開発Blog

intra-mart Advent Calendar 2013 第5日:ViewCreatorは、データベース以外も覗けますよ!

投稿日:

この記事は、intra-mart Advent Calendar 2013 第5日の記事です。

ViewCreatorは、データベースのテーブルを参照するツールとご紹介してきましたが、実は、Accel PlatformのViewCreatorでは、データベース以外に格納されたデータを扱うためのインターフェースを用意しています。標準では、CSVファイルとログファイルを参照するための実装を提供しています。
その他のデータも各インターフェースに準拠したものを用意していただければ、ViewCreator上で参照可能になります。

標準で提供している、CSVファイルやログファイルの場合は、プログラムを書くことなく、以下の画面のファイルリソース管理で、簡単な設定をするだけでViewCretor上で扱うことができます。

この画面で登録したCSVファイルやログファイルは、クエリ編集画面で、接続IDが「files」というものを選択すると表示され、通常のデータベースのテーブルを選択するようにクエリ編集が可能になります。

当然ですが、元々が、ファイルですので、データベースのテーブルのように、複数のファイルやデータベースのテーブルとJoinしたり、where句を直接編集して条件を記述するということはできません。
そのようなニーズが発生した場合やファイルのデータサイズを大きい場合は、ファイルリソース管理画面で、データベースとの連携欄の「テーブルを作成してデータ連動する」を有効にすることで、指定したファイルをデータベース上のテーブルにインポートすることが可能です。このデータベース連携機能を用いることで、外部システムから提供されたCSVデータをこの機能でデータベースのテーブルにインポートし、IM上のプログラムで利用する簡単なデータ連携の仕組みとしても利用できると思います。

製品標準では、CSVファイルやログファイルだけですが、冒頭でも紹介したとおり、独自に、固定長ファイルの取り込みや、他システムのデータを直接参照といったことも実現可能ですので、いろいろと駆使してみてください。

参考:「ViewCreator 管理者操作ガイド / 外部データソースの利用

 

 

-開発Blog
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

「戻る」ボタン問題の解法

  ※下記内容は、過去のintra-mart(Ver4.3以前)に関する内容です。最新のintra-martでは、異なる情報であることがありますので、ご注意ください。   業務シス …

no image

SQL Server利用時の実行速度向上策について

SQLServerのJDBCドライバのパラメータ設定方法です。 このパラメータを設定すると、SQLServer利用時のJDBCプログラミングAPIであるjava.sql.PreparedStateme …

no image

intra-mart Advent Calendar 2013 第9日:Resin Adminのご紹介

この記事は、intra-mart Advent Calendar 2013 第9日の記事です。 Accel Platformからの標準のWebアプリケーションサーバであるResin 4.0は、運用面の …

no image

log4jdbcを使ったSQL(JDBC)のトレース

こんにちは、開発本部の榎本です。 開発中にデータベースに対してどのようなクエリが流れているのか確認してみたいことありませんか? 以前、山寺さんが紹介していたResinのログで取得するなど、いろいろな方 …

no image

intra-mart Advent Calendar 2013 第7日:個人設定メニューの順番を変更する方法(右上のヤーツ)

この記事は、intra-mart Advent Calendar 2013 第7日の記事です。 今回は「個人設定メニューの順番変更方法」をご紹介したいと思います。 intra-mart Accel P …

RSSRSSRSSRSS