開発Blog

FormaDesigner「正方形/長方形」を使って帳票っぽい画面を作る♪

投稿日:

FormaDesignerのパッチ1が1/27にリリースされました。
そのパッチ1で追加された画面アイテム「正方形/長方形」を使って、帳票っぽい画面を作ってみました。

 

square_sample.png

 

上記画面は、以下の画面アイテムで構成されています。

  • 見出し1個
  • 正方形4個(背景色が灰色の長方形2個/背景色なしの長方形2個)
  • ラベル2個(名前/誕生日)
  • 文字列1個
  • 日付1個
  • ボタン1個

またパッチ1では、画面アイテムの重ね順(前面へ移動/背面へ移動 等)を制御できるようになりました。
これで後から配置した画面アイテムを背部に移動することができるようになりました。

ただ、上記のような画面を作るときに、画面アイテムを細かく移動してあげる必要があります。
現状マウスだけでは微妙な位置調整はできず、プロパティから移動してしまいました。。。

パッチ2では、画面アイテムをキーボードのカーソルキーで(1pxずつ)移動できるように改善いたします。

-開発Blog
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

intra-mart WebPlatform/AppFramework Ver7.2について その4

おかげ様で、intra-mart WebPlatform/AppFramework Ver7.2を無事リリースさせて頂きました。 今回は、BPM関連の機能追加について、ご紹介いたします。 BPMでは、 …

no image

業務スケルトンのバージョンアップ

初めまして。開発本部の齊藤悠です。 本日、eBuilderに組み込まれております「業務スケルトン」のバージョンアップを行ないましたので更新内容をご紹介させて頂きます。 今回の更新では、JavaEE開発 …

no image

intra-mart Advent Calendar 2013 第11日:Resin HealthSystemのご紹介

この記事は、intra-mart Advent Calendar 2013 第10日の記事です。 Resinは、アプリケーションが動作しているResin本体とは別にwatchdogという監視サーバが動 …

no image

intra-martとリッチクライアントツールCurlの連携について

  ※下記内容は、過去のintra-mart(Ver4.3以前)に関する内容です。最新のintra-martでは、異なる情報であることがありますので、ご注意ください。   intr …

no image

Formaボタンアイテムのクリック時に任意の処理を追加するには

今回のブログ記事では、ボタンアイテムのクリック時に呼び出されるアイテム固有の処理(データの登録・画面遷移など)の前に、入力値の加工など独自の業務処理をスクリプトとして実行する方法を紹介します。 &nb …