開発Blog

intra-mart Advent Calendar 2013 第5日:ViewCreatorは、データベース以外も覗けますよ!

投稿日:

この記事は、intra-mart Advent Calendar 2013 第5日の記事です。

ViewCreatorは、データベースのテーブルを参照するツールとご紹介してきましたが、実は、Accel PlatformのViewCreatorでは、データベース以外に格納されたデータを扱うためのインターフェースを用意しています。標準では、CSVファイルとログファイルを参照するための実装を提供しています。
その他のデータも各インターフェースに準拠したものを用意していただければ、ViewCreator上で参照可能になります。

標準で提供している、CSVファイルやログファイルの場合は、プログラムを書くことなく、以下の画面のファイルリソース管理で、簡単な設定をするだけでViewCretor上で扱うことができます。

この画面で登録したCSVファイルやログファイルは、クエリ編集画面で、接続IDが「files」というものを選択すると表示され、通常のデータベースのテーブルを選択するようにクエリ編集が可能になります。

当然ですが、元々が、ファイルですので、データベースのテーブルのように、複数のファイルやデータベースのテーブルとJoinしたり、where句を直接編集して条件を記述するということはできません。
そのようなニーズが発生した場合やファイルのデータサイズを大きい場合は、ファイルリソース管理画面で、データベースとの連携欄の「テーブルを作成してデータ連動する」を有効にすることで、指定したファイルをデータベース上のテーブルにインポートすることが可能です。このデータベース連携機能を用いることで、外部システムから提供されたCSVデータをこの機能でデータベースのテーブルにインポートし、IM上のプログラムで利用する簡単なデータ連携の仕組みとしても利用できると思います。

製品標準では、CSVファイルやログファイルだけですが、冒頭でも紹介したとおり、独自に、固定長ファイルの取り込みや、他システムのデータを直接参照といったことも実現可能ですので、いろいろと駆使してみてください。

参考:「ViewCreator 管理者操作ガイド / 外部データソースの利用

 

 

-開発Blog
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Forma関数で条件式を書く

IM-FormaDesignerの画面アイテム「関数」を利用して式を記述できますが、まもなくリリース予定のパッチ2よりAND演算・OR演算の論理演算関数や比較演算子を使えるようになります。 これにより …

no image

intra-mart Advent Calendar 2013 第14日:IMBoxを抜いてAccel Platformをインストールする方法

この記事は、intra-mart Advent Calendar 2013 第14日の記事です。 別の記事を考えていたのですが、昨日だけで、この内容を3回も聞かれたので、意外と皆さんお困りだと思います …

no image

StartPack4.0とConceptBase Serch1000 ver4.0との連携

  ※下記内容は、過去のintra-mart(Ver4.3以前)に関する内容です。最新のintra-martでは、異なる情報であることがありますので、ご注意ください。   スタート …

no image

intra-mart Advent Calendar 2013 第23日:iWP/iAFでJSP1ファイルだけで、任意の画面を呼び出す方法

この記事は、intra-mart Advent Calendar 2013 第23日の記事です。 Accel Platformの機能紹介を行ってきたintra-mart Advent Calender …

no image

intra-mart Advent Calendar 2013 第17日:Warファイル作成時の実行環境の違いについて

この記事は、intra-mart Advent Calendar 2013 第17日の記事です。 IM-JugglingでWarファイルを作成する際、以下の画面で、実行環境という項目があり、選択するよ …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS