Advent Calendar 2013 第7日の記事です。 今回は「個人設定メニューの順番変更方法」をご紹介したいと思います。 intra-mart Accel P …

no image

iCEC2011 スマートフォン対応について

4/26に開催された「intra-mart Certified Evangelist Conference 2011(iCEC2011)」での講演資料を公開します。 スマートフォン対応について 01_ …

no image

IM-Workflowで承認時にも認証を行う方法

IM-Workflowでは、本当に本人が申請・承認しているかを証明するための仕組みとして、「認証確認(再認証)」を設定することができます。 この仕組みを利用すると、ワークフローの申請・承認を行うタイミ …

RSSRSSRSSRSS