開発Blog

IM-Workflow パラメータチューニング

投稿日:

IM-Workflowは、パッチにより様々なパラメータが追加されています。
特にパッチ4と先日リリースしたパッチ5での効果が大きいので、以下にご紹介致します。

XMLキャッシュ

パッチ4からの機能です。
一部のXMLファイルをAPサーバでキャッシュすることで、Storage Serviceへのアクセスを減らします。

  • 設定箇所
    • not-use-xml-file-cache を false に設定 ※デフォルト:false
    • xml-file-cache-store-second にキャッシュ時間を設定 ※デフォルト:15秒

ファイルトランザクションレベル

リリース当初からある設定ですが、パッチ5からは、クエリ発行回数が変化します。
必須ファイルのみ生成することで、クエリの発行回数と、Storage Serviceへのアクセスを減らします。

  • 設定箇所
    • transaction-file-level を 1 に設定 ※デフォルト:2

※備考:パッチ4までは、1に設定しても、クエリ発行回数は変わりません

処理対象者プラグインキャッシュ

パッチ5の機能で、処理対象者プラグインの検索結果をキャッシュします。
同一ユーザ/同一フロー/同一処理対象者などの場合に、2回目以降のクエリ発行が無くなります。

  • 設定箇所
    • not-use-plugin-result-cache を false に設定 ※デフォルト:false
    • plugin-result-cache-store-minute にキャッシュ時間を設定 ※デフォルト:60分

各パラメータの効果は、環境やフローや各タスクでの設定状態により大きくことなりますので、この場で、数字的なものは提示できませんが、すべて、効果が見込める設定ですので、IM-Workflowを利用して頂く場合、試していただくことを強くおすすめ致します。

-開発Blog
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

「印影機能」をさくっと試してみる

今日は IM-Workflow Ver.7.2 のパッチ6で追加された「印影機能」を動かしてみます。 「印影機能」は、以下の準備が必要です。 ワークフローパラメータで「印影の使用可否」を「使用する」に …

no image

Accel Platformのつくりかた。

先日開催させていただきました弊社イベントEnterprise Web Solution 2013のテクニカルセッションにおいて、「Accel Platformのつくりかた。」という題名で、i …

no image

社員が運営するコーヒーサービス

こんにちは、開発本部の久我と申します。 高松さんからのパスを受けて、今回は私が普段会社でやっている(というより、やらせていただいている)ことを少しだけご紹介してみたいと思います。 とは言っても、何か特 …

no image

intra-mart Advent Calendar 2013 第14日:IMBoxを抜いてAccel Platformをインストールする方法

この記事は、intra-mart Advent Calendar 2013 第14日の記事です。 別の記事を考えていたのですが、昨日だけで、この内容を3回も聞かれたので、意外と皆さんお困りだと思います …

no image

Resin利用時の安定運用について

intra-mart Accel Platformにて、Resin4.0を利用されている場合は、以下のスライドを参考に、弊社推奨の対応の実施をお願いします。 実施してない場合 システムの予期せぬ運用停 …

RSSRSSRSSRSS