開発Blog

アクセスセキュリティモジュール(ログイン画面)を利用しないでアプリケーションを構築する方法

投稿日:


※下記内容は、過去のintra-mart(Ver4.3以前)に関する内容です。
最新のintra-martでは、異なる情報であることがありますので、ご注意ください。


※以下はAPIリストからの抜粋です。

1.概要

intra-mart BaseModule では、アクセスセキュリティモジュール(ログイン画面)にとらわれない独自のアプリケーション作成を可能にするソリューションを標準機能として提供してい ます。
intra-mart BaseModule において標準で提供されているログイン画面および各種機能画面を必要としない場合、それら画面プログラムをすべて破棄することにより、intra- mart ランタイム・エンジン上で動作するアプリケーションすべてを独自に作成できます。

2.準備(インストール)

intra-mart BaseModule をインストールガイドにしたがってインストールしてください。
分散システムを構築する場合には、すべてのサーバをインストールします。
インストールが完了したら、intra-mart Information Server/pages 直下のすべてのディレクトリを削除してください。

3.準備(ライセンス登録)

アクセスセキュリティモジュールを利用しないで画面を作成する場合、標準で提供される画面をすべて破棄してしまうため、通常の方法でライセンス登録を行う ことができません。
ライセンス登録は、下記の2つの方法のいずれかで行って下さい。

方法1
  1. intra-mart BaseModule のインストール
  2. intra-mart BaseModule の起動
  3. 初期データインポート
  4. master でログイン
  5. [システム設定]-[ライセンス]画面を表示
  6. ライセンス登録
  7. intra-mart BaseModule の停止
  8. Information Server 直下の全ディレクトリ削除
方法2 intra-mart BaseModule が正常に動作している状態で、下記のURLをリクエストします。
http://web-server/alias/license/register.html
(web-server および alias の部分は環境に合わせて適宜読み替えて下さい。)
上記URLをリクエストするとライセンス登録画面が表示されますので、その画面にてライセンス登録を行って下さい。


4.作成(共通)

初期起動ファイル init.js を開いて、中身をすべて削除した後に、init() 関数を作成して同関数内に初期起動プログラムを記述します。

5.作成(intra-mart BaseModule Server)

アプリケーション・プログラムを作成する場合、Information Server のインストール直下にある session.jsmain.html main.js を開いて、中身をすべて削除した後に、それぞれ目的にあったプログラムを記述していきます。
アプリケーションの動作概要と、上記スクリプトファイルの動作仕様に関しては、動作概要【 Application Server 篇 】およびPresentation Pageについてを参照して下さい。

6.作成(intra-mart Batch Server)

バッチ・プログラムを作成する場合、Information Server のインストール直下にある batch.js を開いて、中身をすべて削除した後に、仕様に合わせてプログラムを記述していきます。バッチの動作概要と、上記スクリプトファイルの動作仕様に関しては、Batch Programについてを参照して下さい。

7.注意事項

アクセスセキュリティモジュールを利用せずに画面を作成した場合、標準で提供されている一部の機能(API)が利用できません。

利用できないAPI(ページベース開発モデル)
  • アクセスセキュリティに関連した機能
    • Module.access.*
    • Module.client.*
    • Module.external.*
    • Module.logingp.*
    • AccountManager.*
    • DataForAccount.*
    • DataForRole.*
    • RoleManager.*
  • ワークフロー機能
    • AckApplicant.*
    • AckItem.*
    • Acknowledge.*
    • AckUtil.*
  • その他
    • <IMART type="secure">
    • Module.alert.*
    • Module.almanac.*
    • Module.download.*
    • Module.grouping.*
利用できないAPI(J2EEベース開発モデル)
  • アクセスセキュリティに関連した機能
    • imart.acssecurity.*
  • ワークフロー機能
    • imart.ackwkf.*
  • その他
    • imart.appcomn.*


アクセスセキュリティモジュールを利用せずに画面を作成した場合、[install_directory]/conf/imart.conf 内の設定項目の中で有効に機能しないものがあります。
アクセスセキュリティモジュールを利用せずに画面を作成した場合、intra-mart の他のパッケージおよびアドオン・モジュールを追加インストールすることができません。

以上

-開発Blog
-

執筆者:

関連記事

no image

intra-martのLDAP接続機能について

※下記内容は、過去のintra-mart(Ver4.3以前)に関する内容です。最新のintra-martでは、異なる情報であることがありますので、ご注意ください。 intra-martはver2.1よ …

no image

intra-martベースモジュールver3.2 パラメータチューニングガイド

※下記内容は、過去のintra-mart(Ver4.3以前)に関する内容です。最新のintra-martでは、異なる情報であることがありますので、ご注意ください。 intra-martの各種パラメータ …

「高松商店」IoT化事例のご紹介

こんにちは、デジタルビジネス事業推進室の高松です。 「デジタルビジネス事業推進室」では、IoTやAI、RPAといった新しい要素技術を活用したビジネス化の検証をしています。 今回は、弊社のちょっと変わっ …

no image

最近のトラブル事例から - Oracle11でDATE型が正しく表示できない –

毎年、4月になると、年度末で開発を終えたシステムが運用を開始して、さまざまなお問い合わせがくる季節で、今年も、例年と同じく、さまざまなご相談を弊社サポートサイトを中心に対応させていただきました。そこで …

no image

「印影機能」をさくっと試してみる

今日は IM-Workflow Ver.7.2 のパッチ6で追加された「印影機能」を動かしてみます。 「印影機能」は、以下の準備が必要です。 ワークフローパラメータで「印影の使用可否」を「使用する」に …

RSSRSSRSSRSS