開発Blog

トラブル時の現状把握に必要な情報

投稿日:2004-05-06 更新日:


※下記内容は、過去のintra-mart(Ver4.3以前)に関する内容です。
最新のintra-martでは、異なる情報であることがありますので、ご注意ください。


大規模システムが増加するに従い、弊社営業にもトラブル時に緊急支援を依頼されるケー スが増えて参りました。
弊社でも、特約店皆様からの要請にすばやく対応するために、事前に以下の情報提供をお願いすることになります。
トラブル時には当資料の記述に従い、必要な情報を送信するようにしてください。皆様のご協力をよろしくお願いします。

 


1.各サーバプロセス(各サービスプラットホーム)のインストールディレクトリ
内にある起動情報ファイル(environment.txt)を、どのサーバプロセス
(サービスプラットホーム)のファイルかわかるような状態で事前にお送りいた
だく。

2.各サーバプロセス(各サービスプラットホーム)のインストールディレクトリ
内にあるlog ディレクトリー内の全てのログファイルを事象発生時間の前後1時間
だけの状態に編集し、どのサーバプロセス(サービスプラットホーム)の
どのファイルかがわかるような状態で事前にお送りいただく。

3.各サーバプロセス(各サービスプラットホーム)のメモリーログを事象発生時間
の前後1時間だけの状態に編集し、どのサーバプロセス(サービスプラットホーム)
のファイルかかわかるような状態で事前にお送りいただく。

4.通常運用時(事象発生時以外)の各サーバプロセス(各サービスプラットホーム
)のメモリーログを一日分(0:00~23:59)に編集し、どのサーバプロセス(サービ
スプラットホーム)のファイルかかわかるような状態で事前にお送りいただく。

5.intra-mart構成(intra-martで使用している部分のネットワーク構成も含む)だ
けが記載されているシステム構成図(※他の情報が混在していると混乱を招きか
ねないので)

6.事象発生時に各サーバプロセス(各サービスプラットホーム)がどのような状態
にあったのか、各サーバプロセス(サービスプラットホーム)単位でかかわかる
ようなレポートを事前にお送りいただく。

■レポートいただく際の最低限記載いただく内容
・事象の発生時間
各サーバプロセス(各サービス)稼動のOS上の時刻を発生時点で確実に記録
したものを記載願います
・場所
各サーバプロセス(各サービス)の名称で記載
・メモリー状況
各サーバプロセス(各サービスプラットホーム、各サービス)が稼動する
環境のサーバプロセス(サービスプラットホーム、サービス)稼動前のOS
側のFreeメモリー量(仮想メモリ除く)、各サーバプロセス(各サービス
プラットホーム)に割り当てたJavaVMのヒープメモリ量(-Xms、-Xmx)及
び、事象発生時のJavaVMのFreeヒープメモリ量をどのサーバプロセス(サ
ービスプラットホーム、サービス)かがわかる状態で記載
※フレームワークをご利用の場合には、各アプリケーションサーバのログもご送付ください。

■レポートいただく記載語句の整理
・落ちた
Javaプロセスが存在していない状態は落ちたと記載
・止まった
Javaプロセスが存在するが、JavaプロセスがCPUを使用していない状態は
止まったと記載
・ハングアップ
Javaプロセスが存在するが、そのプロセスがかなり多くのCPUを使用して
いる状態はハングアップと記載

●チューニング作業を行う為に必要な条件
1.通常稼動時間帯で、通常どおりシステムが使われている時間帯であること
2.なおかつ調整&試行を繰り返す為、1日もしくは数日間、何度も再起
動できる状態
3.運用に見合ったキャパシティーが無い場合は、調整作業を行っても
状況が改善されません。

ご不明点はinfo@intra-mart.jpに お願いいたします。

-開発Blog
-

執筆者:

関連記事

no image

intra-mart WebPlatform/AppFramework Ver7.2について その4

おかげ様で、intra-mart WebPlatform/AppFramework Ver7.2を無事リリースさせて頂きました。 今回は、BPM関連の機能追加について、ご紹介いたします。 BPMでは、 …

「高松商店」IoT化事例のご紹介

こんにちは、デジタルビジネス事業推進室の高松です。 「デジタルビジネス事業推進室」では、IoTやAI、RPAといった新しい要素技術を活用したビジネス化の検証をしています。 今回は、弊社のちょっと変わっ …

no image

「im-J2EE Framework」仕様書

※下記内容は、過去のintra-mart(Ver4.3以前)に関する内容です。最新のintra-martでは、異なる情報であることがありますので、ご注意ください。 技術者向け資料が新しく公開されました …

no image

認可のExcelインポート・エクスポートで認可設定がより便利に

今回は、認可のExcelインポート・エクスポート機能についての紹介です。 0.はじめに 1.認可Excelインポート・エクスポート機能を使用するためには 2.【使用例1】権限設定の変更を、業務時間外 …

no image

認可の閉塞機能を使いこなす

今回は認可の閉塞機能 (※1) についての紹介です。 2013 Summer から提供されていた認可リソースの閉塞機能ですが、2013 Winter で機能を追加して、アクション単 …

RSSRSSRSSRSS