開発Blog

intra-mart WebPlatform/AppFramework Ver7.2について その5

投稿日:2010-04-30 更新日:

今回で、iWP Ver7.2の紹介は、最終回です。

■開発系

  • ドラッグ&ドロップによるファイルアップロード用タグ
    intra-mart WebPlatform/AppFramework Ver7.2について その2で紹介させて頂きました、ドラッグ&ドロップによるファイルアップロードは、以下のタグにて実現することが可能です。

<imart:upload>
<imart:uploadParam>
<imart:uploadPath>
<IMART type="upload">
<IMART type="uploadParam">
<IMART type="uploadPath">
(※利用可能なクライアント環境の制限があります)

  • スクリプト開発モデルのIMARTタグが、<IMART type="XXXX" />形式での記述が可能。
    子要素が不要なIMARTタグは、タグの最後に/(スラッシュ)を記述する事で、閉じタグを省略できるようになりました。   
  • その他、以下の機能追加があります。

    • HTML表示用文字列に変換するメソッドが追加されました。
      jp.co.intra_mart.common.aid.jsdk.utility.BrowseString
      jp.co.intra_mart.framework.base.web.util.HTMLEncoder
      Module.string オブジェクト 
    • スクリプト開発モデルの「Module.download.send()」が Safariに対応しました。   
    • スクリプト開発モデルの Request オブジェクトに「#getParameters (String name)」メソッドが追加されました。 
    • Module.alert.link()およびModule.alert.reload()で「画面プログラムへの引数群」に同一名称のパラメータが複数渡せるようになりました。 
    • Module.alert.link()およびModule.alert.reload()で「画面プログラムへの引数群」にBoolean型のパラメータが渡せるようになりました。 
    • SOAPClientオブジェクトのStubコンパイル時の最大ヒープサイズが設定可能になりました。

 

■動作環境

以下の環境をサポートしています。
(変更があった部分を赤字にしています。)

  • サーバ

    • OS

      • Windows Server 2003 R2
      • Windows Server 2008 R2
      • RedHat Linux 5
      • Solaris 10
      • HP-UX 11iv3
      • AIX 6.1 
    • WebServer

      • Apache 2.2
      • IIS 6.0/7.0/7.5  
    • ApplicationServer

      • Resin 3.1.9
      • JBoss 4.2.3
      • IBM WebSphere 7.0
      • Oracle Weblogic 10g
      • Oracle Weblogic 11g 
    • DataBaseServer

      • Oracle 10g Release2
      • Oracle 11g Release2
      • MS SQLServer2008
      • IBM DB2 9.7
      • PostgreSQL 8.4 

 

  • クライアント

    • Windows XP SP2

      • MS Internet Explorer 6 SP3※1
      • MS Internet Explorer 7
      • MS Internet Explorer 8
      • Firefox 3.5
    • Windows Vista

      • MS Internet Explorer 7
      • MS Internet Explorer 8
      • Firefox 3.5
    • Windows 7

      • MS Internet Explorer 8
      • Firefox 3.5 
    • Max OS X 10.6(Snow Leopard)

      • Safari 4.0 
    • Flash(システム管理者、ログイングループ管理者用)

      • Adobe Flash Player 10  
    • JRE(システム管理者、ログイングループ管理者、ファイルD&D利用者のみ)

      • JRE 6.0  
    • SVG(BPM用)

      • Adobe SVG Viewer 3.0

※1:IE6では、im共通マスタ、imワークフローの動作はサポート対象外です。

クライアント環境は、教育関連などから強い要望のあった、Mac Safariを追加したのと、Windows7対応、FireFox3.5に変更になったのが大きな変更点です。

以上、intra-mart WebPlatform/AppFramework Ver7.2についてのご紹介でした。

ご要望等、ご質問に関して、営業経由でも結構ですし、直接の場合は、twitterでつぶやいて頂いても結構ですので、よろしくお願いいたします。

 

 

-開発Blog
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

e Builder Ver.7.2 パッチ1で機能強化します!

開発本部の江本です。 ※またまた e Builder で申し訳ないです。。 6/30に e Builder Ver.7.2 をリリースして早くも3ヶ月が過ぎました。 今日で2010年度半期も終了! も …

no image

intra-mart製品の外字対応方針について

<intra-mart製品の外字対応方針について> 以前より問い合わせの多いintra-mart製品の外字対応方針について資料をまとめましたので参考にしてください。 (1)BM/FW Ver.5 Fo …

no image

iCEC2011 業務スケルトン

4/26に開催された「intra-mart Certified Evangelist Conference 2011(iCEC2011)」での講演資料を公開します。 業務スケルトン 02_Busine …

no image

認可の閉塞機能を使いこなす

今回は認可の閉塞機能 (※1) についての紹介です。 2013 Summer から提供されていた認可リソースの閉塞機能ですが、2013 Winter で機能を追加して、アクション単 …

no image

AccelPlatform向け業務スケルトンのリリース予定について

現状、AccelPlatfrom版のeBuilderで対応できていなくて、おまたせしております、AccelPlatform向け業務スケルトンについて、以下のようにリリースを予定しております。 おまたせ …

RSSRSSRSSRSS