開発Blog

IM-Workflow パラメータチューニング

投稿日:

IM-Workflowは、パッチにより様々なパラメータが追加されています。
特にパッチ4と先日リリースしたパッチ5での効果が大きいので、以下にご紹介致します。

XMLキャッシュ

パッチ4からの機能です。
一部のXMLファイルをAPサーバでキャッシュすることで、Storage Serviceへのアクセスを減らします。

  • 設定箇所
    • not-use-xml-file-cache を false に設定 ※デフォルト:false
    • xml-file-cache-store-second にキャッシュ時間を設定 ※デフォルト:15秒

ファイルトランザクションレベル

リリース当初からある設定ですが、パッチ5からは、クエリ発行回数が変化します。
必須ファイルのみ生成することで、クエリの発行回数と、Storage Serviceへのアクセスを減らします。

  • 設定箇所
    • transaction-file-level を 1 に設定 ※デフォルト:2

※備考:パッチ4までは、1に設定しても、クエリ発行回数は変わりません

処理対象者プラグインキャッシュ

パッチ5の機能で、処理対象者プラグインの検索結果をキャッシュします。
同一ユーザ/同一フロー/同一処理対象者などの場合に、2回目以降のクエリ発行が無くなります。

  • 設定箇所
    • not-use-plugin-result-cache を false に設定 ※デフォルト:false
    • plugin-result-cache-store-minute にキャッシュ時間を設定 ※デフォルト:60分

各パラメータの効果は、環境やフローや各タスクでの設定状態により大きくことなりますので、この場で、数字的なものは提示できませんが、すべて、効果が見込める設定ですので、IM-Workflowを利用して頂く場合、試していただくことを強くおすすめ致します。

-開発Blog
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

intra-martのLDAP接続機能について

※下記内容は、過去のintra-mart(Ver4.3以前)に関する内容です。最新のintra-martでは、異なる情報であることがありますので、ご注意ください。 intra-martはver2.1よ …

no image

ロードバランス環境の構築方法

Webサーバと intra-mart Accel Platform 間でロードバランスを行いながら連携を行う設定例を紹介します。 以下の手順を参考として、各種要件・ご利用の環境に合わせて環境構築を行っ …

no image

1pxへのこだわり♪

IM-FormaDesignerでは、Webブラウザ上でアプリを作ることができます。 まもなくリリース予定のパッチ2では、フォーム・デザイナに関して以下の3つの改善と修正を行います。 要件 [1679 …

no image

ワークフロー案件退避ツール

こんにちは、開発本部の大西です。 最近、ワークフローモジュールを利用しているユーザ様で、ワークフローの未処理案件一覧や起票済案件一覧の表示が遅くなったというご意見を多数を伺っております。 現行のワーク …

no image

intra-martの提供するセッション管理機能と他のアプリケーションサーバのセッション管理機能との違い

※下記内容は、過去のintra-mart(Ver4.3以前)に関する内容です。最新のintra-martでは、異なる情報であることがありますので、ご注意ください。 intra-martの提供するセッシ …

まだデータがありません。

RSSRSSRSSRSS