開発Blog

QRコードの表示

投稿日:2011-03-01 更新日:

こんにちは、開発本部の榎本です。

intra-mart上での画面開発において、QRコードを利用したいという場合があるかと思います。
今回はhttp://www.d-project.comから配布されているQRコードライブラリ(MITライセンス)を利用したサンプルをご紹介します。

1. http://www.d-project.comからQRコードライブラリ(java)をダウンロードしzipファイルに含まれるqrcode.jarを、%IMART%/doc/imart/WEB-INF/lib配下にコピーします。

2. 今回はimartタグでQRコードを出力します。
以下のようなタグによる利用を考えます。

3. imartタグを作成します。
%IMART%/pages/src配下にqrcode/tag.jsファイルを作成します。

4. %IMART%/conf/system-install-qrcode.xmlファイルを作成し、3で生成したタグを登録します。

5. 実際に動かしてみます。

qrcode.png

携帯で読み取りもできました!!

上記の例では、QRコードを毎回生成しています。
同じ値のQRコードであればQRコードの生成をせず、再利用する等の工夫を行うとよりパフォーマンスが良くなるはずです。

今回作成したコードを手直ししたもの一式が下記リンクより入手可能です。
スクリプト開発モデルだけでなく、JavaEE開発モデルでも利用出来るようになっています。

im_qrcode_tags.zip

intra-martでは、このような形で簡単にタグの拡張を行うことが可能です、ぜひご活用ください!

-開発Blog
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

intra-mart WebPlatform/AppFramework Ver7.2について その1

こんにちは、開発本部の大西です。 ご存知の方が多いかと思いますが、現在、intra-mart WebPlatform/AppFramework の最新リビジョンである、Ver7.2のリリースを3月31 …

no image

e Builder Ver.7.2 パッチ1で機能強化します!

開発本部の江本です。 ※またまた e Builder で申し訳ないです。。 6/30に e Builder Ver.7.2 をリリースして早くも3ヶ月が過ぎました。 今日で2010年度半期も終了! も …

no image

「印影機能」をさくっと試してみる

今日は IM-Workflow Ver.7.2 のパッチ6で追加された「印影機能」を動かしてみます。 「印影機能」は、以下の準備が必要です。 ワークフローパラメータで「印影の使用可否」を「使用する」に …

no image

データベースの登録、更新、削除メソッドをカスタマイズする

※下記内容は、過去のintra-mart(Ver4.3以前)に関する内容です。 最新のintra-martでは、異なる情報であることがありますので、ご注意ください。 データベースを操作するプログラムを …

no image

セッション管理モジュールのご紹介

この記事では、2017 Springでリリースされたセッション管理モジュールをご紹介させていただきます。 また、2014 Spring から 2016 Winterまでのバージョンでセッション管理モジ …