開発Blog

intra-martの WebServer機能について

投稿日:2002-01-14 更新日:


※下記内容は、過去のintra-mart(Ver4.3以前)に関する内容です。
最新のintra-martでは、異なる情報であることがありますので、ご注意ください。


ベースモジュールver2.X以前ではWebServerを別に立てる必要がありましたが、ベースモジュール ver3.0よりはWebServerの機能がintra-martApplicationServer(以下 iAS)内に内包されました。
そのためver3.0以降ではこれまでどおり、Apache/IIS/iPlanetなどの他社製WebServerを利用することもできますし、また iASに内包されたWebServer機能(以下intra-martHttpServer)を利用することも可能です。
ただどのような場合にはどちらの方式を利用するべきかの明確な指針がなかったため多少混乱している結果になっていることも事実です。
このコラムでは、それらの指針ついてまとめてみました。

(1)機能の整理

ベースモジュールver3.0からの2つの形態について記述します。

・他社製WebServerを利用時

Apache/IIS/iPlanetなどの他社製WebServerを利用する際の形態です。各WebServerに WebServerConnectorというプラグインモジュール(組み込みモジュール)を組み込みます。WebServerConnectorがiAS と接続することで、WebServerとの連携を可能にします。iASの分散構成時にはラウンドロビン(自動負荷分散)が実現できます。

・intra-martHttpServer利用時

iASに内包されているWebServer機能です。この機能を利用する際には他社のWebServerは必要ありません。
intra-martHttpServerは一般的なWebServerの機能を持っていますが、認証機能(Basic認証/SSL)の利用はできませ ん。

上記のどちらの方式を利用するかは、初期設定ファイルであるimart.confで設定します。

----imart.conf----

HttpServer:<app-server http="true"> →intra-martHttpServer利用
AppServer:<app-server http="false"> →他社製WebServer利用(WebServerConnector経由)

(2)それぞれの特徴

<他社製WebServerを利用時>

メリット:
・外部向けのサイトではWebServerを分離してDMZに設置できるため、iASの情報のセキュリティを保持できる。
・WebServerの機能でSSLによる暗号化を利用できる
・分散構成時にも高価なクラスタ装置を必要としない(WebServerにプラグインされたWebServerConnectorが振り分けの機能を持 つ)

デメリット:
・WebServerとiAS間のネットワーク負荷がかかる(内包されたintra-martHttpServerを利用するのに比べると若干速度が低下 する)

※またデメリットではありませんが、この形態では静的なHTMLファイルやgifファイルはWebServer上におかれることになります。

<intra-martHttpServer利用時>

メリット:
・iASに内包されたintra-martHttpServerを利用するのでネットワーク負荷がかからない(iASとintra- martHttpServerは同一のプロセス内で動作する)
・WebServerは購入する必要なし

デメリット:
・外部向けのサイトではiASをDMZに設置することになるため厳密なセキュリティが保持できない。
・intra-martHttpServerはSSLの機能が無い
→ただし分散構成時には市販のクラスタ製品をDMZに置き、またそのクラスタ製品でSSL機能があるものを選択するとセキュリティは保たれる仕組みとな る。
・分散構成時には高価なクラスタ製品が別途必要となる。

※この形態では静的なHTMLファイルやgifファイルiAS上におかれることになります。

(3)2つの形態の選択指針

以上より2つの形態の選択指針をまとめると以下のようになります。

・外向けのサイトで高いセキュリティレベルが必要となる
・SSLによる暗号化を使用したい
→他社製WebServerを選択

それ以外であれば、intra-martHttpServerを選択することで、レスポンス面でも向上します。

-開発Blog
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

e Builder Application ProducerでDB設計♪

こんにちは、開発本部の江本です。 私は現在、e Builder Application Producer の開発をやってます。 e Builder の便利な機能やTips、今後の機能強化などについてブ …

no image

業務スケルトンのバージョンアップ

初めまして。開発本部の齊藤悠です。 本日、eBuilderに組み込まれております「業務スケルトン」のバージョンアップを行ないましたので更新内容をご紹介させて頂きます。 今回の更新では、JavaEE開発 …

no image

intra-mart Advent Calendar 2013 第18日:認可関連のタグ3種(imAuthz, imUrlAuthz, imAuthzPolicyEditor)

この記事は、intra-mart Advent Calendar 2013 第18日の記事です。 今回は、認可関連のタグ3種(imAuthz, imUrlAuthz, imAuthzPolicyEdi …

no image

Formaパッチ2リリース!さらに楽しく、使いやすく改良♪

IM-FormaDesigner Ver.7.2のパッチ2を本日、リリースいたしました。 パッチ2では、IM-共通マスタとIM-Workflowの画面アイテムの追加や、後処理機能の追加等々を行っていま …

no image

データベースの登録、更新、削除メソッドをカスタマイズする

※下記内容は、過去のintra-mart(Ver4.3以前)に関する内容です。 最新のintra-martでは、異なる情報であることがありますので、ご注意ください。 データベースを操作するプログラムを …