開発Blog

intra-martベースモジュール verr4.X パラメータチューニングガイド

投稿日:

 


※下記内容は、過去のintra-mart(Ver4.3以前)に関する内容です。
最新のintra-martでは、異なる情報であることがありますので、ご注意ください。


 

intra-martの各種パラメータはその実行環境に合わせて適切にチューニングし ていただく必要がございますが、ver4.Xではこれまでその方法をわかりやすく解説した資料がございませんでした(ver3.2のチューニングガイドは すでに当サイトにて公開されています)。当資料では、intra-martのパフォーマンス(実行速度)を向上させるために必要となるパラメータチューニ ングについて記述します。

intra-martベースモジュールver4.0 パラメータチューニングガイド(PDF、23KB)

(参考)レスポンスが悪いときには..。

レスポンス関係のトラブルがあった際に、弊社営業で利用している初期対応方法を公開します。ご参考になれば幸いです。

レスポンスが悪いといわれた場合の初期対応 虎の巻

1.何とくらべて遅いかなど客観的に比較しているか?
->感覚でなんとなく遅いと言っている場合があります。この場合はきちんとレスポンス検証するなど確証をとる必要があります。

2.サーバー構成が使用する同時アクセスをこなせる構成か?
->同時数百がアクセスする要件なのにスタンドアロン構成で運用しているなど、無理な構成になっていないかを確認します。

3.インストールしたデフォルト値のまま運用していないか?
->上記のチューニングガイドや設定ガイドを参照するよう誘導する必要があります。

4.間違ったチューニングをしていないか?
->過去の事例では、搭載メモリが1GBしかないのに、各サーバのJavaのXmxの設定の合計が1GBを超えていた場合や、設定値の意味を理解し ないままスレット数を多くしたり少なくしていたことがあります。

5.遅い部分が明確になっているか?
->システム全体が遅いのか特定の画面が遅いのかを切り分けて考える必要があります。

5.ユーザーが作成した特定の画面が遅い場合
->画面設計やコーディングに問題がある場合が多いです。イントラマート社のサポートスタジオなどを利用してコーディングチェックをするのも一つの 方法です。

6.Windows環境でWebメール(特にIMAP4)を使用しているか?
->IMAP4サーバ側での遅延とWindowsのScoket通信の実装の問題が原因です。

7.システム全体が遅い。なにがなんだか皆目検討もつかない。
->NTTデータイントラマート社にご相談ください。

-開発Blog
-

執筆者:

関連記事

no image

IM-Workflowで承認時にも認証を行う方法

IM-Workflowでは、本当に本人が申請・承認しているかを証明するための仕組みとして、「認証確認(再認証)」を設定することができます。 この仕組みを利用すると、ワークフローの申請・承認を行うタイミ …

no image

認可の閉塞機能を使いこなす

今回は認可の閉塞機能 (※1) についての紹介です。 2013 Summer から提供されていた認可リソースの閉塞機能ですが、2013 Winter で機能を追加して、アクション単 …

no image

社員が運営するタイ料理ランチケータリングサービス

こんにちは。エンタープライズソリューション本部の久木田(通称くっきー)と申します。 この会社のタイ料理店の店長をしています。 最近、矢野さんのトイレの空き状況の見える化システムや高松さんの社員が運営す …

no image

intra-martのLDAP接続機能について

※下記内容は、過去のintra-mart(Ver4.3以前)に関する内容です。最新のintra-martでは、異なる情報であることがありますので、ご注意ください。 intra-martはver2.1よ …

「高松商店」のデジタル化事例のご紹介

こんにちは。デジタルビジネス推進室の高松です。 今回は、高松商店のちょっとしたデジタル化についてご紹介させて頂きます。 (高松商店をご存知ない方は、こちらの記事をご覧ください!) 高松商店の近況 前回 …

RSSRSSRSSRSS